2013-11-18 15:55 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


何日か前に、仕事で、新潟にいて、くわちゃんも一緒で、仕事が終わって、ヨコちょも一緒で、ヨコちょとくわちゃんと3人で、軽くご飯に行ってから、お風呂屋さんに行ったという話を始めるすばるくん。

すばるくんとヨコちょは、サウナが好きなので、サウナと水風呂に交互に入ったりしてて、くわちゃんは、何故か、サウナには一切入らずに、露天風呂みたいな所で、外から、すばるくんに手を振ったりしていて、すばるくんも、軽く会釈したりしていたんだそうで、ひとしきり、サウナと水風呂が終わった後、すばるくんとヨコちょは、くわちゃんのいる露天風呂に行って、小さめの露天風呂が何個かあって、くわちゃんが1人でいたので、3人入るといっぱいになるくらいの所で、そこに、3人で入って、気持ちええなあとかしゃべっていたら、1人入ってきて、もしすばるくんだったら、そこには入らないような隙間の所に入ってきて、ヨコちょの斜め後ろから、ずっとヨコちょを見ていたんだとか。

で、ヨコちょからは、死角に入っているので、その男の人は見えていないんだけど、すばるくんからは見えてて、ヨコちょも、後ろに気配は感じていて、気付いてるようで、ちょっと気持ち悪いなあと思ってたら、1分も浸かることなく、ジロジロと見たら、そのまま去ればいいのに、今度はすばるくんの方に寄ってきて、出て行ったんだそうで、「なんや、あいつは。」ってなったんだけど、気付いてた感じやから、見に来たんちゃうってことになったんだそうですけど、「あれは、なんなんやろ。」って思ったというすばるくん。

結構、お風呂屋さんに行くので、ちっちゃいお子さんを連れているお父さんなんかは気付いてくれて、「頑張ってくださいね。」とかって言ってくれるので、子供と接したりもするらしいんだけど、そういう感じで来られたのは初めてで、何って言うのでもなく、何か言ってくれれば、「あ、どうも。」ってできるんだけど、じーっと見られて、ちょっと怖いなと思ったというすばるくん。

で、お風呂から上がって、食事をする場所でビールを飲みながら、楽天と巨人の試合を見ていたら、さっきの男の人が、またすばるくんの後ろにいて、みんなは野球を見てるのに、その人は、ずっとすばるくんのことを見ていたんだそうで、「一人ですよ、男の。男性で、なんか、変わった人やなあと思って、ああいうのは。あれは、なんですかね。」って言うすばるくん。

もし、そっち系の人だったら、「僕、そっちです。」って言ってくれたら、「あ、そうなんや。」って言って、全然、受け入れるし、嫌じゃないけど、黙って、こそこそされると、やっぱり、ちょっと変な人だなあって思うというすばるくん。

1曲目は、ザ・ハイロウズ「コスモス」

「場末のラウンジでホステスをしています」というおたよりの文章に、めっちゃハマるすばるくん。

2曲目は、ザ・ビートルズ「オクトパスガーデン」

ザッツ・下ネタのコーナー

飛行機の説明をするナレーターの女性が「舐め回すような撮影が可能です。」と発言したのが、下ネタではないでしょうか。
「ああ、これは、ちょっと、まあ、難しい所やな。この、一つ、ポイントは、国営放送というところが、これがなかなかね、良い所、突いてますよ。これは、たぶん、業界の方じゃなかったら、下ネタとしてるかもしれない。結局、撮り方として、舐めるとかっていうのを、普通に、よく聞く言葉だったりするので、僕なんかは。僕の感じで言うと、まあまあ、ええんちゃうかと思ってしまうんですけどね。確かに、分からんでもないですよ。まあ、でも、ちょっと、まあ、下ネタではないんじゃないかな、まだ。」

問題集に「Please let me in」と書いてあって、正解は「中に入れてください」なのに、「私の中に入れてください」と訳してしまった。
「meがあるからね、そう思いますよね。僕も、パッと見、そう。中に入れてくださいになるんですか、これは…これ、だから、どう捉えていいのか。僕は、このメールだけを読んで、このメールだけで言ったら、こんなエロい事はないですよ…これ、下ネタですからね。でも、この問題集は、これが下ネタですかということだとしたら、これ、違いますよね。」

お店で顔をコロコロする美顔器を取り扱っていて、マダム的なお客さんに、どの種類の物ですかと聞くと、丸い球が二つ付いているやつですと言われた。
「分かる、確かにありますよ、あの、丸い球付いたやつね。球の所でコロコロするってやつですよね。でも、それの説明したら、そうなりますよね。丸い球が2個付いててって、普通に言いますよね。いや、でも、これ、どうなんやろ。これだけ見るとちょっとなあって思うけど、その状況を思い浮かべると、普通のことやろと思ってしまいますよね。普通に、たぶん、そういう説明になるやろなって、思うんで、この状況は、たぶん下ネタではないけど、これが下ネタなですかねって考えてる頭の中が、一番いやらしいです(笑)。」

3曲目は、バンク・ジョンソン「ウェン・ザ・セインツ」

重大発表「12月の、8日の、日曜日なんですが、公録が決まりました。ありがとうございます。あー、びっくりした、あー、びっくりしたなあ。まさかの、何を言い出すか、こいつは、今週、と思った方、いらっしゃるかもしれないですけど、公録が決まりましたです、今年も。嬉しい、これ。3回目ですよ。12月8日の日曜日、やりますよ、公開録音、今年も。それ以外の内容は、もう、毎年そうですが、何も決まっておりません。スケジュールだけ、一応、もう押さえました…こっから、色々ね、細かいこと、決まったことがあれば、決まり次第、番組のホームページなり、オンエアなどで、決まったことは発表していきますが、とにかく、12月8日、日曜日です。場所も時間も何も決まっておりませんが、やるよということだけ、やっとお伝え出来たということなんで、是非是非、そちらも、楽しみにしていただきたいと思います。」

ラストの言葉は、「頑張れ、ザックJAPAN」
(友達の変顔を「ザッケローニ監督」と言ったら、友達が怒って、口を聞いてくれないというふつおたより)


【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する