2013-10-01 12:29 | カテゴリ:日曜日すっきやねん
「日曜日すっきやねん」のまとめ書きは続きから。


問題「フランダースの犬の原作本が初めて日本語訳された時の名前は、それぞれ、なんでしょう?」

「はい。これは、やっぱり、日本ぽくしたってことですよね、きっとね。これ、フランダースの犬、俺、観たことないような気がする。なんか、感動系でしたっけ。ねえ。なんやろ。太郎とシロとか。なんか、日本人にフッと入ってくる名前なんじゃないですかね(笑)。ハチっちゅうのはないですもんね。ハチ公の物語がありますもんね。ハチ、ですよね。そうか、そんな感じじゃないですかね。」

「さあ、もう、涼しくなってきましてですね、、秋ですね、もう、すっかり。秋といえば、食欲の秋ですよ。来ましたよ、僕の季節。なんかね、紅葉もきれいですし、まあ、ちょっと、緑がなくなっていて、寂しいような気持ちにもなりますけれど、楽しみもいっぱいありますよ。僕が、好きな、秋の食べ物ね。秋の物、まあ、サンマ、大好きですね。サンマ、ばっかり食べてるもん、秋になったら、塩焼きにして。でもね、うちの、今、住んでるとこが、魚焼き器がないんですよ。だから、塩焼きっていってもね、食べられないんですね。なんか、七輪とか買わなアカンのかなと思いながら。なんか良い方法ないんかなと思ってるんですけれども。ないと、やっぱりね、魚って、自分の中で大きい存在なんやなと思いますねえ。僕、お寿司も大好きなんで、なんかあったら、ご褒美っていったら、カレーとかね、あの、家庭の物で言ったらそうですけど、ちょっと食べに行きたいなっていう時は、お寿司行ったりするんですけれどもね。そう、だからね、サンマをどうしようかな、今年、と思っとるわけですよ。もうね、新物っていうんですか、夏の終わりくらいから、サンマは出てましたけどね。その頃のが、脂のって、美味いんですよね。で、今、ダイエットを、ちょっとやめてるんですよ。今、そんなに、太らないように、運動しながら、炭水化物とかも食べてるんですけど、ご飯をね、コメを探してるんですよね。良い米がないかなっていうので。で、色々取り寄せたりしてるんですよ、なんか、1位になった熊本の方のお米とか。なんか、番組で紹介されたお米があるって、村上くんに紹介してもらって、それ食べたりとか。もうね、全部、美味しいんですけれども、なんか、その、たぶん、美味しいお米ばっかり食べてるから、基準が分からないんですよね。全部、美味しいし、甘いし。だから、なんか、ちょっと、古くなったお米とかを食べたら、食べ比べしたら、うわ、全然、違うわってなるんでしょうけど、これ、もう、贅沢な悩みなんですけどね。なんか、お薦めのお米とかないんかなと思って。後、漬物。もう、ご飯、漬物、お味噌汁って、あったら、納豆もあったら嬉しいな、それがあったら、僕は、もう、大満足なんですよ。だから、お漬物も探してるんです、なんか良いものないかなって。僕は、ぬか漬けが好きなんですけど。京都に行ったりすると、駅で漬物が売ってたりするんで、買ったりするんですけど、この間、カボチャの漬物買ったら、美味しかったですね。やっぱり、日本人は、米と漬物やなと思って。これだけは、もう、変わらないですね、たぶんね、未来永劫、うん。だから、お薦めの漬物も教えてほしいねんなあ、ご飯、これやったら、いくらでも食べられるっていうような。僕は、スーパーに、売ってる、その、ぬか漬けセットみたいなのが、今、一番好きなんですよ。それを、いっつも、ジップロックの中に入れてね、楽しみにね、少しずつ食べてるんですよ。一回、ぬか漬けとかも挑戦してみたりしたんですけどね、あのね、ぬか床を、こう、ずっとキープするって、あれ、むっちゃ難しいんですよ。ちょっと、なんか、水が多いと、くさい匂いになったりするし。ね、ぬかが多すぎると、っていう、なんかそのバランスが、すっごく難しくて、毎日やらなアカンし。育てなアカンしね。だから、自分で漬けることは、難しいなって。浅漬けとかやったら、よくするんですけれどもね。なんかないですかね。これ、教えてほしいなって思うので。これっていうのがある方、ホンマに教えていただきたいなと、思います。」

「…ちょっと(ドラムを)休んでると、下手になってるんですよね。でも、僕は、ミュージシャンじゃないので、違う仕事とかも、やっぱり、並行して、やらなきゃいけないので、やっぱり、毎日、ドラムと向き合うってことがなかなか出来ないから…僕はね、その過程も楽しいんですよ、前回の感覚ね、取り戻すためのっていうのも、練習のうちの醍醐味の一つなのかなっていう、あの、うわ、下手くそになってるっていうのを重ねながら、まあ、みんなで、バンドで、いっせえので合わせながら、うわ、みんなに申し訳ないなと、リズム取りにくいやろなと思いながら、叩いてるんですけど、これが、だんだん戻ってきたなって、練習しながら、感覚が戻ってきてるのを感じながらやってるのも楽しいんですよね。だから、そんなにね、上手くならないのかなと思うんですが…やっぱ、ドラムをね、練習するって、場所がないんですよね。あの、ドラムセットをうちに置くわけにいかんし、すごい爆音ですからねえ。だから、今は、電子ドラムでね、ヘッドホン付けながらってできたりするんですけど、マンションで、前住んでたところでね、電子ドラムでガンガンガンガンやってたらね、横の人に、思いっきり、壁殴られてね、そっから、怖くて、やってないんですよ。ハハハ(笑)。まあ、怖いというか、そら、うるさいやろなと思いながら。自分もヘッドホンしてるからね、分からないんですよね、自分の、ペダルっていうんですけど…あれをね、踏んでるのが、たぶん、すごいうるさいんですよね。足音でも、響いたりするじゃないですか。スタジオを持ってる方はいいですけれどもね、なかなか、バンド練習とかっていう時じゃないと、出来なかったりするんで、下手くそになったりしてる分、結構、居残り練習したりしなきゃいけなくなるんですけど、久しぶりに、思いっきり叩くと気持ちいいですし…」

「俺、17歳って何してたかな。17歳っていったら、高2か。ちょうど、関ジャニ∞に入った時くらいかな。でも、俺、花のセブンティーンなんか、聞いたことないですけど。これ、言うもんなんですか。そっか、そっか、だって、セブンティーンっていう雑誌あるくらいですもんね。良い時期なんや。でも、まあ、確かに、良い時期なのかもしれないですけれども、なんか、もうすぐ大人になる一歩手前で、物事もちょっと分かってきて、なんか、人間関係とかも、複雑になってきてみたいな時だから。なんか、自分が変わるような時で、良いのかもしれないけれども、うーん、僕は、17歳って、なーんも思わんかったね。僕、15歳とかの方が、思ったかな。尾崎豊さんで15の夜っていう曲があるから。まあ、でも、セブンティーンズマップっていう曲もあるんですけど、ハハハ(笑)、どっちもあるんやけど、なんか、15の夜を15歳の時に、今となっては、恥ずかしいですけど、ちょうど、俺らの年やなって言うて、友達と聴いてたのを覚えてますけどね。でも、17歳、俺は、人生の中で、おっきい年だったんだって思いますよ、関ジャニ∞に入ってっていう時ですから。すごく、人生が大きく動いた年だったから、うん、それが、一番思い出に残ってますかね。でも、がむしゃらやったからなあ。なんか、青春といえば青春ですよね、ホントに。仲間と一緒に、夢見て、頑張ってる時ですから。だから、僕は、部活とかしてなかった分、そういう、今の仲間と走り続けてた時っていうのが、自分の青春になってるから。だから、17歳っていったら、そういうことになるのかな。今でも、まあ、続いてるのは続いてますけどね。だから、もう、ずっとね、17歳とかからね、もう、気分的には変わってないんですよ、僕、28歳ですけど。17歳のままなんですよ。14歳のままなんです、もう。だから、戸惑いますよね、その、誕生日が来て、数字だけ増えていってっていうのがね。まあ、そりゃあ、なんか、色々ね、仕事も覚えたりとか、14歳の時とは、違うのは違いますけど、気持ち的にはね。だからね…普通、何事もなく終わるもんですよ。楽しくなるっていったら、俺、社会人になって、くらいが、すごい楽しいんじゃないのかな。新しい環境に入って、で、職場にかっこ良い人がいる、キャッキャッキャッ、言うて。OLトークして、みたいな。それは、捉え方次第と思うんですけどね。だから、何事もなくて良いと思いますよ。何かする必要もないと思うし…何もなく終わるっていうのも、思い出じゃないですか。」

ここで1曲
先ほど話に出て聴きたくなったので…「15の夜」

秋の改編直前抜き打ちテスト
「ラジオテレビの世界では、10月から秋の改編期ということで、半年の成果をここでぶちまけたいと思います。大事なんですね、じゃあ、ここで、結果を出すことが。なるほど。もう、アホみたいなことばっかりしゃべってきたから、意外とできるねやっていうね、こういうの、大事。はい。頑張りたいと思います。」

問題「ある1人の男の人が山に行きました。その山には、小さい小屋以外は何もありません。人もいないし、風もありません。それなのに、小屋の扉が閉じたりしまったりしています。何故でしょう?」
「え?ええー…OK分かりました。閉じたりしまってたりしてるってことは、ずっと、閉じとるがな。」
正解
「なんか、俺、馬鹿にされてるような気がするなあ。なぞなぞね。フフフ(笑)。クソう、今、危なかったな、マジで。」

問題「カツオ、ワカメ、タラちゃんと買い物に行くと、店員さんは、ワカメにだけ、商品を勧めてきます。なんで、ワカメにだけ、勧めるでしょうか。」
「はああ、分かりました。年がわかめだから。」
不正解
「最悪や。なんですか、答え。答えは、かいそうだから。買いそうな人だから。そんなん、店員次第ですよ、そんなもの。買わせるのなんて。買いそう、みんな、買いそうやから、買い物に来てるんや。」

問題「A子さんは200円持っていました。そこで、80円のノートを買いました。お釣りはいくらでしょう。」
「ええっ、これ、ひっかけなの? 80円のノートを買いました。ええーっ、これ、何? 消費税の問題? そういうことじゃない? ええっ?…これ、ストレートに答えていいんかな…120円。」
不正解
「腹立つわ。なんですか。20円。80円の買い物に、200円を出す人はいません。ハハハハハ(笑)。そっか、お釣りか、なんやねん、出す人おるかも知らんぞ。そんなん、おさいふ携帯で買ったら、お釣りなしじゃ。はああ、みじめや。」

問題「人間の身体で丸くなったり三角になったりするのは目。では、三角なのに四角なものはなんだ?」
「何、これ。むっちゃ難しい。目って、三角になるっていうんですか? 笑ったら、三角なの? 三角って、三日月やと思うけどね、俺。角はないと思うけど。頭固いな、俺。ええーっ、三角なのに、四角。四角、資格、小学生、資格とかって言葉知ってるかな。うーん、三を書くのに、四を書く人、うーん、見栄っ張り。」
不正解
「なんだ、これ。フフフ(笑)。えー、口。画数は3画だけど、四角い形をしているから。むっちゃ難しいやん。めっちゃ難しい問題やん。」

「…嘘やろ、頭固いなあ。でも、こういうの分かる人って、IQ高いってことになるんですか? 頭柔らかい人? そうなのか。頭は柔らかいけど、これが、実生活で役立つのか。」

オープニングクイズの答え
「男の子のネロは、きよし。犬のパトラッシュは、ブチ。その当時の日本人に馴染みのある人名と犬の名前に変えられたからだそうです。」

「俺、じゃあ、合ってたんですね、考え方的にはね…山下清みたいなことですか、その頃、流行ってた。裸の大将? そうなんや。ふーん。」

「ジュークボックス、10月16日にリリースいたします。基本的には、僕達は歌が歌える人たちばっかりなので、結構、聴き応えのあるアルバムになっていると、思います。歌が歌える人たちというか、僕は、メンバーの歌声が大好きなので、ホンマ、上手いなあと思って聴いてるんですけど。そういうですね、バラエティに富んだ歌声の人達が、すごくいるので、どんなジャンルでも、イケるなっていうのを、今回、また、再確認しましたね…」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する