2013-09-22 17:19 | カテゴリ:日曜日すっきやねん
「日曜日すっきやねん」のまとめ書きは続きから。


問題「折れ刃タイプのカッターナイフ、ある食べ物をヒントに考えられました。ズバリ、その食べ物とは?」

「なんやろ? こんなポキポキ折れる食べ物ありましたっけ? あの、顔が繋がってるやつの飴って、なんでしたっけ。あ、金太郎飴? 金太郎飴ちゃうか。そうか、あれ、切れないもんね。切れるもの、ポキポキ、ポキポキポキ。なんやろ(笑)。そんなんある? えーっ、家にないなあ、俺、カッターナイフ。でも、これ、アイデア商品なんや。食べ物。これ、分からんっていうのも、いいですか。難しすぎて、分かりません。はい。」

「明日は秋分の日、3連休ということで、秋のお彼岸ということで…なんか、でも、多くないですか。夏は、お盆の時もそうですよね。亡くなった方を忘れないように、ちょこちょこと思いだしてあげろと。僕、大倉家のお墓参りね、僕、毎年行ってますよ。ちょうど、お盆に行けるということは、なかなかないんですけれども。間が空いたら、よく行ってるんですけれどもね。お墓参り行ったらね、スッキリするんで、いいんですよ。」

ニューアルバムの告知があって、「なんか、幅広い、僕らにしかできないというか、まあ、あの、バンドもやってますし。まだ、やっぱり、知らないって方もいらっしゃるんですよね。僕ら、バンドやってるんです。僕、ちなみに、ドラムなんですけれども。バンドの曲もありますし、大人っぽいような曲もあったり、あと、ヒャダインさんが曲作ってくれたりとかですね、それは、まあ、なんか、コメディソングみたいになってるんですけれども、盛り上がる曲もいっぱいありますんで…ライブもですね、11月からですか、ツアーが始まるので、そちらも、このアルバムを引っさげて、したいと思っておりますのでですね。どんな内容になるんですかね。でも、やっぱり、聞いてらっしゃる方は、ほとんどが、僕らのライブを見たことがない方だと思うんですけれども、自分で言うのもなんですけれども、結構、楽しいです、僕らのライブ。なので、色んな方に、観ていただきたいなと思いますね。なんか、音楽性が強い部分があったりもしますし、基本的には、やっぱり、楽しく、帰っていただけるのじゃないのかなっていうようなライブになっておるのでですね、機会があったら、是非、申し込んでみてほしいなと思います。」

よく寝るので24歳になっても背が伸び続けているというリスナーから背が伸びていますか?というおたより
「へええ、伸びてないねえ、さすがに。寝てたのもね、最近も、寝るのが好きなんですけれども、昔ほどは寝られなくなりましたね。昼寝は好きなんですけれどもね、夜に12時間寝るというのは、なかなか、なくなりましたね。一番、寝てたのが、中学生かな。中学生の時は、ホンマに、夜、まあ、8時間9時間とか寝て、で、こんなんアカンけど、授業中もウトウトしてしまって、寝て、ほんで、学校が終わって、ちょっと友達と遊んだら疲れてきて、お腹空いて、飯食ったら、また眠たなって寝てみたいなん、繰り返してたらね、どれくらい伸びたんかなあ、中学校、2、30センチ伸びたんですよ。でも、そっからは、止まりましたねえ。これ、ホンマなのかね、寝たら、身長が伸びるって。寝る子は育つ。まあ、でも、そうなんでしょうね。でも、寝るのはすごい良いことやと思うけど、なんか、ずっと眠そうな人って、ホンマに、アホっぽいじゃないですか。俺も、そういうイメージやと思うんですけども。なんか、ほんまに関ジャニ∞って漫画、僕らを題材にして書いてくれてるのも、僕だけね、ずっと半目なんですよね、そういうイメージあるのかなと思って。ただね、もう身長は、僕は、もう伸びてほしくないし、24歳になっても身長が伸びてるっていうの、これ、寝る意外のなんか要因があるんじゃないのかな。大丈夫かな。心配や。」

一番会いたい人は誰ですかというおたより
「会いたい人か。ジャニーズだと。でもねえ、会いたいっていうのは、どう会いたいんやろ。このラジオに来ていただきたいということなのかな。普通に会いたい。あ、来ていただきたい。ああ、恐れ多いな。なんやろ。会い、たい、人。でも、会ってるからね。ジャニーズ事務所の人達には、全員、会ってるからね。来ていただきたいって言うと、もう、何回も言ってるけども、ヘイセイジャンプ。特に? 特にねえ。やっぱり、やまだくんじゃないのかなあ。やまだくん押さえとかなきゃダメでしょう、ヘイセイジャンプ。会いたいっていうかね、なんか、裏側でしゃべるのはあるけど、こういう、放送に乗っかるところで、あの子たちはどういうことをしゃべるんやろうっていうのが、すごい気になりますよね。先輩が来たら、先輩に何をお話したらいいのか。相談に乗ってもらうとか、そういうことになるんでしょうけれども、なんか、先輩のラジオになっちゃうと思う、俺。全部、負けて。雰囲気とかすごい飲まれて(笑)。それもね、貴重な機会なんで、そういうことがあれば、来ていただきたいなと思いますけども。ジャニーズ以外だと。芸能界ねえ。でも、基本的に、僕、なんか、昔からテレビで見てる方とかは、お会いしたくないんですよ。なんか、好きな方っていうのは。やっぱり、憧れの存在で、ずっといてほしいって。そら、会ったから憧れじゃなくなるってことはないんですけれども、やっぱ、その、存在してる姿を見てしまうと、やっぱり、この憧れてた僕のヒーローは同じ人間なんだなっていうことは思いたくないんですよね。だから、やっぱり、本当に生きてるのかなって、芸能人の方って思うじゃないですか。そのイメージのまま、いてほしいので、だから、たとえば、襟足がちょっとくりんってなってるやんっていうのだけでも、ちょっと(笑)、ちょっと嫌やなとかって思ってしまいそうじゃないですか。深爪やんとか。フフフフ(笑)。そんなん思いたくないんです、僕。だからね、結構、お会いしてみたい人っていうのは、うーん、だから、一番最初に、色んな方をお呼びしたりして、自分の中で勉強になるような番組になりたいとかとか言っときながら、会いたくない、って言っちゃう(笑)。無茶苦茶ですけども。文化人とか、なんか、100回泣くことをやらさせていただいた時に、原作者の中村さんにお会いした時に、ちょっと打ち上げとかでお話させてもらった時に、全く、違う職業の方じゃないですか。だから、お話してると、すごく面白かったんですよね。そんな深い話もしてないですし、中身のあるような話もしてないんですけれども、どういうときに書かれるんですかとか、どういうタイミングで生まれるんですか、苦労はされないんですかとか、なんか、そういうことを聞いてるだけで、へえっていう、その裏側を知るっていうことは楽しかったので、違った職業の方とお話するっていうのも、結構、刺激になるのかなって思ったりはしましたね。」

恋愛ってなんですか、好きってなんですかというおたより
「深いなあ、むっちゃ深いなあ、恋愛ってなんですか。これって、でも、説明できるようなことじゃないですよね。自然に、こう、今まで、なかったのかな、学生の時に、気になる男の子。だって、僕にメールを送って来てくれてるっていうことは、ファンでいてくれてるのかな、僕に、こうしてくれてるのかな。ハハハハハ(笑)。恋愛じゃないですか。だから、恋愛とはズバリ、ジャニーズです。そういうことですかね、はい(笑)。」

ここで1曲
「この曲は、なんか、韓国のグループの方達で、すごく面白い音楽を作ってる人達がいるっていうのを同じ業界の方に聞いて、ちょっと聴いてみたらっていうので、聞いてみて、すごい良いなって思った曲の中の一つです。」
BIGBANG「ハルハル 」

大倉忠義に叱られたいのコーナー
…多少のアドリブは加えますが、基本はリクエストされたセリフで、たっちょんがリスナーを叱っていくという新コーナー

「初めての企画ですねえ。これ、一つ言っときたいのが、僕が、自分発信で言ってることじゃないですからね。こう、言ってほしいっていうのを、言ってるってことだけ、分かっていただければなと、僕、そんな、きついこと、ホントに言えない、もう、穏やかな、人間なんで。」

小学生の時から付き合い始めているけど草食系だし自然消滅しそうという中1の女の子のおたより
「へええ、こんなに、もう、子供の子に、言いたないけどなあ。小学生で付き合ったんや。うーん、なるほどね、ああ、そうか、分かりました。じゃあ、行きます。」
「何してんねん、もっと興味を持てよ、このへたれ。」
「なんやろか、この気持ち。はっはっはっは(笑)。何の返りもないっていう(笑)。こんなんでいいの、俺。俺、不安になってきたわあ。バッチリですか? 俺、信じますね、ホントに。ああ、怖いわ。なあ、もう、そうか。今日、ちょっと強い酒飲んでしまいそうやわ。」

コンサートで日常を忘れてエイトに浸りたいという2児の母からのおたより
「これ、全然、叱られたい関係あらへんやん。そうなん、めっちゃ恥ずかしいわ。はい、分かりました。じゃあ、行きます。」
「子供は旦那に任せて、俺だけに会いに来い。」
「俺、もう、2枚目にして、もう、嫌になってきた、俺。フフフ(笑)。何、これ、恥ずかしいわ。こっから聞かれた人、恥ずかしいなあ。そのうち慣れる? それ、良い慣れなのかな。フフフ(笑)。」

寝るのが遅いので肌に悪いというリスナーのおたより
「俺に美肌のこと言わせる? なるほど。行くしかないですね。はい。」
「なあ、ちゃんとはよ寝なアカンで。え? なんでって、俺、言ったやん。肌きれいな子が好きやから、お前にもそうなってほしいなと思って。」
「これでいいのかな。ちゃんと響いてるのかな、ああ、恥ずかしい。そうね、この方の為にやってると思えばいいのね。なんで、俺、こんないっぱい、飲みこまなアカンねやろ。」

素直になれないという主婦からのおたより
「もっと素直になったらええんとちゃいます。僕はね、素直な○○さんも可愛いと思いますよ。」

「終わりましたけども。バッチリですか。ホントですか。何とも言えない気持ちになってる。ちょっと待って、俺、これ、毎週、続けるの(笑)。毎週やもんね。まあ、これは、だって、聞かないと分かんないですもんね、反響というかね、どうだったかっていうのをね、そうですよね。それで、もう、ホントに、もう、ドサドサ、こういうおたよりが来るのならば、僕は、それに使命感を覚えて、やっていかなアカンなと思うけれども。そうね。なんか、俺が叱られたいな、調子乗んなよ、いうて。」

関ジャニ∞「Takoyaki in my heart」

オープニングクイズの答え
「板チョコ」

「これはもう、すごいですね、この発想が。ぼろ儲けじゃないですか。ええ。」
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する