FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.07.16 (Tue)

スバラジ 7・13

「ジャニーズフィルムフェスタ」、なんとかチケットが取れたので、観に行くことができそうです(^^)。
ネットも電話も全然繋がらなくて、結局、家デンで繋がるまでに2時間近くかかりましたけど…。
その割に、希望の日時がすんなり取れたので、回線に問題があったんじゃないかなあって気もしますし。
ローチケ発売とかになった時に、毎回、思うことだけれど、もう少し何とかしてほしいですね…まあ、今回は、FCで取り扱うには、範囲が広すぎて、色々問題もあるのかもしれないけれど…正直、チケット取りだけで、かなり疲弊してしまいます。
だからといって、抽選で外れても、それはそれでショックなんですけどね…。

スバラジ」のまとめ書きは続きから。

拍手&拍手コメントありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

「仕分け∞」は、やっぱり、メンバーが参加すると楽しくなりますね(^^)。
丸ちゃんは、立ち居振る舞いも、とても素敵でした(*^^*)。

苦手なドラマは、キャストがどれだけ魅力的でも、やっぱり辛いものがありますね…。


【More・・・】

ちょっと前に、2泊3日で海外ロケに行ったというすばるくん。
すばるくんは、どこに行くのもそうなんだけど、本当に荷物が少なくて、1週間以上とかにならない以上は、機内に預ける荷物ってほとんどなくて、鞄一つで、それこそ、下着とTシャツだけでいいので、特に、現場に行くと衣装に着替えるので、荷物が少なくて済むんだそうです。
で、マネージャーとヘアメイクさんと、あとスタッフさんとで、ロケに行ったそうで、すばるくんはかばん一つで、ヘアメイクさんは色々荷物があって、マネージャーさんもキャリーバックを持っていたので、何をそんな持ってくる物があるのかとすばるくんは思ったんだそうなんですけど、現地に着いて、ロケをして、日本に帰ってきたんだそうです。
で、スタッフさんは機材が出てくるのが遅くなるので、みなさんは荷物が来たら解散でいいんでと言われたそうで、すばるくんはかばん一つだし、ヘアメイクさんは壊れ物とかがあるので、そういうシールを貼っていたせいか、結構早めに出て来たんだけど、マネージャーのキャリーバッグが待てど暮らせど出てこなくて、すばるくんはだんだんイライラしてきたんだそうで、成田空港で、マネージャーさんの荷物待ちで、スタッフの機材の方が早く来たくらいで、同時くらいになったらしく、「もう、なんで、それ、俺、待たなアカンねやろって、ずっと。なんですかね、ああいうの。そういう時に限って、全然出てこないんですよ。」と愚痴るすばるくん。
「嫌なんですよ。なんか、それが。別にね、その場で、お前、コラとか、そんなこと、僕、言わないですよ、絶対。仕方のないことですし、言わないですよ、僕は、絶対。ただ、思うことはあるわけで。その時、口には出さないですよ。ただ、思うだけでね。それをここで、結構、ここで言ってるっていうだけなんですけど。アハハ(笑)。絶対、言わないですよ。へらへら笑いながらしてますけど。」って言うすばるくん。
で、そういうタイミングの悪い人とか、逆に運のいい人とかがいるという話になり、「僕とかって、そういうとこがありますもん、やっぱり。ギリギリやもんな、俺、やっぱ。アハハ(笑)。ようやってこれてるなあって思うもん、自分で、ホンマに。良かったあ。(笑)良かったあっておかしいけど…いやあ、でも、面白い、色んな人、いますわね。」って言うすばるくん。

1曲目は、ザ・ハイロウズ「アウトドア派」

「お母さんが、毎回「大倉くん、渋谷すばるくん、村上くん、横山くん、錦戸くん、で、あのちっちゃい、安田くん、ほんで、もう一人は、お母さん、知らん子や、これで7人、と満足げに言います…」というおたよりに、「ちょっとオカン、覚えてへんがな。知らん子っていうことでオッケーなんや。マルでしょ。ねえ。ちょっと、覚えてあげてください。丸山隆平っていいます。(笑)で、なんか知らんけど、俺だけフルネームなんや、この言い方でいうと。なるほどなあ。いや、マル、マルですから、覚えたってください、これね。」

中学3年生の男の子から好きな人がいるんだけどどのように告白したらいいのかというおたよりに、「なんて、真っ直ぐな。なんすか、急に、これ。中3男子にしても、これ、なかなかな、ピュアボーイですよ、これは…はあ、いいですね、そうか、恋してますね。」って言うすばるくん。

2曲目は、ザ・クラッシュ「ホワイトマン・イン・ハマースミスパレス」

「あるある」のコーナー

げっぷあるある「一歩間違えるとゲロ吐く」
「あるあるでも何でもないやないか、こんなもん。誰でもそうやわ。戻って来とるねんから。分かるよ、でも。でも、あるあるとして。」

老人と犬あるある「飼い主の歩くスピードが遅すぎて、どっちの散歩か分からない。」
「あ、これは、ちょっと分かるかなあ、分かるなあ。どっちも散歩なんですよ、結局、これは。だからね、それは犬だけのものじゃないですよね。犬連れて歩いてる人も散歩ですからね。いや、分かるな、でも、ゆっくりしてはるもんな。」

現実にないことあるある「食パン加えて急いで登校」
「これは分かるなあ。ああ、こういうのは良いですね、あれは、誰が言い出したんですかね。漫画の世界ですもんね。急いで食卓のパン食うて行ってきますみたいなことは。あり得ないですもんね、そんなことは、これは分かるな…これはちょっと新しいな。これは、ちょっとすごいですね。」

アラサーあるある「和菓子が美味しくなってきた」
「偏り過ぎてるって。人によるわ、そんなもん。僕、だって、昔から、和菓子好きですもん。生クリーム食べれないですからね、僕、いまだに。これ、アラサーあるあるって言われたら、俺はそう思わへんもんなあ。」

三十路女あるある「ある男の人タイプだなと思ったら、まず左薬指を確認する」
「うわ、せっぱつまってるなあ。なるほどなあ。結婚してるかどうかっていうのを確認するという、これは、でも、男でもあることじゃないですか。ああ、そうですね、ああ、そうかもしれん。女に限らず、これはあることかもしれへんな。」

おばあちゃんあるある「どのおばあちゃんも、同じような匂いがする」
「ああ、ちょっと分からんでもないかなあ。そうやな、でも、これ、そうやな。おばあちゃんちの匂いするって、ありますもんね。なんか、その、ざっくりとした、おばあちゃんちの匂いっていうのもありますもんね、なんか。あれ、なんなんでしょうね…で、たまに、おばあちゃんみたいな匂いするなっていう若い奴いますよね。アッハッハッハ(笑)。それもそれであると思うねん、俺は。でも、おばあちゃんの匂いって、なんか、いいなあ。いい匂いですけどね。」

おばあちゃんあるある「自転車に乗ってる時、腕にボクシングのグローブみたいなのやってる」
「あれか、あの、何、カバーみたいな。あれ、何? 日差し? あれ、なんなんですかね、ありますよね。最近、見いひんけど。実家で、大阪の時、よう見たな、近所のおばはん、あれやってるの…大阪、特に多いイメージが。あれ、なんなんやろ。寒い除けなんや、あれは。おばはんの、なんか代名詞みたいなとこありますもんね。あれと、サンバイザーと、あと、傘を立てるやつね、自転車のとこに傘、がしゃってやるようなやつと。あれもおばはんですよね。自分が結婚する人にだけは、ああいうの、やってほしくないですよね…ああいう感じはやってほしくないなと思う。」

おばあちゃんあるある「ノーブラ」
「フフフ(笑)。人によるって。してはる人もおるって、絶対、それは。どれくらいのおばあちゃんのこというてるんやろ。ノーブラくらいのおばあちゃんになると、そこそこおばあちゃんですよ。もう、だから、おばあちゃんなのか、おじいちゃんなのか、分からんくらいの、ところまでの方は、ありますよね、ノーブラ感っていうのは…ちょっと、なんか、ハマってきたな、おばあちゃんあるある、ちょっと。これ、ちょっとおもろいなあ。」

3曲目は、ザ・クラッシュ「I Fought The Law」

ラストの言葉は、「スバラジは、ラジオネーム○○の恋を応援します。」

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  11:08  |  スバラジ  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |