FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.06.02 (Sun)

日曜日すっきやねん 6・2

「日曜日すっきやねん」のまとめ書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

武井さんからの問題というので、「え? 言うといてくれよ。」と驚くたっちょん。
「大倉さんに対する私の第一印象は、まず、太鼓の達人でした(笑)。テレビで、いつも太鼓を叩いているイメージが強かったので、太鼓の達人でした。では、ドラマで共演するようになってからの印象は、どんな感じでしょうか。」

「ちょいちょいちょい。ドッキリ成功、みたいな顔せんといて。ええっ、すげえ。コメントくれたんですね。全然違うじゃないですか、台本に書いてるクイズと。ドッキリじゃなくなるからって、冷静なこと言われたら、そらそうですけど(笑)。うわあ、嬉しいなあ。いつの間に。今の印象? なんなんやろな。なんか、俺、結構、マイナスになってると思うんですよね。ドラマ撮ってる最中も、結構、山の中行ったりとかしてる時も、ずっと虫とか怖がってたし。なんやろな、情けないとか、へたれ的な感じになってると思うんですよね。いや、もう、また、えみちゃんがしっかりしてるからね、19歳やのに。僕のアラばっかり目立ちますよ、一緒にいたら(笑)。どう変わったんやろ。太鼓の達人でなくなってれば、僕はもう、何でもいいですよ。これ、3ヶ月やって、やっぱり、太鼓の達人やったって言われたらもう、そんな悲しいことはないですけどね。いや、ホントに、ありがとうございます。何かな、ここに来た時に、ついでに撮ってくれたんかな。良いオープニングになりましたよ。」

今週の金曜日がドラマの最終日ということで、気になる所で終わってるけど、どうなるのか、たっちょんも、最終回の台本を貰って、こんなことになるのかと思ったそうで、みんなの思ってるようにはならないんじゃないかということでした。
1人ひとりの個性がすごく強いドラマで、晴子ちゃんの過去も描き切れずに、最終回でどうなるのかというところで、ハッピーエンドなのかどうか、たっちょんも撮影していて、すごく楽しかったので、終わるのが寂しいんだそうです。
豪太くんも好き勝手やらせてもらって、ラジオのスタッフさんにもすごく好評なドラマだったので、リスナーの間でも好評だったら、是非、またやりたいと勝手に思っていると話すたっちょん。

5月16日、誕生日だったということで、ドラマの撮影中に、現場まで、丸ちゃんがプレゼントを持ってきてくれたそうで、ちょっと遠いところだったんだけど、タクシーに乗って、わざわざ持って来てくれて、高級なアイマスクをプレゼントしてもらったんだそうです。
そういう嬉しいことがたくさんあって、現場でも、いっぱい貰ったし、ワインにハマっている時期があったので、プロデューサーさんからは、良いワインを頂いたりとか、りょうちゃんからは、手作りのTシャツを貰って、「I LOVE CHICKEN」みたいなことが書いてあって、分かる人には分かるということで、しゃれの利いたTシャツをプレゼントされたんだとか。

あと、メンバーからはそれぞれメールを貰って、優しいなあと思ったんだそうで、すばるくんからもメールが来て、いつもありがとうみたいなメールで、すごく感動したというたっちょん。
で、感動したので、こういうことがあったって忘れない為にメモってしまったんだそうです。
ヨコちょからも、たっちょんがメールを送った時に催促したので、ちゃんとくれて、シャイなヨコちょらしいメールだったんだとか。

以前ラジオで話題になったゆるキャラの「はんばーぐまのグーグー」がツイッターでたっちょんのお誕生日をお祝いしていたというおたよりに、「グーグー、ツイッターやってるの。」って言うたっちょん。
で、そのツイッターを読みあげて、「いや、嬉しいねえ。ただ、単に、スタッフさんが、ハンバーグのクイズを探してくれただけなんですけれどもね。ここまでやってくれるなんて。グーグー、ありがとう。凄いね、今は、ゆるキャラまでが、ツイッターをやる時代ということでね。いや、ホントにありがとうございました、皆さん。たくさんの方に応援していただいたので、28歳の僕も、どんどんと、元気いっぱい、頑張っていきたいと思います。」って言うたっちょん。

上手くお米が炊けずに、どうしたら上手くお米が炊けるようになるのかを聞くおたよりに、「なんでこんなことになるんやろ。ちゃんと、炊飯器で炊いてるのかな。炊飯器で炊いてるんやったら、メモリに合わせたら、まず、確実に、こんな変なことになることはないけどね。お鍋で炊いたりする時は、確かに、水の量って、難しいけれども。あのね、僕が合宿所時代に、お米の炊き方が分からず、親父に電話したところ、測る容器ですか、で、お米をその容器にすり切り一杯入れて、水も、全く同じ量を入れると、ちゃんと炊けるというのを聞いたから、お鍋で炊く時はちゃんとそれを実践したりしてましたよ…玄米の時とかは、水分量が変わってくるから、量を多めにせなアカンかったりするけれども、白米の時は、全然、そんなに難しいことなんてないですけどね。あとは、炊飯ジャーを信じることやね、信じることから始めようよ。今の高性能の時代ですからね。うん。中には、美味しく炊くコツで、蜂蜜入れたりする人もいるらしいですけどね、備長炭入れたり。僕は、そんなん、全く、あ、今、これ、音入ったかな、思いっきり、グーって鳴った。もう、帰らな、アッハハハ(笑)。そろそろ帰らなアカンわ。もう、お米の話やめよう。」って言うたっちょん。

中学生の頃はどんな感じだったか教えてほしいですというおたよりに、「どんな子やったんやろな。小学校の時は、塾行ってたから、勉強もできたし、運動神経も良い方やったし、で、結構、活発やったんかな。先生のこといじって笑い取ったりしてたから、僕は、もててたと思いますよ、正直、うん。でも、中学生になってから、僕はもう、なんもできなくなりましたね。無気力な中学生でしたよ。授業中もよう寝てたし。よう寝て、飯よう食うて、だから、なんでなんやろな、あれが、成長期やったんやろな。もう、眠くて眠くて、しょうがなかった、今も眠いけど。もう、だから、ほとんど寝てたんじゃないかな、3年間。起きてる時間の方が少なかったと思うね。もう、ほとんど夢の中やったと思う。いまだに、夢なのか現実なのか分かってないからね。ドラマ中なんか、もう、移動中寝て、お芝居して、寝てやから、もう、起きて、夢なのか、現実なのか、分からない3ヶ月間でしたよ。まあ、いまだに変わらないということでね、僕、こんな中学生やったんですよ、きっと。」って言うたっちょん。

たっちょんの中ですごく好きな曲なんだけど、カラオケで歌ったら、あまりにも難しくて、変な空気になったという曲
ケツメイシ「バラード」

へそ曲がり関ジャニ∞クイズ
今回は、おじいちゃんおばあちゃんの原宿・巣鴨で聞いた「たっちょんとひなちゃん、どっちが好きか。」
「巣鴨か、俺、巣鴨行ったことないかも知らん。巣鴨って、いわゆる、下町って言われるところ?ですよね。」って言うたっちょん。
どの写真を見せたかということで、色々変えていることに、「いつも一緒でいいんじゃないの? これ。」って言うたっちょん。
たっちょんは髪の毛短めの写真で、ひなちゃんは爽やかで、「これ、何年前?」って言うたっちょん。
「これ、どっちなんやろね。でも、おじいちゃんおばあちゃんでしょ。で、昼の番組やってる、これ、毎回言ってるけど、村上くんの、やっぱり、知名度、半端ないからね。だから、どうなんやろ。そもそも、関ジャニ∞っていうのを認識してくれているのかどうかっていうのも分からへんから。でも、勝ちたいですよ。予想、どうやろね。でも、この写真、村上くん、茶髪なんですよ。ちょっとチャラチャラしてるから。僕、黒髪なので、これは、ちょっと、好感度いいんじゃないですか、僕、黒髪ということで。ということで、25対5で、勝つと思います。アッハッハ(笑)。大胆予想、ここにきて。へへへへへ(笑)。」って言うたっちょん。

関ジャニ∞「涙の答え」

インタビューの模様
「村上さんの方がいいかな。若いかな、村上さんの方が。同じかな、年は、村上さんと。村上さんの方が若くて可愛い。」
「大倉くん。かっこ良いから。」
「村上くん。頭がいいから。」
「大倉くんかな、ハンサムだもん。」
「村上くん。お話が上手。マツコデラックスさんと一緒に出てる。でも、この人は太鼓のイメージしかないわ、私は。」
「村上くんかな。テレビとか見てて、楽しそうだし、一緒にいて楽しいかなっと思って。」
「大倉。やっぱり、なんとなく魅力があるわね。」
「大倉さんの方が好きです。すっきりしてて、新鮮。」
「大倉くん。やっぱり、かっこ良いし、可愛いし、すれてても良いじゃない。」

答えは14対14 どちらでもいいが1 どちらでもないが1
「ここにきて引き分けかあ。なんて面白くない答えやろ。(笑)いやいやいや、すごいね。いや、でも、引き分けたね。俺、どこ行ったら勝てるんやろ。でも、おじいちゃんとおばあちゃんって面白いね。なんとなく魅力的やねっていう、だんだん適当になっていくっていうね。いやあ、そうか、そうなったか。これ、どうしたらええんやろね…中高年で負け、若者の街で負け、おじいちゃんおばあちゃんの街で引き分けたってことは、俺はもう、勝たれへんのじゃないか、これ。」って言うたっちょん。

オープニングクイズの答え
「…今、私が持っている印象はですね、もう、どうだろう、2ヶ月くらい、ご一緒させていただいているんですけど、ものすごく自然体で、とっても素直な方で、なんか、ドラマの現場、朝早くても、眠いっていう表情を出す方って少ないんですけど、大倉さんは、明らかに、眠そう。(笑)明らかに眠そうで、ロケジャンとか、顔にかぶってたりとかしますし、ホントに、良い意味で、すごく分かりやすくて、素直な方なんだなと思って、いつも見てたんですけど。あ、でも、すごいかっこ良いところは、必ず、完璧にセリフを覚えてくるんですよね。今回、演じている豪太さんも、結構、長いセリフが多いんですけど、毎日撮影があっても、どんな長いセリフも、完璧に覚えてくるので、ホントに、私は、ホントに、そこを尊敬してます。あとは、そうですね、あの笑い声が特徴的ですね、ゲラゲラゲラって笑う感じ。一緒にいて、すごく、こっちまで笑えてくるような、あ、楽しそうだな、幸せそうだなって、思わせてくれる方ですね。大倉さんといると、自然体で、一緒にいるのかいないのか分からないくらいのナチュラルさで、とても、良い意味で、楽にご一緒させていただいております。皆さん、どうですか? 当たってましたか?」

「どうなんやろ…どうなの、どうなの? 存在感がないって。」って言うたっちょん。
「いや、嬉しいね。3つも4つも答えてくれたやん。ただ、最終的に、いるのかいないのか分からないっていうね。(笑)カットしてくれよ、そこ。アッハッハッハ(笑)。いやいやいや、素晴らしいですよ、素晴らしい答えですよ、もう。100点満点、正当派ですよ。いやあ、そう思ってくれてたなんて嬉しいですね。えみちゃん、ホントにありがとうございました。」

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  17:51  |  日曜日すっきやねん  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |