FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.05.17 (Fri)

レコメン 5・16

「涙の答え」リリース決定、おめでとう。(*^^)v
公式サイトにアップされてるジャケット写真、スタイリッシュで、とても素敵です(*^^*)。
「SEKAI NO OWARI」、最近、ちょっと気になっていたバンドだったので、そういう人達に楽曲提供されるというのも、なんだか嬉しいです。
リリースに伴って、また、たくさん露出があるといいですね(^^)。

「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

村「どうも、こんばんは。関ジャニ∞村上信五でーす。」
丸「ココだけしか言わないこんばんどぅいーん、丸山隆平でーす。」
村「はい、どうもー。」
丸「どうも、こんばんわー。」
村「こんばんわー。」
…このやり取りが、なんか、めっちゃ可愛かったんですけども…(*^^*)。

ゴールデンウィークが終わって、沖縄では梅雨入りだとか、明日はそのほかでは全国的に晴れだとか、そんな天気の話から、「今日、急やったね。」って言う丸ちゃん。
「何が?」って言うひなちゃんに、「雨、雨。」って言う丸ちゃん。
「予報ではあったけど、一気に、崩れたもんね。」って言う丸ちゃんに、「急にきたなあ。」って言うひなちゃん。

「何かありましたか、1週間」と聞かれて、「県庁おもてなし課、観に行きました。」って言う丸ちゃん。
「行ってきましたよ、12日に、ちょっと。」って言う丸ちゃんに、「ぼんやりとした感想教えてください、じゃあ。」って言うひなちゃん。
「ぼんやりですか。」って言う丸ちゃんに、「あんまり言うたら、まだ観てない人おるかもわからへんから。」って言うひなちゃん。
「いや、もう、素敵な映画やなって。なんか、すごい、平和な気持ちになれるというか。あの、やっぱり、ニュースとか見てても、殺伐としたニュースだったりとか、色々頭使っちゃうじゃないですか。でも、こういう映画観に行ったら、そういうのから、解放されて、終わった後、平和な気持ちになれるというか。京都、帰りたくなったね。」って言う丸ちゃんに、「あ、ホンマに、自分の地元じゃないけども。」って言うひなちゃん。
「うん…自分でも、あるから、いっぱい、京都。だから、ちょっと、帰って、家族でピクニックとかね、したいなと思いましたね。」って言う丸ちゃんに、「有意義な時間やね。」って言うひなちゃん。

「とても素敵な映画でした。はい。来てるお客さんとかも、カップルだったりとか、老夫婦だったりとか、層が、まばらまばらで、その層を見ただけでも、ほっこりした。良いなあと思った。」って言う丸ちゃんに、「いいねえ、年代問わずっていうのも。」って言うひなちゃん。
「横にいた女性2人に、最後、声かけられたんです。」って言う丸ちゃんに、「なんて言われた?」って言うひなちゃん。
「丸山くんですよねって。なんか、そういうの、あんまりなかったから、照れもあって、あ、はいって、焦って、外に出ちゃったんやけど。」って言う丸ちゃんに、「逃げるように?」って言うひなちゃん。
「逃げるように。普通、逃げることないやん。一人で行ってるわけで。」って言う丸ちゃんに、「普通に観に行ったんやから、普通にしてたらええやんか。」って言うひなちゃん。
「あ、どうも、みたいなやったら良かったんやけど、なんか、あ、はいって…逃げた。なんで逃げたんやろって、出てから。」って言う丸ちゃんに、「緊張してもた、なんか。」って言うひなちゃん、「緊張した、なんか、やっぱ、オフやったから。そういうのが楽しかったですね。」って言う丸ちゃん。

「で、その後、その日当日に、りょうちゃんとご飯行って、感想言うたりとか。で、りょうちゃんも、世にも奇妙な物語観てくれてたみたいで。そのメールのやり取りで、ご飯行こうみたいになったんやけど。久しぶりに行って、楽しかったですね。」って言う丸ちゃんに、「いいねえ。良い話もできて。」って言うひなちゃん。
「なんか、ちょっと特別な感じがしますね。あの、映画観てから、その本人に会うって。」って言う丸ちゃんに、「主演してる本人が、直接言うてくれるわけやからなあ、まあ。一番豪華な解説やんか、そんなん。」って言うひなちゃん、「うん、楽しかったですね。」って言う丸ちゃん。

ひなちゃんは、フットサルをしたんだけど、2か月ぶりくらいにしたら、次の日に、尋常じゃないくらいの筋肉痛になったという話に、「まあな、普段、使わへん筋肉使うからな。」って言う丸ちゃん。
起きた時に、左足だけ全く動かなくて、最初、筋肉痛って気付かず、金縛りかなと思うくらい動かなかったと言うひなちゃんに、「金縛り、たまに会うもんね、信ちゃん。」って言う丸ちゃん。
その日の夜には動き始めたんだけど、着替えとか、立ったり座ったりするのが、すごく辛かったというひなちゃん。

で、昨日は、仕事が終わって、まだ筋肉痛が残っているうちに、今日は乗り物に乗らないと決めて、仕事終わりの移動を全部歩いたというひなちゃん。
2時間くらい歩いたという話に、「よっぽどやな、それ。」って言う丸ちゃん。
「そしたら、また、途中から、おじいちゃんに抜かれるくらいの速度になって。」って言うひなちゃんに、「なにやってんの。」って言う丸ちゃん。
「もう疲れてきて、足が。」って笑いながら話すひなちゃんに、「体、休めてあげなアカンて。」って言う丸ちゃん。
「バリアフリーって、便利やね。階段登るのとかも、機械使わんって思ったから、エスカレーターとかも使わんかってん。階段、全部使ったろと思ってたら、もう、あの手すりの助かること助かること。」って言うひなちゃんに、「なんで、そこまで、自分を追い詰めるかなあ。その追い込みはなんなん、たまにある。なんか、いつも追い込んでるわけじゃないやん。たまにしかできへんから、追い込むの?」って言う丸ちゃん。
「間、開くじゃないですか、仕事で。間、開いて、動かしてない時に、俺、こんだけ衰えたんやと。取り戻さなアカンのちゃうかって、思ってしまうんです。」って言うひなちゃんに、「それは、僕も、コンサートのセットリスト決まって、で、レッスンするじゃないですか、リハーサル。の、間、筋肉痛とかに悩まされるのは、確かに、それまで、半年間動いてなかった身体やったりするのは、分かりますわ。そのコンディションに合わせる為に、日々、ジムに行くなりとか、走るなりとかっていうのは、確かに大事なんかなって思うけど、村上くん、極端すぎるからね。」って言う丸ちゃん。

シングルリリースが発表になり、たっちょんの誕生日でもあるので、嬉しいことが重なってる日だという話をするひなちゃん。
曲は「SEKAI NO OWARI」さんに書いてもらったという話になり、「ここ最近、接点多いですもんね。」って言う丸ちゃん。
シングルで、ここまでの壮大なバラードは、今までなかったんじゃないかというまるひな。
今回は新しい試みとして、初回限定版Aのミュージッククリップが、シングル初の全てストーリー仕立てになっているんだとか。
Bに入ってるメイキングも面白いそうで、丸ちゃんによれば、ひなちゃんがふざけているように見えるらしいんだけど、ひなちゃんは全然ふざけてなくて、真面目なんだそうで、それは観ている人に判断してもらいたいとのことでした。

「ほっともっと」の新しいCMの話になり、おなかを空かしてきてくださいと言われ、自由にやってくださいと言われたそうで、サクサクいったというひなちゃん、めちゃめちゃ、やりやすかったし、美味しかったそうです。
で、丸ちゃんの地元の友達からメールが来たそうで、「なんで、お前のとこにメールが…」って言うひなちゃんに、「ほっともっとの前通ったら、村上くんの顔が、だーんって、あって、びっくりしたよって。それだけです。」って言う丸ちゃん。
「すげえ、俺、フィルター通して聞いてるな。」って言うひなちゃんに、「いや、村上くんに伝えてくれみたいなことではなかったんです。ただ、感想だけを俺にっていう。」って言う丸ちゃん。
「じゃあ、わざわざ、マルにメール送ってくれてありがとう、って俺が言うてたって、今、ラジオを通して言うたけど、もう一回、言うといて。」って言うひなちゃんに、「じゃあ、それ、1回、メールしとくわ。」って言う丸ちゃん。

小学校まで「衣替え」を「子供替え」だと思っていたという丸ちゃんに、「恐ろしい発想やな、お前。」って言うひなちゃん。
親に冗談で言われて、それを信じ込んでいたんだそうで、「お前はふるいにかけられてるんだぞ。替えるかもしれないぞ。」って衣替えの時期になったら、驚かされてたんだとか。
ひなちゃんは、「伊達巻」を戦国武将だと思っていて、「伊達 巻」っていう名前だと思っていて、それをいまだにお母さんにいじられるんだとか。
さらに、「月極」が読めなくて「げっきょく」だと思っていたとか、「モータープール」はどこかにプールがあるんだと思っていたという話をするまるひな。

「ジャングルの王者ターちゃん」「新ジャングルの王者ターちゃん」をレコメンスタッフ総動員して、中古で全巻手に入れたという話をするまるひな。
ここ1週間くらいはターちゃん漬けになりそうなんだそうで、「バスタイムが楽しみです。」と言うひなちゃんに、「僕もそうです。」って言う丸ちゃん。

今の夢を聞かれて、「今の夢ですか? まあまあまあ、広く言うとね、みんなが平和で元気でいてくれたらというのがあるんですけど、個人の野望というたら、やっぱりね、考えたことないですね。」って言う丸ちゃんに、「嘘お。嘘やろ。」って言うひなちゃん。
「なんかあるやろ。」って言うひなちゃんに、「夢でしょ。夢は、まあ、そりゃあ、なんやろ、やっぱり、今、うちのメンバーから3人、映画主演やってるじゃないですか。やってみたいですね。」って言う丸ちゃん。
「いいじゃないですか。」って言うひなちゃんに、「で、やっぱ、主題歌が、関ジャニ∞みたいなんとかは、やってみたいですよね、活動としては。」って言う丸ちゃん。

ひなちゃんは、夢の線引きがどこやねんというところで、目標のずっと先が夢なんだそうで、「そういう意味で、僕は、代表ですかね。」という言葉に、「生まれ変わったらてきなことですよね。」って言う丸ちゃん。
あくまでも、サッカーの日本代表を目指して夢にしているというひなちゃんに、首をかしげる丸ちゃん。
「うーん、難しいなあ、その夢。」って言う丸ちゃんに、「すぐに叶うんやったら、僕は、夢にはしない。」って言うひなちゃん。
「毎回、フットサルで、夢に向かって走っているというひなちゃんに、「爽やかやなあ、腹立つわあ。なんで、こんなに、言ってる事おかしいんやけど、すごい、顔、嘘ついてないから、なんか、変な感じなんですよね。」って言う丸ちゃん。
「俺、絶対行ったるからな。」って言うひなちゃんに、「夢叶うと良いですね。楽しみにしてます、それは。」って言う丸ちゃん。
「応援してや。」って言うひなちゃんに、「応援してます、全力で。」って言う丸ちゃん。

ラジオパーソナリティに必要なものを聞かれて、「楽しんでもらうってことかな、聴いてる方に。あと、極力、情報、今ここにいる僕らの状況とかを分かりやすく伝えるとか。」って言う丸ちゃん、「言葉のボキャブラリィかね。」って言うひなちゃん。

全国ゾーンでは、昨日はたっちょんの誕生日で、シングルの発売の発表もあったりとかで、大倉デイだったという話をするひなちゃん。
そして、12時前に話していたシングルのPVの話などを繰り返しするまるひな。
メイキングで、ひなちゃんがふざけていたのかどうかを、レコメンではっきりさせようじゃないかというまるひな。

留学中に好きな人ができて帰国直前に待ち伏せをして告白して付き合うことができて、実は日本に彼氏が2人もいるというリスナーさんのマル秘な話に、いきなり「まちぶせ」の替え歌を高い声で歌い始める丸ちゃん(笑)、「よう歌いました。」って言うひなちゃん。
「女って怖えって、男は思ったと思います。」って言う丸ちゃん、本当に怖がってる感じです。

で、そのリスナーさんのラジオネームとか、その後にカッパを見た先生の話とかから、カッパの話で盛り上がり、エンディングでは、代表になるという夢から、「夢変えようかなと思って…俺、カッパ見たろうかな。」って言うひなちゃんに、「ああ、見たいね、俺も。」って言う丸ちゃん。
「カッパ見たら、報告しよう。」って言うひなちゃんに、「そやな。」って言う丸ちゃん。
「でも、俺ら、一回、旅行行った時。」という丸ちゃんの言葉に爆笑するまるひな。
「これは言われへん、これは言われへん。」って言うひなちゃんに、「そうね、いつかね、言えることがあったらね。」って言う丸ちゃん。

村「さあ、それでは、今週は、この辺でお別れです。さよなら。」
丸「おやすみなさい。」

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  15:51  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |