2013-04-26 18:51 | カテゴリ:レコメン
文化放送では10分遅れだった「レコメン」の抜き書きは続きから。


シングルが無事にリリースされたという話から、渋谷をブラブラしていたという話をする丸ちゃん。
資料としてCDとかDVDを購入しに行ったそうなんですけど、渋谷のレコードショップ入ったらすぐのところに、関ジャニ∞のPV画面とCDが並べてあって、「ありがとうございます。べスポジでした。」って言う丸ちゃん。
見てくれていた人がいたのかどうかとひなちゃんに聞かれたけど、丸ちゃんは、ちょっと恥ずかしかったのでスルーして、自分の必要なものを買って、出ようとしたら、視聴できますという所のランキングに、早速、1位になっていたんだとか。

街に出て、そういうのを見ないと、なかなか実感できなかったり。雑誌とかでね、1位とか書いてくれたりしますけど。」って言う丸ちゃんに、「自分で見て実感するってなあ。」って言うひなちゃん。
「全員で、だって、レコードショップ行ったの、デビュー以来ないもんね。」って言うひなちゃんに、「そう、あれ、京都でしょ。」って言う丸ちゃん。
「ホンマに出てんのか言うて行ったお店以来やもんな。全員で行ってるのに、うんともすんとも言わずに、店出てきたいう、悲しい思い出ですよ、あれは。」って言うひなちゃん。

「でも、感慨深いですよね。東京の、そんなね、渋谷の…」って言うひなちゃんに、「ど真ん中ですよ。超、ど真ん中ですもん。」って言う丸ちゃん。
「バーンと置いてもらえるとか。言うたら、ブースみたいなの作ってくれてはるっていうことでしょ…関ジャニ∞、関心持ってくれる人が、たくさん出てきてくださったということですから、改めて、感謝の気持ちですよね。」って言うひなちゃんに、「でも、レコードショップの方にも感謝ですよ。」って言う丸ちゃん。
POPとかも書いてくれてたそうで、「カラーペン、上手いこと使いはるな。あれは、職人技やと思うわ。」と感心する丸ちゃん。

ウオッシュレットについて語る丸ちゃん。
ひなちゃんは、苦手らしく使わないんだそうで、丸ちゃんも、しばらく使わなかったんだけど、一度やってみたら、ハマったんだとか。

「へそ曲がり」メイキングの丸ちゃんの「西海岸に本願寺」は、ポンと入ってきたんだそうで、「降りてきた」んだとか。
良い詞とか名言とかは降りてこないんだけど、変な語呂とかは降りてくるんだそうで、みんな爆笑だったらしく、ハマり具合が半端なかったんだそうです。
「何もないことで笑えるって、これほど楽しいことないからな。」って言う丸ちゃんに、「いやいや、ホンマやで。何でも楽しめる振り幅って、幸せですよ。」って言うひなちゃん。

喧嘩をしたことがあるかと聞かれて、「あれへんな。」と言うまるひな。
「いい大人やん、喧嘩っちゅうのはないよね。」って言う丸ちゃんに、「今はもちろんやけど、昔っからないよな。」って言うひなちゃん。
「マルは、喧嘩するタイプやないしな。」って言うひなちゃんに、「来たら、相手が熱が冷めるまで、一旦、待ってみるとかはあるけどね。カーッてなることはないね。カーッてなっても、一回、落ちつけて、から、話するから。なんでそうなったかって、効率良くないやん、喧嘩って。それが恥ずかしくて嫌やから。逃げてたもん、俺、喧嘩。今まで。」って言う丸ちゃん、「平和主義やもんね、マル。」って言うひなちゃん。
ひなちゃんは、シャンプー事件とかあったけど、ヨコちょとすばるくんとは、今、思えば、些細なことは、子供の喧嘩で、二十歳越えてはないと話すひなちゃん。
丸ちゃんの友達とは喧嘩したことがあるというひなちゃん、「君、何なん?」って言われたんだとか。

全国ゾーンでは、ミュージックステーションに出演するという話。
生放送では初披露ということで、「生の緊張感の中で、どんな風なハプニングと。」って言う丸ちゃん、「何をみんながするのか、生放送のテンションって、始まってみないと、分からないですから。」って言うひなちゃん。
丸ちゃんがオープニングの紹介の時に、毎回、階段を踏み外すっていうのを、「あれ、どうなんですかね、やめた方が良いのかな。あれ、やってて、喜んでいる人いるのかなって、ちょっとなんか、疑問に思って…」って言う丸ちゃんに、「そんなもん、やらなアカンよ。ここまで、やってきたんやから。」って言うひなちゃん。
「あれは、ありなのかね。」って言う丸ちゃんに、「やり続けないと、ここまできたら。急にやめた方が気になるよ。なんでやめたんやろて。」って言うひなちゃん。
「むしろ、その方が悪ふざけになるよね。あれは、だから、階段コケ職人として、もう僕は、自信持ってやっていって良いですか。」って言う丸ちゃんに、「もちろん、もちろん。」って言うひなちゃん。
「楽しみにしてくださってる方がいるんであればね、続けるべきだと思うんですけど、求められてへんのに、俺、独りよがりで、あいつふざけてるなみたいなやったら…」って言う丸ちゃんに、「お前の仕事は、求められないことを、いかにやるかやで。」って言うひなちゃん。
「あ、そうだった。鮭もそうやもんね。言い続けてここやもんね。」って言う丸ちゃんに、「そうですよ。そしたら、周りが急に求めだしたでしょう…階段に呼ばれましょうよ。」って言うひなちゃん、「じゃあ、明日は、張り切って、お楽しみに。」って言う丸ちゃん。

メンバーの中で、ヤスくんかひなちゃんに、一番、奢ってもらっているという丸ちゃん。
ぽち袋を持ち歩いていて、お世話になった人には、心付けを渡しているというひなちゃん。

エンディング、「それでは、皆さん、ミュージックステーションでお会いしましょう。」って言うひなちゃん、「おやすみなさい。」って言う丸ちゃんでした。

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(2)

管理者のみに表示する