2013-02-08 13:02 | カテゴリ:レコメン
ライブDVDの発売決定が初解禁になった「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


節分も終わったということで、この時期、恵方巻きだとかで、世間が騒いでいたけど、一度もやったことがないというヨコちょに、「やりました。」と言うひなちゃん。
「他人に見られると、ごっつい恥ずかしいですよね、やっぱりね。」と言うヨコちょ。
ひなちゃんは、稽古場で、スタッフさんが用意してくれていたので、一緒にやったんだそうで、絶対、笑かさんといてねと言いながら、大人がキャッキャしていて、楽しかったそうで、ヨコちょはもともと、恵方巻きはキュウリとか入ってるので食べられないし、興味がなかったんだとか。

ひなちゃんは、舞台が10日から始まるということで、1月がめっちゃ早かったそうで、「毎年言うてるでしょ、結局は。」って言うヨコちょに、「言うとるけど、もっかい言うていいですか。むっちゃ早かったですわ。」って言うひなちゃん。
「それだけ、充実してるっていうことじゃないですか?」って言うヨコちょに、「充実もしてましたし、やることもたくさんあったんですけど、初めて、稽古の中盤辺りに、ひっくり返ったんですよ、中身。」って言うひなちゃん。
スタッフさんには色々無理な発注もして、何とか、間に合うんじゃないかという状況で、東京の稽古は終わってしまって、肝心のひなちゃんが、まだセリフが入ってなくて、最悪の状況なんだそうです。
「頑張るしかないですよね、それは。」って言うヨコちょに、「ホンマにね、かってない緊張感ですよ。」って言うひなちゃん。
「いいんじゃないですか、逆に、緊張感の中でやるというのは。精神も研ぎ澄まされますから。」って言うヨコちょに、「集中力はね、上がってきますけど。俺、なんで、あっ個でひっくり返したかなと思ってね。」って言うひなちゃん、「いいことじゃないですか、良いものを見ていただきたいという。」って言うヨコちょ。
楽しみにしていただきたいというひなちゃんでした。

「しゃべくり007」で、とうまくんが、ヨコヒナよりは歌が上手いと話していた件についてのメールに、「とうま、上手いからな。」って言うヨコヒナ。
「ホンマに、僕、よう言うんですけど、お芝居で評価されて、そっちの道、走りましたけど、カラオケ行ったら、その反動で、ジャニーズの歌、めっちゃ歌うんですよ。すごいですよ。キンキキッズさんとか、踊りながら歌うし。俺、知らへんもん、キンキさんの振りなんか、何一つ。」って言うヨコちょに、「バックにな、とうまだけ、結構、付いて、やってたしね。
」って言うひなちゃん。
「硝子の少年とか、あいつ、踊れるで。知らへんもん、俺。歌はもちろん知ってますけど、振りまで。」って言うヨコちょ。
サビは知ってるって言うひなちゃんに、「すごいな、なんで?」って言うヨコちょ、「なんかで踊ったで、言うても。」って言うひなちゃん。
自分達の曲でも、前のやつは覚えてないって言うヨコちょに、「そうやな、コンサートでしかやってないやつは。」って言うひなちゃん。
「昔の曲で覚えてるっていうたら、Can do Can goくらいやわ。」って言うヨコちょに、「ああ…あれは、何百回と思ったからな、ジュニア時代。」って言うひなちゃん。
「ブイシックスさんより歌ってたよな。」って言うヨコちょに、「うん、ジュニアの曲みたいになってたもんね。あれは覚えてる。まあ、でも、俺ら、少ないからな、バックで踊らせてもらったことが。」って言うひなちゃん。

小学校の時に、校区外で遊んではいけなかったのに、校区から出て、ザリガニを取っていたら、新聞記者の人が来て、話しかけられて、写真撮っていいかと聞かれたので、満面の笑みで写真を撮ったら、何日か後に、その記事が新聞に載って、学校から怒られたという話をするヨコちょ。
でも、なんでそんな新聞に載ったかというと、今の都会の子は、どんな遊びをしてるのかという特集だったそうで、「そういうきっかけって、面白いと思うよな。、まさか、新聞なんか載ると思わへんやん。」って言うヨコちょに、「アカンことしてたのにな。」って言うひなちゃん。
新聞に載ったということは嬉しかったというヨコちょ、子供の頃、そういったことは何にもなかったというひなちゃん。

この前、携帯を落としたという話をするヨコちょ。
久しぶりに大阪に帰ろうと思って、新幹線で帰ろうと思い、品川で降りた時に、携帯がないので、品川の携帯屋さんに行ったんだとか。
で、携帯にGPSが付いてるということを全然知らなくて、しかもモードがあって、事細かに分かるやつでないとダメなのと、半径700メートルくらいしか分からないと言われ、ヨコちょのはどういうのか分からなかったので、あいまいな感じで調べたら、山手線に携帯が乗ったまま移動していたらしく、3時間くらい経っていたんだそうで、携帯が戻ってきたら、結構、傷が付いていたんだけど、見つかっただけ嬉しかったというヨコちょ。

高槻のジャスコあるあるで、「正月になると、津川雅彦来店しがち」というのに、「マジで。知らん、それ。なんかあるのかな、ゆかり。俺も、よう言ってたけど。」って言うひなちゃん。(のちのメールで、津川さんのお店が入ってるからという理由が判明)
「此花ジャスコには、島木譲二さん、来るで。イベントで。で、俺の行きつけの鍋屋さんに、島木譲二さんがよう来てはるねんけど、来る客来る客に、チューイングボーンって言う。」って言うヨコちょに、「芸人さんの鏡やんか。」って言うひなちゃん。

ヤスくんが、携帯でラジオを聴けるようになったというのを聞いて、ラジオ局の人がいる前で、「携帯でラジオなんか聞かんやろ。」と言ったという話から、「安田くんは、数々の伝説を残してますから。」って言うヨコちょ。
CM撮影中に、色んなスポンサーのえらい方がいらっしゃる中で、ライバル会社の歌を歌うという大失態をしたというヤスくん、「ホンマに、ピンポイントで歌ったんですよ。ホンマに、ライバル社と言われてる歌、思いっきり大きい声で歌って。」って言うヨコちょに、「これ、ええ曲やなあ、って言いよったからなあ。」って言うひなちゃん。
「悪気ないからなあ、あいつ。」って言うひなちゃんに、「ヤスのね、それが良いとこやから。」って言うヨコちょ、「ピュアなとこやからなあ。」って言うひなちゃん。

ヨコちょがカタカナが苦手という話になり、「ラメーンは、読めるねんで。書かれへんねん。」って言うヨコちょに、「それが問題やねんって。」って言うひなちゃん。
「書かれへんっていうか、悩むねん、一回、どこに。」って言うヨコちょに、「棒が入るねん。」って言うひなちゃん、「そうやな。」って言うヨコちょ。
「向こう育ちが長かったから。」って言うヨコちょに、「どこ?どこ?」って言うひなちゃん。
「向こうって、どこやねん。」って言うひなちゃんに、「信号曲がった、向こうの方。」って言うヨコちょ、「国内やろ。」って言うひなちゃん。

ひなちゃんが、話す言葉が標準語に寄ってきてると話したことに対して、「めっちゃ怖い話してるわ。怖い、怖い…全然、おたく、関西弁ですって。大丈夫。」って言うヨコちょ、「イントネーションは関西弁やけど、方言とか、きつい、濃い言い方。」って言うひなちゃん、「おたくはきつい。」って言うヨコちょ、「いや、マイルドなっとるやろ。」って言うひなちゃん。
「マイルドってなんやねん。マイルドになっとるやろって。」って言うヨコちょに、「なってると思うで、俺も。」って言うひなちゃん、「いやいや、怖い怖い、もう。」って言うヨコちょ。
「俺らでも、やっぱり言うやん、村上がいまだに一番関西弁きついって。」って言うヨコちょに、「きついんかなあ。」って言うひなちゃん。
「俺って、やっぱり、敬語になったら、標準語になるんやな。」って言うヨコちょに、「なる。電話はそうやもんな。」って言うひなちゃん。
「めっちゃ言われるねんけど、自分で、何にも意識してないもん。」って言うヨコちょに、「結構、前からよ。」って言うひなちゃん。
「俺、よう言われるねん。先輩としゃべっとったら、標準語になって気持ち悪いって言われるねんけど、しゃべろうと思ってない、標準語を。」って言うヨコちょに、「俺も。」って言うひなちゃん、「おたくは関西弁やから、大丈夫。」って言うヨコちょ、「俺もあるって、標準語の敬語の時。」って言うひなちゃん。
「お前、結構なドヤ顔したけど、関西弁やから、大丈夫やって。」って言うヨコちょに、「大丈夫ではないやろ。」って言うひなちゃん。
「大丈夫、大丈夫。」って言うヨコちょに、「気を付けますわ。」って言うひなちゃん、「気をつけんでいいです。大丈夫です。」って言うヨコちょ(笑)。

全国ゾーンでは、初解禁で、「8EST」のライブDVD発売決定のお知らせ。
3月13日発売だそうです。
特典のMCは、「色んな事あったんやな。」と思って普通に笑ったというヨコちょ。
雨が降ってる中の、エイトレンジャーのオオカミとの対決ばかり、100回くらい見たというひなちゃん。
長居競技場のライブで、雨が降っているので、色んなハプニングがあって、最高の1枚に出来あがったんじゃないかというヨコちょ、よくあのアングル押さえといてくれたというひなちゃん。
是非とも、観ていただきたいというヨコヒナ。

ひなちゃんのイメージが「お金」という話題から、「ホンマに、このイメージ、独り歩きし過ぎですよ。ホンマに、困ります、もう。」って言うひなちゃんに、「ええやん、それだけ定着したというかさ、知ってもらえたってことやん。」って言うヨコちょ。
「ホンマのこと。」って言うヨコちょに、「ホンマのことちゃうから、困っとるねん。」って言うひなちゃん。
「いや、これ、アカンって、ホンマに、あんまり、金金金金。」って言うひなちゃんに、「来年、村上銀行出来るとかさ。」って言うヨコちょ、「誰が言うてるねん。」って言うひなちゃん。
「聞いた話やからさあ。」って言うヨコちょに、「本人が動かなできへん話やろ。」って言うひなちゃん。
「俺、そんな、金金、言うてへんで…なんか、周りから言われるから、そうなるけど。」って言うひなちゃんに、「でも、結局は、全くないところから、ゼロから、そんな噂って立たないですよ。」って言うヨコちょ。
後輩まで、ひなちゃんを見る目が、他のメンバーを見る目と、ちょっと違うというひなちゃん。

「いくら持ってるの?」と聞かれて、「あなたの思ってる5倍。」って答えたひなちゃんに、「ええんちゃう。」と賛同するヨコちょ。
ユーモアで返すと、それでOKになって、それ以上掘り返さなくなるというヨコちょに、「今後、それでいこかな。」って言うひなちゃんでした。

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する