2012-11-12 12:02 | カテゴリ:ライブ
東京ドームに行ってきました。
121111-1.jpg

追加されたグッズ。
121111-3.jpg

ライブの内容は、勝手に、味の素スタジアムとほとんど同じセットリストだと思っていたんですけど、全く違っていて、良い意味で、完全に予想を裏切られました。(*^^)v
121111-2.jpg
めちゃめちゃ楽しくて、かっこ良くって、面白くて、感動しました(*^^*)。

詳しい感想は続きから。
ネタばれありありなので、これから行かれるという方は、先に進まないでください。
大丈夫だという方だけどうぞ。

尚、いつものことながら、私の記憶だけに頼っていますので、あやふやな部分や、順序が違っていることもあるかと思いますが、ご了承ください。
雰囲気だけでも感じてもらえると嬉しいです。
また、私は、今回のツアーでは、この日で3回目の参加なので、このブログを初見の方は、9月15日のライブ記事も合わせて読んでいただいた方が分かりやすいかと思います。


会場は、メインステージからぐるっと外周に花道が繋がっていて、そのまた外周をトロッコが走るようになっており、センターステージとバックステージに繋がる十字の花道も続いているという設計になっていて、メインステージの作りは、味の素スタジアムと同じ2階建で、階上にオーケストラの皆さんが並んでいるといった構成。
外周の花道のサイドなどには、ステージが上下するクレーンがいくつかあります。

オープニング映像から、味の素スタジアムとは変わっていて、最初に色とりどりのジェリービーンズの絵が出て、その後に、メンバー一人一人をイメージしたようなイラスト?が組み合わさって、顔写真と名前が表示されて、たぶん、音声は聞こえなかったんですけど、口の動きで、全員、「ありがとう。」って言っていたと思います。

で、その紹介の映像の後、下から飛び出すようにして、味の素スタジアムでもオープニングの衣装…揃いのピンク系…で現れるメンバーたち。
メインステージで「あおっぱな」を歌った後、「無責任ヒーロー」「イッツマイソウル」と移動しながら歌って、バックステージで踊りながらの「ER」、そこから散り散りになって「T.W.L」

今回は1塁側スタンドの真ん中辺りの席で、会場のほぼ真横って感じだったんですけど、「T.W.L」の時は、ちょうど、丸ちゃんが一番近いクレーンで上がってきてタオルを振っているのがよく見えて、嬉しかったです…タオルを振らない時には、肩にタオルを掛けたりして、めっちゃ男前でした…(*^^*)。
東京ドームを埋め尽くすタオルは、やっぱり壮観でしたね。

そこから、メインステージに戻って、たっちょんのドラムソロの後、バンドスタイルでの「LIFE~目の前の向こうへ~」「愛でした。」「Heavenly Psycho」「ツブサニコイ」
1塁側なので、丸ちゃんの位置が遠くて見えずらかったのと「Heavenly Psycho」の時には、昔の映像が流れたり、スクリーンの映像も凝っていたんですけど、真横なので、生演奏を見ていると映像まで見えないのが、ちょっと残念でした。

ここで挨拶があって、まずは、すばるくんから。
「今日の関ジャニ∞は、もうヤバいです。」とか話すんですけど、テンションが上がっているせいか、なんだか妙に可愛かったです。
続いて、りょうちゃんは、いつもの感じで、ちょっと照れ気味に挨拶するのが可愛かったですし、ヨコちょも、「今日はヤバいです。」と言っていて、気合が入ってる感じがしました。
続いては、直立不動で「どうも、太鼓の達人です。」と頭を下げるたっちょん(笑)。
たっちょんは、髪を明るくしていて、前髪をちょっと垂らした感じがとても素敵でした。
次が丸ちゃんで、「知ってる人も知らない人も…」って節を付けて歌いながらの「パーーーン」
丸ちゃんは、髪がちょっと伸びてふわっとしていて、とてもかっこ良かったです。
続いて、ヤスくんが挨拶なんですけど、何故か声が高くて、自分でも「僕、声高いですね~。」って言っていて、めちゃ可愛かったです。
最後に、次の衣装…全身が黒系で、金色のストライプとか飾りが入っている…に着替えたひなちゃんが現れて、「Mr.TOREこと村上信五です。」と挨拶してから、ゆっくりと歩き始めて、「Mr.TOREも、東京ドームを闊歩できるようになりました…」っていうような話をしながらセンタステージまで行くんですけど、姿はかっこいいのに、口調は面白くて、さすがひなちゃんだなって気がしました。

そして、いつもの「声出てるか。」の後、他のメンバーが同じ黒系の衣装で現れて、センターステージでの「ブリュレ」、メインステージに戻っての「Dye D?」
これはもう、がっつり踊っている姿が、文句なくかっこ良かったです(*^^*)。

続いて、「365日家族」
ここで、メインステージ上の台が動き始めて、足元にメンバーからの色が照らし出され、最初は段差があるんですけど、途中のサビ辺りで一直線になって歌う場面があって、この7人が並んで歌っているのが、それぞれに、めちゃくちゃかっこ良くて、とっても素敵でした。

その後、スクリーンに、「クルトン」のメイキングが流れて、何度もダンスのやり直しをされられて、「もう嫌や~」とか「音止めてくれ」とか口々に言っていて、確かりょうちゃんが「何回も」って言ったところで、VTRが終わり、PVの衣装を着たメンバーがメインステージに現れるんですけど、これがまた、みんな、めちゃくちゃ可愛いです。
で、センターステージでのダンスと共に歌い終えた後は、散り散りになって、「急☆上☆SHOW」「Wonderful World」

ここで、MCになり、「クルトン」でヨコちょが振りを間違えた話になり、ヨコちょが、その時にちらっと後ろを見たら、りょうちゃんがニヤッとしていて、「怒られる!」って思ったという話とか、フォーメーションがセンターからバックに移るとホッとするっていう話をして、「じゃあ、しばらくはセンターはいいのか?」という質問に、「2年後」と答えるヨコちょ。
でも、一年後くらいから、ぐちゃぐちゃ言い始めるんだそうです(笑)。

で、「なにわいろは節」の歌い始めの「あ~~」っていうすばるくんのところで、ヨコちょが一緒にエア歌唱をしていて、もしかしたら、すばるくんの声をヨコちょだと間違えないかなと思っているという話をしたところから、今回、やってみたらどうかとみんなに勧められて、丸ちゃんも、ヨコちょがすばるくんの部分を歌うなら、自分がエア歌唱をすると言ったりして、結局、しぶしぶ了承するような形に。

あと、お知らせとして、ヤスくんが1月クールのTBS金曜10時のドラマに出演が決まったということと映画のこと、りょうちゃんも映画が5月くらいに上映になるということ、たっちょんも映画があるんだけど上映時期は決まっていないのでチェックしてくださいということ、丸ちゃんも「ストロベリーナイト」が来年の1月26日に公開で、ひなちゃんの誕生日なので、公開された時には、「おめでとう。」って思ってくださいっていうような話をしていました。
あと、ヨコちょも「天地明察」が上映中というのと、ひなちゃんは翌日「月曜から夜ふかし」があるので見てくださいとのことで、すばるくんは「明日は全オフです。」って言っていました。

他には、ひなちゃんがライブの前に東京ドーム(たぶん外周だと思うんですけど)を5kmくらい(10週って言ってたかなあ?)走ったっていう話とかもしていました。

MCの後は、再びスクリーンに、これまでの関ジャニ∞の足跡というかポスターなどの映像が流れ、その後、ステージに、「EXCITE!」とか「Spirits!」の時に着ていたメンバーカラーのTシャツ…ヨコちょが緑で、たっちょんが黄緑の頃の…姿のメンバーが登場して、「∞’clock」のサビから「旅人」のメドレー。
そして、デビュー時の衣装に着替えて「なにわいろは節」…出だしはヨコちょで、丸ちゃんもエア歌唱をしていましたし、2コーラス目も、すばるくんの「横山!」という掛け声があって、ヨコちょが歌い上げていました。

続いて、再び、その当時のロングコートを羽織っての「大阪レイニーブルース」で、すごく懐かしい感じがしたんですけど、丸ちゃんは次の曲の準備があったらしく、途中からか最初からか?姿が見えなくなっていたようで、メインステージに戻ってきた時は6人になっていました。

そして、スクリーンに、丸ちゃんの上半身の姿が3パターンくらいの組み合わせで映し出されて…この映像は、「47コン」の時にも流れたと思うんですけど、同じものなのか作り直したのかは、ちょっと見にくくて分からなかったです…「ババババーン」っていう丸ちゃんの歌声が聞こえてきて、丸ちゃんのソロ曲「MAGIC WORD~僕なりの~」が始まります。
ステージには、動物の着ぐるみが4人くらい出てきて、丸ちゃんは、「47コン」で同曲を披露した時と同じ衣装で、メインステージの上方からゴンドラに乗って降りてきます。
…この曲は、私が初めて関ジャニ∞のライブに行った時に聴いて、丸ちゃんの姿に「足、細!長!」って思った曲でもあり、その時の映像はスクリーンにも流れたんですけど、懐かしいやら嬉しいやらで…味の素スタジアムではなかったプログラムだったので、なおさらでした。
丸ちゃんは、それから5年も経っているので、顔つきなどは多少大人っぽくはなっているものの、スタイルは当時と遜色なくて、何よりも、再び、この曲で一緒に「パーン」が出来たのがとても嬉しかったです(*^^*)。

続いては、バックステージで、たっちょんとりょうちゃんの「TORN」…これは何度見てもカッコイイです。

そして、こちらも味の素スタジアムではなかったプログラム、ヤスくんとヨコちょの「Kicyu」
メインステージから登場して、トロッコでセンターステージに移り、踊るんですけど、ヤスくんが「君も僕も」というのを「君もきみくんも」と変えて歌うので、ヨコちょが照れてるのが顕著だったり、最後にヨコちょがヤスくんにキスをしてヤスくんが両手でほっぺたを押さえてびっくりした表情になったりするのが、とっても可愛かったです。

続いて、バックステージに「B」というロゴが入った白い卵のようなものが現れて、中から、バブーン姿のひなちゃんが現れて、「BABUN」の始まり。
センターステージにはバスタブに入った白雪姫の着ぐるみがいて、そこにひなちゃんが近づいていって、最後は告白みたいな感じになるんですけど、「ごめんなさい、私、筋肉質な人は嫌いなの。」とか言われて振られるというオチでした(笑)。

次がメインステージに移って、すばるバンドの「ONE」
この曲も、私が、音楽的な意味で関ジャニ∞に興味を持つきっかけにもなった曲だし、初めての東京ドームのライブで生を聴いて、涙が出そうになるくらい感激した曲だったので、本当に嬉しかったです。
丸ちゃんは、たぶん味の素スタジアムでもラストのバンドの時に着ていた豹柄の上着とデニムの短パンで腰にスカーフ?を巻き付けた姿で、めちゃかっこ良かったですし、スクリーンには以前の「ONE」の映像も流れていましたけど、演奏も歌も、確実にクオリティが高くなっていると感じました。
…8周年の東京ドームで、再び、この曲をやるというのにも、ちょっと意味を感じたなあ…。

続いては、「ミセテクレ」「Do you agree?」「Eightopop」…この流れは、味の素スタジアムと同じで、最近では定番とも言えると思うんですけど、センターステージで、丸ちゃんとヤスくんが2人で向かい合って演奏してるのが、とっても素敵でした…もうちょっと近くで見たかったなあ…。

そして、センターステージでのりょうちゃんの挨拶。
ここまで来れた感謝の気持ちと、これからも応援してもらえるグループでいたいっていうような話をしていました。
全体を通して、やっぱり、追加公演でドームが出来るという環境に、みんな、感謝しているという空気が伝わってくるようでしたし。

そして、ラストは「大阪ロマネスク」
歌っている間、スクリーンには、メンバー一人一人がエイターに向けたメッセージが流れて、歌い終わった後には、∞からエイターに向けた感謝のメッセージも流れ、しみじみと胸に響くような余韻の残るエンディングでした。

アンコールは、「もんじゃいビート」と「ひとつのうた」
外周を二手にい分かれてトロッコで1周したと思うんですけど、丸ちゃんは、この時に限らず、サービス精神旺盛で、絶え間なく色んな団扇にリアクションをしていて、この時には、ひなちゃんがそれを真似したらしくめちゃくちゃな動きをしていたのがスクリーンに映し出されて、面白かったです。
もちろん、いつものひなちゃんによる「拍手」と、会場が一体になる「手繋ぎ」もあり。

ダブルアンコールは「ズッコケ男道」
この時は、みんな散り散りになっていて、ひなちゃんが外周を走り続けているのをりょうちゃんが追っかけて走ったりとか、花道から降りているメンバーも多かったし、とても楽しそうでした。
帰り際には、何故かすばるくんとたっちょんが「もう、しません。」と言って深々とお辞儀をしていたり、面白かったです。

で、さらにエイトコールは鳴りやまず、トリプルアンコールで出てきてくれたんですけど、何故か、ヤスくんはカラーコーンをかぶっていて、すばるくんはヘルメット、丸ちゃんは着ぐるみのアライグマの頭、たっちょんは白雪姫の頭をかぶろうとするものの入らなかったようで、あと、ひなちゃんとりょうちゃんは、上半身裸だったんですけど、ヨコちょが「もう、色々面倒臭い。」と言うのに対して、すばるくんが「一つ一ついじってください。」と言い出して、ヨコちょが一人ずつツッこむことに。

まずは丸ちゃんだったんですけど、頭をかぶったままなので、何を言っているのかよく分からず、「何を言ってるか分からん。」って感じになったんだったかなあ…。
次がすばるくんで、とっさにあったものをかぶったので、何も考えてないっていうオチになり、ひなちゃんは、その前のダブルアンコールで外周を3周できなかったっていう話をしたんですけど、ひなちゃんの裸はバブーンで見慣れてるので終わりということになり、たっちょんは、白雪姫の頭が入らなかったことへのツッコミがあって、その隣でカラーコーンを立てて交通整理の真似をしていたヤスくんには、すばるくんとネタがかぶってるから終わりということになって、最後のりょうちゃんが面白いことを言ってくれるっていう期待をしょったんですけど、結局、出てこなかったっていういうオチで、さらに、ヨコちょにもボケてもらおうということになり、持ってきた小道具を並べて何かしてもらおうとしたんですけど、ヨコちょがもたもたしている間に、時間切れになったのか、見かねたのか、「あおっぱな」の演奏が始まるという流れに(笑)。

「あおっぱな」の間も、ひなちゃんは外周を走り続けていて、結局、3周走れたみたいです。
すばるくんは、しばらくセンターステージであおむけになって倒れていたのが、印象的でした。
帰り際には、メインステージで持ってきた小道具を一緒に並べたり、丸ちゃんの言葉をたっちょんが繰り返したりして、面白かったですし、最後の最後に、丸ちゃんが「さよならは言わないよ、また会えるから。」って言って去っていったのが、めっちゃかっこ良かったです(*^^*)。

∞くんたちへ
本当に楽しい時間をありがとう。
私にとっては、今回のツアーはこれで終わりになると思うけど、まだまだツアーは続きます。
最後まで、完全燃焼で走り切って、8周年の思い出を、たくさんのエイターの心に刻んでいってください。
そしてまた、ライブで会える日を、とても楽しみにしています(*^^*)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する