2012-09-18 12:56 | カテゴリ:ライブ
2日目行ってきました。
今回は、上層北スタンドだったので、当然、かなり高い位置で、メインステージもかなり遠かったんですけど、バックステージはほぼ真下に見えましたし、全体を見渡すことができたので、これはこれで、良かったかなあって思いました(^^)。

詳しい感想は続きから。
今回は2日目なので、1日目とは違ったところや気付いたところを中心に書いています。
このブログを初見の方は、9・15の方から読んでいただいた方が、分かりやすいと思います。

尚、ネタばれありありなので、これから行かれるという方はお気を付けください…というか、ネタバレしたくない方は、先に進まないでください。
大丈夫だという方だけどうぞ。

また、いつものことながら、自分の記憶だけに頼っているので、抜けているところや、順序が違っていたり、あいまいな部分も多々あると思いますし、全体を見ているつもりではありますが、気がつくと、どうしても丸ちゃんに目が行っているので、その辺りは、ご了承ください。
雰囲気だけでも感じてもらえれば、嬉しいです。


オープニング映像についての補足なんですけど、八田商店にヨコちょが入ってくるところから始まり、ヤスくんがかき氷を食べようとするシーンに変わり、りょうちゃんが射的をしていて、たっちょんが床でタバコの箱のようなものでドミノを作っているんだけど倒れてしまってしょげているシーンになり、すばるくんが「初めてのウクレレ」みたいな本を読みながらウクレレを練習していて、丸ちゃんがソファに寝転んで「蝉」っていう図鑑を読んでいるというところから始まる感じで、ラストは7人が並んでとぼとぼ歩いているところから、LIVEの映像に切り替わって始まるという流れです。

で、今回は、1曲目と2曲目の「大阪ロマネスク」と「無責任ヒーロー」は1日目と同じだったんですけど、3曲目に「ズッコケ男道」がきて、4曲目が「T.W.L」で、それに伴い、メンバーの動きも少し変っていて、「T.W.L」はデコレーションカーに乗ったままでしたけど、上層スタンドから観ていると、客席全体がタオルを振っていて、それはもう圧巻で、とてもきれいでした。

そして、みんながメインステージに戻っての挨拶。
丸ちゃんは、いきなりの「パーン」でした(^^)。

バンド曲は変わりなしで、補足すると、丸ちゃんは、二日間とも、「愛でした。」の後で、ベースギターの交換をしていました。

エイトレンジャーも、1日目は時間制限が30分だったんですけど、今回は20分に変更されていて、ナスの単独パフォーマンスのくだりが、がっつり削られていました…。
で、1日目は肉眼で見上げていたので分かりにくかったんですけど、今回はオペラグラスとスクリーンで良く見ると、確かに、丸ちゃんは、上から下りてくる時に、両手でロープにしがみついていて、めっちゃ顔が引きつってました(笑)。

あと、白雪姫と一緒に全員で踊るダンスはとても素敵でしたし、「通りすがりのおっさん」が登場するのは、オオカミの軍団が出てきてからで、「人を食べたらアカン」とか「食べたら血出るやろ」とか関西弁でしゃべってて、やっぱり面白かったです。

それと、1日目にあやふやだった部分のキャッチコピーは、グリーンが「君のハートを狙い撃ち狙撃族」、レッドが「響く美声プライスレス」、イエローが「情け無用の黄金刀」で、ブラックはグリーンが戦っている時に後から出てきて助太刀をするだけで、キャッチコピーはなかったみたいです。

オレンジの対決は3ラウンドで、1ラウンド目は覚えていないんですけど、2ラウンド目が映画館の予告前後に良く流れる「映像泥棒」の動きで、オオカミが思わず笑ってしまい、「今夜は良いお酒が飲めそうだ。」と実況されたんですけど、3ラウンド目はサンマを焼いていて団扇を叩きつつ、最後に「パーン」ってやったものの、あまりウケず、2回目を3回目を間違えたと実況されていました(笑)。

バブーンが現れて、ナスらしき誰か?がいじられるところも、ちょっと短かったような…。

で、「ER」の後、バックステージで「イッツマイソウル」なんですけど、この時、丸ちゃんが、レンジャー服の上半身だけを脱ごうとして、袖がなかなか抜けなくて、歌いながら困っていたのが、可愛かったです(^^)。

「CoolMagicCity」は、やっぱり一緒に振りを踊れて、楽しかったですし。

MCは、まず、雨が降らなくて良かったという話。
お昼にざっと来たらしく、そのおかげでTシャツが売れたという話も(笑)。

そこから、丸ちゃんの対決の話になって、すばるくんは、3ラウンド目でサンマを使った時に、丸ちゃんが(笑いを)置きに来たと思ったらしく、1日目にもマグロの解体のギャグがあったので、アウトにしたんだとか。
で、たっちょんが、丸ちゃんは「しゃけ」が好きっていつも言っているのに、「しゃけ」のギャグがなかったって言いだしたところから、団扇にも、そういうフレーズの物が多いという話になって、丸ちゃんがいちいちそれに反応した動きを見せるので、「しゃけ」と「セミ」と「サメ」の3枚を持ってる人とかもいたらしく、そんな時はどうするかっていうのを、丸ちゃんが実演したりしてました(笑)。
たぶん、そういう創作団扇は、丸ちゃんの物が一番多いんじゃないかということらしいです(^^)。

そして、ヨコちょがこういう場所でしか聞けないからというので、ひなちゃんに「ちーちゃん」の話を聞こうとします。
なんでも、楽屋でいきなり、「ちーちゃん、元気か?」って、ヨコちょがひなちゃんに聞くのも変だろうということで…。
「ちーちゃん」は、「マンチカン」という種類で、まだ3ヶ月なんだとか。
前日もひなちゃんが帰ったら、ちーちゃんにあくびをされたそうで、水をあげたら、すごく飲むんだけど、餌を全然食べなくて、水ばっかり飲んでいるので、餌を勧めるものの、全然食べないから、「もう知らん!」ってなったっていう話をするひなちゃん。

「ちーちゃん」を可愛いと思った時のベスト3は、3位が飼い始めた日に自宅に帰ったら、箱の中からどうしていいか分からずに、ひょこっと顔だけ出していたところで、2位は小さな隙間とかに入ってしまうので分かりやすいように鈴を付けたら、それが気になったらしく、ずっと鈴を取ろうとしていた仕草、1位は身体を洗おうとしたものの、なかなかじっとしていなくて、挟み込んで洗った後に、ひなちゃんが大丈夫か?って覗きこんだら、困ったような顔をしていて、それがめっちゃ可愛かったんだとか。

あと、ベストアルバムの発売(10月17日)と追加公演の決定…東京ドーム(11月10・11日)と京セラドーム(12月30・31・1月1日)のお知らせ。
ベストアルバムの特典には「∞祭」と、罰ゲームの「微笑みデート」の映像が付くんだそうで、「∞祭」は300分くらいあるんだとか。

で、MCの際に、ちょっとしたハプニングがありまして、当日、近くでお祭りがあったらしく、ちょうど花火が上がったらしいんですね。
私の所からは見えなかったんですけど、バックスタンドからは良く見えたらしく、思わず歓声が上がってしまい、ステージの上でも何のことか分からず、MCが中断するということがあって、メンバーが何があったのかを聞くものの、みんなが一斉に声を上げるので、声が反響して、よく分からず、結局、花火が上がったからということが分かり、「コンサートを観に来てるんやろ…」って感じで収束したんですけど、あまりのどよめきに、すばるくんが「うるさい!」って声を上げたところ、丸ちゃんが「ちなみに、うるさいっていうのは五月蠅って漢字で…」と話し始め、「そんなんええねん。」ってツッコミが入って、ちょっと場が和む…というようなことがありました(^^)。

MCが終わっての「クルトン」「ブリュレ」「Dye D?」は、遠かったですけど、全体のフォーメーションや映像がきれいに見えて、とても素敵でした。

その次のメドレーでは「Dreamin’Blood」が削られていたのと、「All Of Me For You」がなくなっていたのが、ちょっと残念でしたけど…。

ひなちゃんの、メインステージいっぱいを使ったおばちゃんコント?(笑)も、全体が見れて面白かったですし、「TORN」はバックステージが良く見えたので、本当にかっこ良かったです。
「山田」は、やっぱり可愛かったですし、。
で、「あおっぱな」は、1日目は気付かなかったんですけど、バンドメンバーが準備をする為か早く退場して、最後は年上3人組になるんですね。
3人が左右とセンターに散らばってスポットライトを浴びている様子も、なんだかとても良い情景でした(^^)。

バンドセッションも、ちょっと短かったような気はしますけど、やっぱり、花道を、ベースを弾きながら歩く丸ちゃんは、最高にかっこいいです…もう、何度もスタンドから観たことのある情景なんですけど、何度見ても、その姿には惚れ惚れします…(*^^*)。

最後のりょうちゃんの挨拶も、それに続く「BJ」も、本当に感動的でした。

アンコールは、「マイホーム」の後、1日目の「好きやねん大阪」から、今回のオープニングアクトで外されていた「急☆上☆SHOW」に代わっていて、続けて「もんじゃいビート」。

「マイホーム」では、とってもかっこ良くベースを弾いていた丸ちゃんだったんですけど、肩からベースを降ろした途端に、変な動きを始めたみたいで…まあ、このギャップがたまらんのですけどね…「なんだ、この人?」みたいな…(笑)。

で、今回はダブルアンコールもあって、最初が「無限大」…スクリーンに最初のセリフの文字が次々と映し出された途端、また泣きそうになりました(^^;)。
やっぱり、「無限大」はアンコールの定番っていう印象があったし、最近のライブでは、聴けないこともあったので…。

そして「ひとつのうた」。
この曲で、山田が連続して歌う部分があるんですけど、仲良く寄り添った感じで歌っていて、遠い距離で見ていたんですけど、とっても微笑ましかったです(^^)。

最後に、7人並んで、「僕たちは、ここから、ツアーに行ってきます。」という話があって、それぞれが口々に「行ってきます。」というのに対して、客席から「いってらっしゃい。」っていう返答があって、それはすごいものだったんですけど、ふと、私が関ジャニ∞のライブに初めて参加した「47」コンの横浜アリーナのことを思い出しました。
「47」コンの時も、横浜アリーナが最初の場所で、私が行ったのが、4日間あったうちの最終日だったので、その時も、今回と同じように、「僕たちは、ここからツアーに行ってきます。」って言っていて、「また帰ってきますから。」と言っていたのを記憶しているんですけど、当時と比べたら、そのスケールとかレスポンスの違いは明らかで、本当に、彼らがすごく大きくなったんだなあということを、改めて感じさせられました。

あと、最後の退場間際に、丸ちゃんが「パーン」をしようとしたんですけど、ヨコちょに先を越されて、「パーン」ってやられてしまって、もう一度、「パーン」ってする振りをして投げキッスで退場していったのも、可愛かったです(*^^*)。

すべて終了した時点で、3時間15分、1日目よりは短かったですけど、ダブルアンコール曲が大きなポイントにもなっていたし、時間調整の為に、構成が少し変わったのかなあという気がしました。
場所が場所だけに…というか、もともと、コンサート用に作られた施設ではないので(^^;)…混雑がすごかったし、規制とか色々大変なのかもしれないですね…。

∞クンたちへ
本当に楽しくて、感動的な2日間でした。
素敵な時間をありがとう。
まだまだツアーは始まったばかり。
体調に気を付けて、年末まで、走り切ってください。
次は、アリーナで会えると嬉しいけれど、せめて、もう一度、東京ドームでは会いたいなあ…。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する