2012-05-25 17:00 | カテゴリ:ドラマ
「パパドル!」第5ドル

今回も、辛口になると思いますので、大丈夫な方だけ、お付き合いいただければと思いますけれど…。

りょうちゃんがメンバーに結婚の告白をする場面は、ちょっとリアルでドキドキしました(*^^*)。
最初は全員がりょうちゃんの話を聞いているわけではなかったり、ひなちゃんがなんとなく場を収めようとしたり、ヨコちょだけが浮かない顔だったり、丸ちゃんの気遣いだったりというのは、彼らの雰囲気がうまくつかめているなあって気がしました。

事務所でチーフマネージャーと対峙する6人の場面も、すごくリアルに感じたし、みつるさんの言うことも、的を得ているなあって思いました。

でも、メンバー側からりょうちゃんの気持ちを考えるというのは分かるし、ヨコちょがあえて一人で悪役を引き受けるというシチュエーションも分からないではないけど、メンバー全員での話し合いじゃなくて、ヨコヒナだけの会話で終わって、後のメンバーに関してはセリフで省略とか、そんなに簡単に済ませるものでもないと思うんだけど…すばるくんなんて、席を立つくらい怒ってたのになあ…。

で、家族のシーンに至っては、あまりにも現実的じゃないんですよね…サングラスをかけたりょうちゃんが、大勢のファンに取り囲まれていたはずなのに、次のシーンでは、お好み焼き屋で家族5人で静かに座っているとか、それこそ、変装もせずに、大阪城とか通天閣みたいな観光地で、普通に家族で記念撮影していたりとか…大阪で、「国民的アイドル」という設定では、そんな状況でいられるはずがないと思うんだけど。

それに、遥さんが、どうして、実はシークレットライブはあるというのが分かったのかとか、りょうちゃんが無理して旅行に付き合っていると思ったのかとか、その辺りが全然伝わってこないし、りょうちゃんも、なぜ急に思い直したのかという心の動きが全然分からなくて、りょうちゃんが6人を前にして、すごく良い演技というか、そこは、りょうちゃんの本心じゃないかって感じられるくらい良い場面だっただけに、もったいないなあって思いました。

前回も感じたけど、その辺りの登場人物の心境の変化というのが、あまりにも短絡過ぎて、残念ながら、心に響いてこないですよね…。

これからは、メンバーがりょうちゃんの味方になって、ドタバタに巻き込まれると面白いと思うんですけど…えなりくんは面白いと思うけど、コメディの部分が、やっぱり、あまり感じられないので…ここから、何とか、盛り返してもらいたいです。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。
【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する