2012-05-14 08:56 | カテゴリ:スバラジ
スバラジ」のまとめ書きは続きから。


「5月12日ですか。三日前ですね、また。9日で、今日は。あ、今日は、横山氏の誕生日ですよ。31歳に。僕も今年ですよ、同い年ですから。年々、物忘れが激しいんですよ。今日、ここ来る時も、毎回、曲を何かけようかって考えて紙に書いてくるんですけど、書いた紙を、家出る時に、家出る直前に書いて、テーブルの上に置いてたんですけど、なくなってるんですよ(笑)。誰かおったんですよ、絶対。」って言うすばるくん。

さらに、仕事の移動中にイヤホンして音楽を聴いてるんだけど、そのイヤホンが昨日辺りからなくなって、カバンとかどこ探してもないというすばるくん。
「で、誰でも経験あると思うけど、靴下が片っ方だけなくなったりするでしょう、何なんやろ、あの現象って。」って言うすばるくん。
でも、捨てるわけにもいかなくて、ここ最近天気が良かったので、あんまり外に干さないんだけど、久しぶりに洗濯して干していたら、エアコンの室外機の裏に靴下があったと話すすばるくん。
「もうほこりまみれ、ぐちゃぐちゃになったやつ出てきて、うわ、こんなとこにって。それでまたそれ洗濯して。」って言うすばるくん。、

「あれは天使のいたずららしい」と言われて、「いや、あると思うわ。ちっちゃいおっさんか誰かおって。いたずらっ子が多いですわ、うち。」って言うすばるくん。
イヤホンとか紙も家に帰ったらどこかにあって、うちでは、今頃、パーティやってるんじゃないかと話すすばるくん。

1曲目は、すばるくんには3歳上のお兄さんがいて、結構、影響受けてたんやなあと思うことがあるそうで、釣りもそうだし、お兄さんがスピッツが好きで、すばるくんもよく聴いていたんだけど、そのお兄さんの小学生になる娘さんの名前にもなっているという曲。
スピッツ「楓」

浅草の近くの蔵前のお好み焼きのお店の名前が「くわちゃん」で、「スーパーくわちゃん焼き」というメニューがあったというメールに、「いいですね。」と喜ぶすばるくん。

親睦会の旅の栞を送ってきてくれたメールに、「これはありがたいなあ。」と言うものの、「ただね、京都、ちょっと遠いなあ。」って言うすばるくん、スタッフのチケット代とか考えると、ちょっときついんだとか。
でも、とても気に入ったようで、ホームページにアップしたいというすばるくん。

ペットの餌って、誰基準でおいしいと判断して販売してるんでしょうかというメールに、「これは、そうやなあ。誰基準って、犬や猫基準なんじゃないですか…人間が食べておいしいう

んぬんじゃないでしょうね。」って言うすばるくん。
「おいしいであろうという人間の勝手なエゴですよ。犬とかおいしいと思って食べてるかどうか分かりませんからね。おいしいとか言いませんからね、あいつらは。出したら出した分だけ食いますから。」って言うすばるくん。
「犬猫の気持ちは分からないですからね。これはでも言われてみたらそうですね。まあ、でも、それを買うのも人間ですから。」って言うすばるくん。

大人的な料理を食べれますかという高2の人からのメールに、「大人的な料理ってなんやねん。」って言うすばるくん。
「めっちゃざっくりしてるやん。お前の大人と俺の大人、ちゃうからな。」って言うすばるくん。
分かりやすいので言えば、すしのワサビ抜きかどうかで、「ここ2、3年ですよ、僕、ワサビ食えるようになったん。」って言うすばるくん、それまでは、絶対、お寿司はサビ抜きだったんだとかで、今はワサビがないとダメなんだそうです。

で、どういうのが大人な料理なのかを考えるすばるくん、お酒のおつまみ的なものは、すばるくんは昔から好きだったんだそうです。
でも、キノコ類は一生ダメだと思うんだそうで、トマトは大好きだけど、プチトマトはダメで、トマトのパクリだし、プチってなったら売れるだろうという考え方が嫌いなんだとか。

2曲目は、ザ・ブルーハーツ「千のバイオリン」

「天使のおなら」のコーナー

校長先生が言った言葉「私にとっては、失敗じゃなくて、成功までの過程なんだよ。」
「良い言葉ですけどね。名言じゃないですか。こんな良い言葉を「おなら」とするのもどうかと…」

卓球部の顧問の先生が言った言葉「中学生の頃は悩みごとなんてなかったよ。卓球やってれば幸せだったもん。」
「へええ。ただの、そうですね、卓球馬鹿ですね、これは。」
ちょっと微妙で、良い言葉だけど、「天使のおなら」までは行かないとか。

お好み焼きがおいしくないお母さんの言葉「他のおいしいものを思い浮かべて食べなさい。気持ちは自分だけの調味料なんだから。」
「なかなかですよ、これは。…これはちょっとそこまでかな。」

転んであばらを折った歴史の先生の言葉「転ぶって怖いですね。」
「どういうこと、どういうこと?」
「転んだだけであばらを折ることもあるって深い言葉ですよ」と言われるものの、ちょっと納得がいかないすばるくん。
「これはちょっとしっくりこないな。」

以上ということで、「なるほど、なかなか、ちょっと、こんな真面目な感じやったかな。良いんですけどね、たまにはね。」って言うすばるくん。
友達がぽろっと言った名言の方が好きだというすばるくん。

3曲目は、オアシス「ライラ」

ラストの言葉は、「京都には行きません。」

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する