2012-03-12 07:07 | カテゴリ:スバラジ
あれから1年ですね。
ドームには、行けなかったけれど…。
まだまだ日常を取り戻せていない方もたくさんいらっしゃるでしょうし、終わりではなく区切りだということ、そして、私自身は、この日常に感謝しながら、いつまでも心に留めておきたいと思います。

スバラジ」のまとめ書きは続きから。

拍手&拍手コメントありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

「ハローワーク」の丸ちゃん、素敵でしたね(*^^*)。
是非、続編が見てみたいです。


「あのー、行ってきましたよ。」と話し始めるすばるくん。
渋谷AXのクロマニヨンズのライブに行ったそうで、めちゃめちゃ良くて、最高だったというすばるくん、楽屋にも挨拶に行って、「おお、来たか、来たか。」と言ってもらい、5人目の仲間が来たよみたいに、ヒロトさんが言ってくれて、うわあと思って、「頑張ってください。」って言ったんだとか。
で、クロマニヨンズのレコード会社の担当の方がいて、仲良くさせてもらってるらしいんですけど、その日のライブが、今までで一番良かったと言っていて、すごいなと思ったんだそうです。

さらに、クロマニヨンズの女性マネージャーの方も、良かったとかかっこいいじゃなくて、ただただすごかったって言うぐらいで、「すごいライブ見ましたよ…ヒロト、やっぱり、バンドのボーカル、フロントマンって、やっぱり顔ですよ、バンドの。もちろん、マーシーもそうですけど、やっぱり、ヒロトですよ。がね、やっぱりフロントの奴が、あれだけやってたら、相乗効果ですよ。全てがやっぱり良いですよね。」と熱く語るすばるくん。
「あれは間違いなく伝説やと思うわ。で、ここからは、俺の推測やし、あの場にいた客が誰もが思ったかもしれんけど、俺が勝手に思ってることは、たぶん、俺が来たからやってこと(笑)。それは、俺、勝手に思わせて。それ、自由でしょ。俺が行って、挨拶したから、ちょっと頑張ろうって思いはったんやなっていうのが、全くないとは限らへんということですよ。0.001パーセントでも、俺の要素が入ってるからって考えたら、めちゃめちゃ嬉しいですよ。」って言うすばるくん。

さらに、「エイトビート」の時に2階席で見ていたすばるくんにヒロトさんが手を振ってくれたと主張して、「絶対、俺やねん、あれ。」って言うすばるくん。
で、中学の頃からヒロトさんのファンだった話を熱く語り、「そっから始まってるんですけど、やっぱりね、必然。意味のないことなんて絶対ないと思うけど、世の中、何してたって、絶対いつかは出会うことになってたんだと思うんですよ、僕とクロマニヨンズ。絶対そう思いますわ。それが、たまたまブルーハーツじゃなく、ハイロウズじゃなく、クロマニヨンズと関ジャニ∞やったという、そのタイミングやっただけであって、すごいものを感じますよね、最近。そういう出会いがあって、足運んで色んな人と出会って、環境が変わっていってってなったら、やっぱり、環境変わると、人間変わるなと思いますわ(笑)。」と言うすばるくん。

…本当に、すばるくんがヒロトさんに、すごい影響を受けてるんだなあというのが、ひしひしと伝わってくるようでした…。

1曲目 ボブマーリー&ザ・ウェイラーズ「ジャミング」

ラジオ体操の話題で、小学校の時には欠かさず行っていたというすばるくん。
「ラジオ体操って、なんなんやろな、そもそも。別に、もっと良いストレッチいっぱいあるやろ(笑)。」

2曲目 ブルーハーツ「リンダリンダ」
「これ、僕の友達の女の人、にしても、40代のおばはんなんですけど、がね(笑)、この間、しゃべってて。」と話し始めるすばるくん。
その人が高校時代に初めて告白された時の告白のされ方が、このCDを渡されたという話を聞いて、「気持ち悪って言うたってん…なんやねん、その話って言うたったんですけど。」って言うすばるくん。

「この後何何」のコーナー

チェッカーズ「I LOVE YOU サヨナラ」
歌を聞きながら、途中から一緒に歌いだして、「ほら、歌えるもんな、俺。」って言うすばるくん。
出だしも穴埋めだということに抗議するすばるくん。
軽く歌いながら答えを出していくすばるくん…やっぱり、きれいな歌声です。
2か所とも正解を出して、「おお、すげえ。」と自分でも驚くすばるくん。
フミヤさんの歌詞だと知り、「さすが。」と言うすばるくん。

中島みゆき「しあわせ」
「空と君との間には」とかの力強いイメージしかなかったらしく、全然違う歌い方にびっくりして、「こんなん知らん。え、そういう感じの人なんや。」って言い、そっちの驚きの方が凄いというすばるくん。
正解に近いことをいくつか出して、ようやく正解にたどり着き、「ああ、そういうことか。」って言うすばるくん。
「願いなんて捨ててしまうこと」という歌詞を聞いて、「ハア、これはすごい歌だ。」って言うすばるくん。
でも、歌い方が馴染まないんだとか。

すばるくんは、このコーナーが、かなりお気に入りのようです。

3曲目 セックスピストルズ「アナーキーインザUK」

ラストの言葉は、「願いなんて捨ててしまえ。ウフフ(笑)。」

【ジャンル】:アイドル・芸能 【テーマ】:関ジャ二∞
コメント(0)

管理者のみに表示する