FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.11 (Fri)

レコメン 11・10

ヒルナンデス木曜日
奄美大島のロケを観て、ヨコヒナは、すっかりロケに慣れてきたなあっていうのを感じました(^^)。
スタジオでのヨコちょのMCも板についていて、かっこ良かったです…野菜探偵、マジでドラマ化してくれないかな…(^^)。

「レコメン」の抜き書きは続きから。
ルーレットトークが面白くて、ちょっと長くなりました。

拍手&拍手コメント、ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。

モンじゃい・ビートのPVは、丸ちゃんが主体で進んでいくということらしいので、とっても楽しみです。(*^^)v

丸ちゃんは、本当に、雑誌ごとにイメージが変わったりするので面白いというか…(^^)。
「cinema・cinema」の記事もカッコいいですよね(*^^*)。

「KICK」は、私もすごい好きです。
丸ちゃんの歌声も素敵だし、PVもめちゃかっこいいですね(*^^*)。

新しい方のコメントがあると、丸ちゃんファンが増えているんだなあっていうのが実感できて、本当に嬉しいです。\(^0^)/


【More・・・】

「今、私は、腹筋マシーンを付けながら、ラジオに臨んでおります。」と言うヨコちょに、「あんた、今やってんの。」って言うひなちゃん、「今、やらさせていただいてます。」って言うヨコちょ。
「だから、会話中、たまに、ウッてなるかもしれませんけども、ご了承願いたい。」って言うヨコちょに、「トレーニング中やからね。」って言うひなちゃん。
「やっぱ、楽して痩せたいので。」って言うヨコちょに、「言うてしまいましたね。」って言うひなちゃん。
4日間続けて、ちょっと変化があったっていうヨコちょ、筋肉痛には、すごくなるんだそうですけど、ライブでひなちゃんやりょうちゃんやすばるくんがすぐに脱ぐのを見ながらも、いつもは自分のお腹と相談してやめようと思ってしまい、羨ましいと思っていたので、脱げるようになりたいんだとか。

これまで脱がなかったのはヨコちょと丸ちゃんとたっちょんだったけど、たっちょんは、今年、すごく体を作っていると話すヨコちょ。
で、「マルなんか、あの我がままボディを全然恥ずかしがらへんから。」って言うヨコちょに、「マルなんか、最近、なかなかですよ。」って言うひなちゃん。
「たるんでるやろ。」って言うヨコちょに、「はい。」って言うひなちゃん、「全然、でも、あの子、恥ずかしがらへんやん。」って言うヨコちょ。
「なんか、タンクトップ着てる時あったじゃないですか。」って言うひなちゃんに、「マルのタンクトップ姿って、逆にエロいんですよ、なんか。」って言うヨコちょ。
「なんやろね、あれ。」って言うひなちゃんに、「ポアンとして、プニョっとして。」って言うヨコちょ、「タプンタプン感がね、お父さんみたいになってきましたから、あの子。」って言うひなちゃん。
…あれ? 丸ちゃん、最近は、またシュッとなってきたと思うけど…丸ちゃんって、案外、着痩せするからなあ…(笑)。

北海道は脱ぐのを諦めているけれど、東京ドームに標準を合わせているというヨコちょに、「計算されてますねえ。」って言うひなちゃん、「この完璧なボディをパッと見せて、それで、あ、あの子ボクサー役イケるんじゃないかみたいなこと…」って言うヨコちょ(笑)。

腹筋マシーン40分が終わったら、1回やらせてって頼むひなちゃん。
実はもうしんどくなっているんだけど、ラジオでネタにしてやればできるんじゃないかと自分を鼓舞してやっているというヨコちょに、「プールは?」って聞くひなちゃん。
「プールはもうやめました。もう、申し訳ない。」って言うヨコちょに、爆笑して「お疲れでした。」って言うひなちゃん。
ジムのお金も払ってるんだけど、1か月無駄に終わったっていうヨコちょ、2か月行かなかったら、もう退会するんだそうで、正直、忙しくて、ジムに行けないんだとか。

「宇宙に行けるとしたら、どの星に行きたいか。」という質問に、「地球でええ、俺は。ごめん、地球でええ。」って言うヨコちょ。
月に行ってみたいとか思わないし、「いいわ。」って言うヨコちょに、「訓練しなアカンしな。大変やろ。」って言うひなちゃん。
「地球でええ。大阪でええ。」って言うヨコちょに、「うん、大阪がええな。」って言うひなちゃん。
「大阪でおらして。」って言うヨコちょに、「分からへん、宇宙のこと、全然。」って言うひなちゃん。

「村上くんの給料は、ナンボのもんじゃい。」という質問に、「言えるか、そんなん。」って言うひなちゃん。
「お願い、言うて。俺も知りたい。」って言うヨコちょに、「なんでやねん…そんなないです。」って言うひなちゃん。
一番上の数字をしつこく聞くヨコちょに、「アカン、アカン…あんた、変わらへんでしょ。」って言うひなちゃん。
「ちゃうで。そんなないで、俺。」って言うひなちゃんに、「そっか、夢あるわ。頑張ります。」って言うヨコちょ、「いやいや、変わらへんて、お前。」って言うひなちゃん。
「お前がここで言うから、めっちゃもろてるみたいになってるけど、実際問題、知れてるやんか。」って言うひなちゃん。

とっておきニュースは、ニューアルバムの告知。

テレビガイド、来週は関ジャニ∞が表紙だそうです。

「初めてコンサートや舞台に出た時のエピソード」という質問に、「キンキさん。」と答えるひなちゃん、「覚えてないわあ。キンキさんやったかなあ。」って言うヨコちょ。
初めて雑誌の取材を受けたのはウィンクアップで、横浜アリーナだったというのは覚えているっていうヨコちょ。
オーディションの日にも、カレンダー撮影があったので、映ってしまえという感じで撮ったっていうのも覚えているっていうヨコちょ、違う所に3人くらいで連れていかれたので、「受かったなあ。」って思ったんだとかで、「ちょろいもんや。芸能界、こんなもんか。」と思ったんだそうです。
で、「長かったなあ、でも。全然、仕事なかった。後輩、抜いていく抜いていく。」って言うヨコちょに、「ごぼう抜きやからな。」って言うひなちゃん。
「早かったわあ。一番焦ったん、カトゥーン出た時。」って言うヨコちょに、爆笑するひなちゃん。
「あれ、焦ったな。」って言うヨコちょに、「あれはすごかった。」って言うひなちゃん。
「あれはすごかったわ、ホンマに。」って言うヨコちょに、「当時の俺らはな、年齢もちょっと上やったし。」って言うひなちゃん、「ニュースやカトゥーンがパーンって行ったのは、怖かったなあ、あれ。」って言うヨコちょ。

当時、少クラで、ドリームボーイズの流れで、良く闘わされたっていう話をするヨコちょ、カトゥーンが紹介されると、会場がわ~ってなって、「割れる歓声って、ああいうことやな。」って思ったんだそうで、めっちゃ出づらくて、「関ジャニ」って言われても、ヘラヘラしかできなかったとか。
「お客さんのキャーをかき消したかのように、自分らで大きい声出すねん。歓声なってますよ、でも、僕らの声が大きいですよって、自分に言い聞かせて。」って言うヨコちょに、「勢いだけで行ってたよね、ホンマに。雲泥の差やったからな、歓声が。」って言うひなちゃん。
「今やから言うけど、カトゥーン歌ったら、ものすごいかっこええ歌歌うやん…その後、俺ら、なにわいろは節歌って、当時は、やっぱり、嫌やったんやな。」って言うヨコちょに、「なんかな、違いが明確に出るから。」って言うひなちゃん。
「今でこそ、やっぱり良さっていうのが、俺らも大人になって分かるけど、当時は、やっぱりな。」って言うヨコちょに、「あったねえ。」って言うひなちゃん、「輝ける舞台へ立とうと思った瞬間やな、それこそ。」って言うヨコちょ。
当時、舞台やコンサートばかりで、1年に300ステージくらい立ったことがあったっていうヨコちょに、「あったねえ、そういう時も。」と言うひなちゃん。

「結婚したら、どんな家族にしたいですか。」という質問に、「子供は欲しいよね。」って言うヨコちょ。
女の子が出来たらどうなるんだろうっていうヨコちょ。
新山さんの子供にめっちゃ好かれているらしく、一緒にロケに行ったら、別れ際に泣かれたり、プレゼントしたぬいぐるみに「ゆうくん」という名前を付けているという話をするヨコちょ。
その話を聞いて、「めっちゃ可愛いなあ。」って言うひなちゃん。
「他人の子で、あんなに可愛いんやったら、自分の子、おそろしいわ。」って言うヨコちょ。

全国ゾーンで、ハイチュウみかんジャニ∞が発売された話になり、「是非とも食べてほしい一品ですね。」って言うヨコちょ。
「嬉しいね、自分らがパッケージになったりしてるから。」って言うヨコちょに、「ホンマやね。」って言うひなちゃん。
ツアーも近づいてきて、「すごい踊ってますからねえ。」って言うヨコちょに、「久々ですわ、こんな筋肉痛みたいなってるの。」って言うひなちゃん。
「俺、意外と踊ってないです、今回。」って言うヨコちょに、「え、マジで。嘘やん。」って言うひなちゃん、「ホントです、僕と丸山くんは、うまいこと。」って言うヨコちょ。
前の曲の都合とかで、途中参加があったりするんだそうです。
「とりあえず、みんなしんどそうな顔してるから、こっちもしんどそうな顔してる。」って言うヨコちょに、「あんた、結構、休憩してるんや。」って言うひなちゃん。
みんながしんどそうだと気を遣ってしんどそうな顔してるっていうヨコちょに、「ええよ、そんな気の遣い方。」って言うひなちゃん。
サビを歌ってるから、踊らずに歌ってくださいとか言われてるそうなんですけど、それでも、がっつり踊っているらしいです。

やらっちに振り付けをしてもらっているそうで、「やらっちってすごいな。ダンス好きやわ。」って言うヨコちょに、「好きや、こよなく愛してますよ。」って言うひなちゃん。
「楽しそうに踊るもんな、やらっちって。」って言うヨコちょに、「難しいで~。」って言うひなちゃん。
「やらっち、代わってくれへんかなって。むっちゃかっこええ、あんだけ踊れたら。かっこええわ、やらっち。」って言うヨコちょに、「だって、今回、みんなが苦戦してるところあるじゃないですか。あんなん、しばらくなかったですよ。」って言うひなちゃん。
「さらっとやるもんね。錦戸が、難しい言うたんやもん。」って言うヨコちょに、「ヤスもそうやしね。あんまりないですよ。」って言うひなちゃん、「むっちゃ練習してたもんな、出来へんって。」って言うヨコちょ。
「普通に練習せえへんかったら、おかしな動きしてるだけやもんな。あれ、踊れる人がやるから、かっこ良く見えるけど。」って言うヨコちょに、「ホンマ。」って言うひなちゃん。

「モテ期はいつでしたか。」という質問に、「色々な先輩方から言うと、30代前半が一番ええぞ。」って言われるというヨコちょ。
「まだ、これからちゃいますか。」って言うひなちゃん。
50歳でも、もてておきたいという夢があるというヨコちょ。

「もんじゃ焼について、何かしらの思い出。」という質問に、「俺あるで。」って言うヨコちょ。
東京で初めてもんじゃ焼を食べたのが、つばさくんと渋谷のセンター街でだったというヨコちょ。

「もんじゃ焼って食わんなあ。」って言うヨコちょ。
テリーさんとロケで食べたのが最後だというひなちゃん。
「美味しいねんけどなあ。」って言うヨコちょに、「機会がないよね。」って言うひなちゃん。
「もんじゃ焼食べに行くっていう発想がないわ。」って言うヨコちょに、「染みついてないから、そもそも。」って言うひなちゃん。
「自分の選択肢の一つにないもんな。」って言うヨコちょに、「ないなあ。」って言うひなちゃん。
ご飯を食べに行こうってなったら、焼き肉かお寿司、そばしかないっていうヨコちょ、焼き肉、お寿司、鉄板焼きで、たまに沖縄料理かうなぎっていうひなちゃん。
「イタリアンがなくなってきましたよ、だんだん。」って言うひなちゃんに、「イタリアン食わへんの。アマトリチャーナ。」って言うヨコちょ、「アマトリチャーナ、今年食うてへんのちゃうかな、下手したら。」って言うひなちゃん。

「うなぎ食いに行こうって、東京やなって思うわ、発想が。」って言うヨコちょに、「なんかね、パッと食べて、さっと帰りたいんですよ。」って言うひなちゃん。
「カレーや、それは。カレーかラーメン。」って言うヨコちょに、「カレーはだって、作ったらええやん。」って言うひなちゃん。
「うなぎってないよな…だから、もう、東京のセレブ感、漂ってきてるで。」って言うヨコちょに、「ないない。」って言うひなちゃん。

先日もヤスくんとたっちょんとひなちゃんで高い焼肉屋さんに行って、ひなちゃんが代金を出してくれたという話をして、「ナンボ稼いではるんですか。」って言うヨコちょに、「一緒や。」って言うひなちゃん、「一緒じゃないよ、そんなん大金持ちがすることやもん。焼き肉、パッと奢ることなんか。」って言うヨコちょ。
その日は、ひなちゃんは先に家に帰ってたんだけど、食べに行く話になり、韓国料理か焼き肉かで、2人が近いのが焼肉屋だったので、そこにしたという話をするひなちゃん。
焼肉屋でも、個室のあるような所には行かないそうで、そういう所はヤスくんの方が良く知っているというひなちゃん。

うなぎのメニューのランクの話から、スタバのカップのサイズの言い方が分かりにくいというヨコちょ。
「それやったら、大中小でええやん。」って言うヨコちょに、「そら、日本の会社ちゃうからや。」って言うひなちゃん。
「日本や、ここは。せめてさ、ビッグとかスモールやったら分かるやん。グランデとか、もう賭けやで、一世一代の。」って言うヨコちょに、「なんでやねん、そんな賭けしてコーヒー飲みなや。」って言うひなちゃん。
「グランデであってくれ。これ、グランデであってくれって思うもん。今やから、グランデって言えるけどさ。行ったら、分からへんもん。」って言うヨコちょに、「最初は分からへんかったけどな。」って言うひなちゃん。
「なんて言うねん、こいつ、って思うもん。」って言うヨコちょに、「でも、もう覚えたやろ。」って言うひなちゃん。
スタバが好きだけど、そのことを思うとリスクが大き過ぎるっていうヨコちょ。
賭けになるぐらいだったら、中ぐらいのやつくださいとか自分なりの言い方をすればいいっていうひなちゃんに、アホやと思われるし、そういう人がいるんだから呼び方を変えてほしいというヨコちょ。
「大人はもうみんな慣れてるよ。」って言うひなちゃんに、「なんやねん、グランデって、どういう意味?」って言うヨコちょ。
「初心者の人が悩むところであって。次行ったら、恥かかんように覚えていかなアカンなって、次から言えるようになるんや。」って言うひなちゃん。

一番大きいのが「ベンティ」だと知って、「めっちゃ恥ずかしい。」と言って、全部のサイズを聞き、「ほら、こんなリスクあります?」って言うヨコちょ。
「こんな恥ずかしいこと出来へんわ。こいつ、ベンティ頼んだって思われるねんで。」って言うヨコちょに、「いっちゃんでかいの下さいでええやん、もう。」って言うひなちゃん。
「アホやん、東京の青山で、いっちゃんでかいの言うたら。」って言うヨコちょに、「ほんなら、覚えたらええやん。」って言うひなちゃん。
さらにぐずるヨコちょに、「ほな、コーヒー飲むなや、もう。」って言うひなちゃん(笑)。
「だから、変えたらええなっていう提案やん。みんな知らんやろ?」って言うヨコちょ。
「好きやねんで、俺。ホンマに、めっちゃ美味しいし。」って言うヨコちょ、「好きやったら、覚えたらええやんか。覚えな、しゃあない。」って言うひなちゃん。
「ちょっと恥ずかしいわ、やっぱり。また、こじゃれた人が多いねん、ああいうとこ行ったら。」って言うヨコちょに、「そら、そうや。」って言うひなちゃん。

CMをまたいでも、スタバ話を引っ張るヨコヒナ。
実は、ジャニ勉でもその話をしていたんだけど、忘れていたんだとか。
で、メニューを見ているらしく、「いっぱいあるね、やっぱり。」って言うヨコちょに、「だから、何回も行って、色んなやつ飲んで、これが一番好きやなっていうやつが見つかってくるわけでしょ。だから、恥ずかしがらないでオーダーしていかないと。」って言うひなちゃん。
オーダーして、こいつ、やるなあって思われるのが何かを、スタバさんに聞きたいというヨコちょ。
時間切れまで、話し続けるヨコちょでした(笑)。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  18:17  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |