FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.09.09 (Fri)

レコメン 9・8

ヤスくんにいきなり生電話した「レコメン」の抜き書きは、続きから。

拍手&拍手コメントありがとうございます。
とても励みになります(*^^*)。

関ジャニ∞、8周年に向けて、ますます勢いが出てきそうですね。(*^^)v
「フリーター…SP」も楽しみです。


【More・・・】

オープニングは、なでしこJAPANの話題とナゴヤドームが追加されたという話。
ナゴヤドームは、ドーム側の予定が開かないと言われていたんだけど、急遽、可能になったんだそうです。

Jwebのよこやまゆうのにっきがどれくらい続いているのかという話題から、1000回でやめると宣言するヨコちょ。
1000回でやめて、本が出せればいいと言うヨコちょ。
にっきを読まれて取材を受けることがあるものの、ブログのテンションで質問を受けると、めっちゃ腹が立つ時があって、「いやいや、ブログですから。」って答える時があるっていうヨコちょ。
1000回記念でイベントをしてメンバーを呼ぶというプランを提案するヨコちょ。
…書籍化は嬉しいですけど、1000回と言わず、続けてほしいなあ…。

とっておきニュースは、今週末から「仕分け∞」が始まるというお知らせ。

「お試しか」が盛りあがったという話になり、9連勝の後、ヨコちょの番になって、スタッフさんに、時間いくらでも使ってくださいと言われ、本当に1時間くらい、みんなで一生懸命考えたというヨコちょ。
「あの1時間は早かったね。あっという間やったね。」って言うひなちゃん。
「いや、ドキドキしましたよ…なかなか出ないんとちゃいますか、もう。」って言うひなちゃんに、「タカトシさんも何回やっても出えへんいうことは、それだけ難しいということやねんで。ホンマにガチやからね。」って言うヨコちょ。
「ホンマにガチやな…。ヒントも教えてくれへんし。」って言うひなちゃんに、「だから、愛される番組なんでしょうけど。そのスタッフさんが仕分けもやっているわけですから、これもガチなんです。台本通りに絶対いかへんし。」って言うヨコちょ。
ゴールデンになって、流れだけ書いている台本らしきものが出来たとかで、打ち合わせも、ほとんどないんだそうです。

全国ゾーンで、ヤスくんがもうすぐ誕生日だということで電話をすることに。
「油断してるんとちゃいますか?」って言うひなちゃんに、「俺、出えへんと思う、その前に。」って言うヨコちょ。

しばらくスタンバイをして、電話が鳴り、「もしもし。」とすぐに電話に出るヤスくん。
「もしもし。」って言うヨコちょに、「もしもし。」と繰り返すヤスくん、「もしもし、あのさ、俺だけどさ。」って言うヨコちょ。
見当外れの名前を出して、ヨコちょに「ちげえよ。誰だよ…」と言われ、「え、誰か分からないんですか?」と言うヤスくん。
「横山じゃ、ボケ。」って言うヨコちょに、「あれ?」って言うヤスくん。
「なんやねん、マネージャーの名前、普通に出すな…俺の声を、間違えるな。」って言うヨコちょに、「今、標準語しゃべるからさ。」と言いながらウフフフフと笑うヤスくん。

「何してるの、今。」って言うヨコちょに、「飯食ってる。」って言うヤスくん。
「なんで?」って言うヨコちょに、「なんでって。いや、なんでやろ。晩飯食ってなかったから。」って言うヤスくん。
「今、店の中?」って言うひなちゃんに、「店の中やで。」って言うヤスくん。
「出て、一回。」って言うひなちゃんに、「はあい。」って言うヤスくん。

「もしもし。」って言うヤスくんに、「ありがとう。」って言うひなちゃん。
「今、ラジオやで、分かってる?」って言うヨコちょに、「ラジオか。」って言うヤスくん。
「レコメンや。」って言うヤスくんに、「あ、安田です~。」って言うヤスくん、「遅いわ。」って言うヨコヒナ。

「なんで電話したと思う?」って言うヨコちょに、「それはあれでしょ、なんとなく分かりますわ。」って言うヤスくん。
「何?」って言うヨコちょに、「ハッピーバースデイでしょ。」って言うヤスくん、「違うわ。」と声を揃えるヨコヒナ(笑)。
「え、違うんですか?」って言うヤスくんに、「調子に乗るな、お前は。」って言うヨコちょ。
「違うよ。なんやと思う? 言うてみ。」って言うヨコちょに、「5大ドームが決まったからの告知。」って言うヤスくん、「違うわ。」って言うヨコちょ、「なんでそうなるんやろな。」って言うひなちゃん。
「誕生日やろうが。」って言うヨコちょに、「あ、やっぱりそうなんや。」って言うヤスくん(笑)。
「やっぱり、そうなんじゃないですか。」って言うヤスくんに、「いつまで素直やねん。」って言うひなちゃん。

「いや、ヤス、ごめんな、急に電話して。」って言うヨコちょに、「全然。」って言うヤスくん。
27歳になるということで、26歳の声をファンのみなさんに聞いてもらいたいというようなことを話した後、すばるくんももうすぐ30歳になるので、ここにいないから、すばるくんの気持ちをヤスくんが代弁するように言うヨコちょに、「僕の気持ちじゃないんですか。」って言うヤスくん。
「ヤスが20代あるけど、すばる、最後やからさ。」って言うヨコヒナ。
「はい、わかりました。すばるくんの気持ちになっていいます。」って言うヤスくん。
で、ちょっとすばるくんの口調を真似して、「俺、30になって初めて思ったけど、メンバーのこと、一番好きやわ。でも、これからも、やっぱり俺は俺の道を続けていくからさ、ちょっとこれからも、ファンのみなさん、ついてきてや。いや、ホンマ、みんなに愛を届けていくからさ。漢字下手くそやけど、みんなに愛届けていくな、よろしく。」って言うヤスくん。
やり終えて、「どうですか?」って言うヤスくんに、「ありがとう。すばる、そんな感じやな。」って言うヨコヒナ。
「僕のイメージはそんなんですけど。」って言うヤスくんに、「そうか、分かった。じゃあ、時間ないから、ヤス、ありがとうね。」って言うヨコちょ、「僕のコメントないじゃないですか。」って言うヤスくん。
「いる?」って言うヨコちょに、「いりますよ。」って言うヤスくん、「ホンマ? ヤスも、言うといてよ。」って言うひなちゃん。
「ホンマ、ありがとうございます。ファンのみなさん、応援してくださって。これからずっと続く、春夏秋冬、よろしくお願いします。」って言うヤスくんに、爆笑するヨコちょ。
「なんで季節のお願いを。自分のこと言えや…季節は黙っても、やってくるわい。」って言うひなちゃんに、「春夏秋冬、安田くんをお願いしますっていうことでしょう?」って言うヨコちょ、「そういうことです。はい、よろしくお願いします。」って言うヤスくん。

「ごめんね、食事中に。ありがとう。」って言うひなちゃんに、「全然、全然。」って言うヤスくん。
「ヤス、言い残したことない?」って言うヨコちょに、「お2人に対してはありますよ。」って言うヤスくん。
「何?」って言うヨコちょに、「ホンマに、連絡ありがとうございます。そういうことです。」って言うヤスくん。
「いやいや、嬉しいねん、俺らも、ホンマに。」って言うヨコちょ。
「安田くん、お時間です。」って言うひなちゃんに、「みんなで飯行きましょ、それだけです。」って言うヤスくん。

「ありがとうね。ヤス。」って言うひなちゃんに、「すみません、ありがとうございます。」って言うヤスくん、「ありがとう。」って言うヨコちょ、「はい、感謝してます。失礼します。」って言うヤスくん。

…いきなりの電話も、ラジオだと分かっても、全く焦ることも動じることもなく、ナチュラルに受け答えするヤスくんが、とても素直な感じで可愛かったです。

エンディングでは、「仕分け∞」を色んな方に宣伝していただきたいというヨコヒナ。
これからは、ツアーの準備に取り掛かっていくので、楽しみにしていただきたいということでした。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  10:40  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |