FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.02.04 (Fri)

レコメン 2・3

「T.W.L」聴きました。
アップテンポで、すごく爽やかな曲ですね。
番組の最初と最後にコメントがあったのも嬉しかったです。
お揃いの青い衣装も、爽やかで、素敵です。(*^^)v

TVぴあの「8meets」は、ギルバートグレイプの舞台写真が満載で、ギルバートの色んな表情が見れたし、コメントもとても良い文章で、嬉しかったです。

大阪で舞台のひなちゃんの代りにヤスくんが仕切りだった「レコメン」の抜き書きは続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

今回、ひなちゃんが大阪で舞台で、先週の段階では、ヨコちょは聞いていなかったらしいんですけど、ひなちゃんがいないということで、ゲストが来てくれましたと紹介するヨコちょ。
「どうも、こんばんワンツー、安田章大です~。よろしくお願いします。」と挨拶するヤスくん。

ここで、早速、ひなちゃんと電話が繋がっているということで、「もしもし。」って言うヨコちょに、「あ、どうも、もしもし。」って言うひなちゃん。
後ろで雑音がするのを聞いて、「何してるの?」って聞くヨコちょ。
劇場の近くでマネージャーを食事をしているというひなちゃんに、「戻ってこいや。」って言うヨコちょ、今日大阪に来たばかりで、また劇場に戻ると説明するひなちゃん。
「ホンマのこと言うて。」と疑い、劇場で弁当が出るはずというヨコちょに、「俺、弁当、嫌やもん。」って言うひなちゃん。
「なんや、その我がまま。」って言うヨコちょ、「我がまま言うた。」って笑うヤスくん。
明後日から本番だということで、「明日、行ったらいいじゃないですか。」と言うヨコちょに、「だって、時間ないですから。」って言うひなちゃん。
ヤスくんに「節分の日に…」とお礼を言うひなちゃんに、「節分関係ないですけど。」って言うヨコちょ。
舞台が大阪始まりで、大阪では2日間しか準備が出来ず、あまり順調ではなかったので、急遽、時間を延ばして、例年になく、ドタバタな感じだと説明するひなちゃん…実は、まだ一回も通せてないんだとか。
で、「頑張ってくださいよ。」って言うヨコちょに、「どうしようかな。」って言うひなちゃん(笑)。
「どうしよ、どうしたらええねん。」って言うひなちゃんに、「頑張ってしか言われへん、俺らは。」って言うヨコちょ。
「じゃあ、ヨコが頑張れ言うんやったら、頑張るわ。」って言うひなちゃんに、「なんやねん、お前。」って言うヨコちょ、「やっぱ、レコメン愛なんですね。」って言うヤスくん。
「どういう気分やねん。」って言うヨコちょに、「そら、申し訳ないと思いますよ。」って言うひなちゃん。
「いいんじゃないですか、舞台は、あなたの、年に1回の…楽しみにしてる方も、たくさんいらっしゃいますから。」って言うヨコちょ。
「メンバーに甘える時は甘えてもいいんじゃないですか。」と言いながらも、「お前、ただ、1回休み使ったから、俺も休み使うからな、どっかで。」って言うヨコちょ(笑)。
「何が?」って言うひなちゃんに、「そんな権なかったっけ。」って言うヨコちょ、「なかったですね。」って言うひなちゃん。

電話を切った後、「今日、もうまったりしましょうよ。」と言うヨコちょに、「そうですね。」って言うヤスくん。

「最近、どうなんですか?」って聞かれて、「結構、暇ですよ。」って言うヤスくん。
プライベートでは、たっちょんとよく遊んでるっていうヤスくん、ひなちゃんともよく遊んでるそうで、そこから、ひなちゃんの誕生日会の話になり、「全く覚えてない。僕が行った頃には、生きてなかったもん。」って言うヤスくん。

たっちょんとは何して遊んでるのかと聞かれ、「ずっとヘラヘラしてる。」って答えるヤスくん。
「特に、折りいった話をしているわけでもなく、へへって。」って言うヤスくんに、「それが一番、友達でおれる条件やったりね。」って言うヨコちょ。
2人だけではないらしいんだけど、去年の10月くらいから、ほぼ毎日会ってるっていうヤスくんに、「どんな感じなん。仕事場でも会うわけやろ。それで、ふたりで、今日、どこ行くって…」って言うヨコちょに、「どこ行くっていうか、決まってたりする。」って言うヤスくん。
「仕事とプライベートの感覚ってなくならへんの?」って言うヨコちょに、「仕事してる気持ちはあるけれども、まあ、一緒かなあ、気持ち的には。」って言うヤスくん。
仕事が終わると、汗をかきに行くのに、溶岩浴とかに2人で行って、同じ部屋で会話して…って言うヤスくんに、「気持ち悪。」って言うヨコちょ(笑)。
「なんで? 普通のことでしょうよ。」って言うヤスくんに、「毎日、男ふたりで、そんなん…。」って言うヨコちょ。
身体のサイクルが出来ているらしく、3日連続とかで、溶岩浴に行って、マッサージを受けて、ちょっとまた遊びに行くっていうヤスくんに、「豪遊ですやん。」って言うヨコちょ。
「どんなセレブやねん、お前。」って言うヨコちょに、「豪遊するのはダメなので、時々、マッサージは抜きますわね。」って言うヤスくん。

身体が資本だからというヤスくんに、面倒くさいので、3日連続、同じものを食べているというヨコちょ。
もやしと白菜を自分で切って水と鍋に入れて、豚肉を入れて、ご飯を食べているというヨコちょに、「なんか、切なくなれへん?」って言うヤスくん、「めっちゃ安いで。」って言うヨコちょ。

「外に出て友達とかと会わへんの?」って言うヤスくんに、面倒くさいと答えるヨコちょ。
「じゃあ、誘ってや、逆に。」って言うヤスくんに、「ネットの世界が友達やもん。」って言うヨコちょ、「それは、現代っ子的すぎる遊び方ですよ。」って言うヤスくん。
「ネットの、知らん人が、めっちゃ友達や。めっちゃ優しいわ、最近。」って言うヨコちょに、「それは、悪いとは言いませんけど、ちょっと外出て遊びましょうよ。」って言うヤスくん。
前日もヨコちょは、すばるくんと、ネットで4時くらいまでやってたんだとかで、会ってやればいいというヤスくんに、今はボイスチャットが出来ると説明して、「めっちゃ楽しいで。」って言うヨコちょ。

…ということで、今回のレコメンの仕切りはヤスくんです。

ヤスくんのCMの話になり、「よう見るで。」と言ってヤスくんの顔真似をしたらしいヨコちょに、「全力で俺をバカにしてるじゃないですか。」って言うヤスくん。
「こんな顔やろ。」って言うヨコちょに、「違いますよ。俺、めっちゃ爽やかに笑ってやってますよ。」って言うヤスくん、「ウソやん、俺、一瞬、ケンシロウに会ったんかなあって…。」って言うヨコちょ(笑)。
そうは言いながら、ながせくんのCMにヤスくんが入って、爽やかさが増すなあって言うヨコちょに、「ありがとうございます。」って言うヤスくん。

とっておきニュースは、スペシャルウィークのゲストが決まったということで、2月24日のゲストにまっすーが来てくれるというお知らせ。

CM撮りでは、ながせくんが頼れるお兄ちゃんって感じがすごくしたっていうヤスくん。

「(レコメンの)CM中、静かにしてくれへん。やかましいねん。」って言うヨコちょに、「ヨコちょが、逆に、クールぶり過ぎなんですよ。」って言うヤスくん。
「クールぶるとかちゃうやん。静かにして。CM中は。」って言うヨコちょに、「なんで?」って言うヤスくん。
CM中は本とか読んで情報収集をしたいというヨコちょと、トークすることで展開が出てくると主張するヤスくん。

スーパーに置かれているハイチュウの箱に∞クンたちの顔写真が入るようになったとのことで、CMも今月末から放送されるとのこと。

習い事は、言ってはダメなことではなく、メンバーみんなも知っていることらしいんですけど、ヤスくんが合格するまでは言いたくないようで、合格した時には発表するというヤスくんに、「そんな思いがあるんや。今、思いっきり言いたいわ。」って言うヨコちょ(笑)。
「サラッと言ったろかな。」って言うヨコちょに、「それはダメです。ホンマ、ダメですね。」って言うヤスくん。
ヨコちょは、言ってしまったらやらなくちゃいけないので、言ってしまうんだそうです。
ヤスくんは、もうひとつ、アロマ検定にも挑戦しようと勉強しているようで、「一緒にやりましょうか。」って言うヤスくんに、「面倒くさい。」って言うヨコちょ(笑)。

あるなし大辞典でリスナーに声をかけるヤスくんが、めちゃくちゃ可愛いです。

定期的に、シャンプーマンと戦う夢を見るっていうヨコちょ。
メリットがガスタンクを転がすのをヨコちょが止めて、「何してるねん、メリット。」って、ヨコちょがめっちゃ怒って、メリットをやっつけるという夢で、それを小さい時から定期的に見るっていうヨコちょ。
で、この話を「堂本兄弟」でも話したんだけど、全カットになったんだとか。

レコメン携帯サイトと言う部分を「レコモン」と何度も間違えるヤスくん(笑)。
「レコメンやで、何度も…愛らしいけど。」って言うヨコちょ。

メールを読んで、「喜んでくださいよ。一緒にやってるんだから。」って言うヤスくんに、「どうしたん、お前。」って言うヨコちょ。
「何が?」って言うヤスくんに、「なんや、そのノリ。」って言うヨコちょ、「なんか、嬉しかったから。」って言うヤスくん。
「月に一回、女の子の日、来るやろ、お前。」って言うヨコちょに、「来ないよ…来た覚えはないです。来ないですよ。」って言うヤスくん(笑)。

さらに、ヤスくんの仕切りを絶賛するメールを読んで、「はい、ヨコちょ。そんなメールが来てる。」って言うヤスくん、「なんで、俺が読み返さなアカンねん。」って言うヨコちょ、「ハッピーなメールやったからさ。文面も読んでもらいたいなと思って。」って言うヤスくん。

丸ちゃんの舞台に、メンバーでヨコちょだけ行ってないというので、スケジュールを調整してもらっているというヨコちょ。
「観に行かな、後で、何言われるか分からへんから。」って言うヨコちょに、「そこ?」って言うヤスくん。
「でも、マル、めっちゃ頑張ってるわ。」って言うヤスくんに、「そういう噂も聞きますし。」って言うヨコちょ。
PVの合間も、丸ちゃんと舞台の話をしていたっていうヨコちょ。

全国ゾーンで、いきなり、ひなちゃんに電話を繋ぐヨコちょとヤスくん。
「今どこにいらっしゃるんですか。」って言うヨコちょに、「えーっと、湯船です。」って言うひなちゃん。
「おかしいやん、自分、さっきから、言うてること…」と言うヨコちょ。
さっき(10時台)、食事に行って、劇場に戻ったはずなのに、お風呂に入ってるのはおかしいというヨコちょに、「何言うてるの?」って言うひなちゃん。
リハは1時間くらいやったということで、「なんで、僕、さっきから、そんな疑われてるのか、ちょっと分からないですけど。」って言うひなちゃんに、「おかしいでしょ、誰でも疑うわ、そんなもん。」って言うヨコちょ。
「ええ、またまた、そんなん。」って言うひなちゃんに、「ブレないですね。」って言うヤスくん。
舞台は、翌日、全部通してみて、どうなるかだというひなちゃん。
「やってや、舞台…。」って言うヨコちょに、「舞台できへんやん。ラジオやん、何言うてるの、自分。」って言うひなちゃん。
忙しくて見に行けないかもしれないので、「出来る?」って言うヨコちょに、「1時間半くらいもらえれば。」って言うひなちゃん。
「やめとくわ。俺、言う相手、間違えたわ。」って言うヨコちょに、「ホンマ?」って言うひなちゃん、「本気で来ますからね。」って言うヤスくん。

ここで、受話器から水の音が聞こえて来て、「湯船の音。」って言うヤスくん、「もう、ちゃんとせえや、お前、自分の番組やろ。」って言うヨコちょ、「パチャパチャ言うてるやん。」って言うヤスくん、「ちゃんとしてるよ。」って言うひなちゃん。
ヨコちょの誕生日プレゼントの防水DVDを見ながら入ってるって言うひなちゃん、「めっちゃ優しいじゃないですか…」ってヨコちょに言うヤスくん。
でも、新品のプレーヤーなので、充電しないと観られへんと言うひなちゃんに、「お前、そのクレーム受けて、どうするねん。ごめんなあとでも言うと思ったか。」って言うヨコちょ。
「ええねん、ええねん。」って言うひなちゃんに、「ええねんちゃうわ。」って言うヨコちょ、「ええねんじゃないよ、信ちゃん。」って言うヤスくん。

ヤスくんがレコメンをレコモンって言ってしまうっていう話に爆笑するひなちゃん。
「そこだけ直したら、俺、完璧やわ、信ちゃん。」って言うヤスくんに、「ホンマ?」って言うひなちゃん、「メールの読み方も女子ノリやねん、もう。」って言うヨコちょ。
「今、電話で分かるでしょ。楽しそうにはやらせてもらってます。」って言うヤスくんに、「楽しそうにやってるのは、分かります。」って言うひなちゃん。

「あと、腹立つこと、見つけてしまったわ。この子、短時間に、ほっぺた、蚊に噛まれてるねん、今。めっちゃ腹立つわ。」って言うヨコちょ。
「信ちゃん、右顎下噛まれた。」って言うヤスくんに、「この時期に噛まれる?」って言うひなちゃん、「めっちゃ見てまうわ、そこ。」って言うヨコちょ。
「かゆい、信ちゃん、かゆい。信ちゃん、どうしよ。」って言うヤスくんに、「掻け。自分で掻け、そんなん。」って言うひなちゃん。
「掻かれへん、ヨコちょ、掻いてくれる?」って言うヤスくんに、「お前、ホンマ、女の子の日、来てるやろ。」って言うヨコちょ。「来てないって。」って言うヤスくん。
「調べや、ちゃんと。」って言うヨコちょに、「調べない。」って言うヤスくん(笑)。
「楽しそうにやってくれてるからいいですけど。」って言うひなちゃん。

電話を切って、「ああ、楽しかった、今の電話。」って言うヤスくん。

ヨコちょとヤスくんが元カレと元カノみたいっていうメールに、「横山さんが元彼みたいですって、僕の。」って言うヤスくんに、「例えでね。」って言うヨコちょ。
「元彼かあ。」って言うヤスくんに、「そこ、膨らまさんでええねん。」って言うヨコちょ(笑)。

ラジオの番組はやりたいというヤスくん…一人じゃなくて、何人かでやりたいらしく、小学生の頃は、ラジオをヘビーで聞いていたっていうヤスくん。
言葉づかいが下手なので、ラジオしたいなって思うものの、まだ先のことなのかなって思うというヤスくんに、「面白そうやんか、ヤスがやってたら。」って言うヨコちょ。
「そんなこと、あります?」って言うヤスくんに、「面白いやんか、ちんぷんかんぷんで。」って言うヨコちょ(笑)。
機会があればやりたいっていうヤスくん。

どういうラジオをやりたいかと聞かれて、音楽が好きなので、音楽は大事にしたいというヤスくん。
その場で即興で曲を作ったりしたいんだとかで、「そんなんできるの? すぐ。」って言うヨコちょに、「はい。」って言うヤスくん。
「やってみて。」と言うヨコちょに、ギターがないので出来ないというヤスくん。
「ギターという友達がいるのといないのとでは、心の不安要素が違う。」と言うヤスくんに、ギター音を口でやる人(ひなちゃん)は知ってるというヨコちょ(笑)。

ヨコちょは知らない後輩に奢るのは嫌なんだそうで、知らない後輩でも奢ってあげるヤスくんや丸ちゃんはすごいっていうヨコちょ。
それを言うなら、どこの現場でもお土産を持って行く丸ちゃんの方がすごいっていうヤスくん。
新幹線でも、喜んでくれるかなあと思って買っていくって…と丸ちゃんのことを話すヤスくんに、「すごいよなあ。」って言うヨコちょ、「そこまでは出来へんなあ。」って言うヤスくん。

で、企画の、メールの中で一番かわいそうなのはっていうのを選ぶように言われて、「安田くんですね。」って言うヨコちょ、「なんでえ。」って言うヤスくん。
「キラーやわ。」って言うヤスくんに、「トータルで。」って言うヨコちょ、「なんで、3時間一緒にやってきて。」って言うヤスくん(笑)。

エンディングでは、「あの、あつかましいんですけども、来週のレコメンも、安田章大の仕切りで、ちょっと「、やらさせていただこうと、ありがたいなと…」って言うヤスくん。
「ありがたいことですよ…来週も、安田くん、よろしくお願いします。」って言うヨコちょに、「お願いします。」と言うヤスくん。

というわけで、来週も、ヨコちょとヤスくんのレコメンです。
…とにかく、ヤスくんの仕切りがめちゃくちゃ可愛かったです…(*^^*)。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  20:41  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |