FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.01.15 (Sat)

レコメン 1・13

MステのアイドルBEST50、∞は37位でしたね。

かなり長い期間を集計したものだし、その中では、まだ最近の人達だから(笑)、入っているかどうか微妙かな??と思っていたので、以外と、嬉しかったです。(*^^)v

「PON!」を観たというヨコちょの話もあった「レコメン」の抜き書きは、続きから。

拍手ありがとうございます。
いつも励みにしています(*^^*)。


【More・・・】

ヨコちょのドラマが始まったということで、「(ドラマが)めっちゃ高視聴率だった…」と言うひなちゃんに、「らしいですね。俺、会ってないから…」って言うヨコちょ、ヨコちょはオンエアの前日に「いいとも」に出してもらって以来、スタッフさんにも会っていないんだそうで、マネージャーがテンション上がって、メールで教えてくれたらしく、そういうのは初めてなんだとか。

途切れ途切れにちょっとだけ観たというひなちゃん、「最初出てくるところでしょ、ちょっとニヒルな感じで。」って言うひなちゃんに、「ニヒルな感じではないですけど。」って言うヨコちょ。
犯人に対して感情的になるシーンで、それをやった時に、「クイズショー」でも泉谷さんに止められるシーンがあって、それを思い出してフラッシュバックしたって言うヨコちょ、泉谷さんの止め方がすごく上手で、前にも思ったんだけど、今回もまた同じことを思って、シーン的には全く違うのに思いだしたんだとか。
現場では、泉谷さんや勝村さんが盛り上げてくれて、良い雰囲気なんだそうで、話を聞きながら、「そんな先輩になりたい。」って言うひなちゃん。

∞のメンバーには年明けから会っていないというヨコちょ。
ヨコちょはお休みを貰って、大阪に帰っていたらしく、ベテランや弟と会っていたとか。
ひなちゃんは、すばるくん以外とは仕事で会ったんだそうで、今日はヤスくんとりょうちゃん、昨日はたっちょんとヤスくんと一緒だったというひなちゃんに、「なんなん? 何の仕事?」とちょっと驚くヨコちょ。
ロケとラジオだったそうで、丸ちゃんは、稽古を隣(のスタジオ?)でやっているので、終わった後にフラッと来て、久々にちらっと会ったんだとか。

「俺、誰も会ってへんで、そう考えたら…当分、会えへんで、たぶん。」って言うヨコちょに、「そうやね、俺もしばらく会わへんのとちゃうかな。」って言うひなちゃん。
撮りだめしたりするので、全員集まって収録というのがないんだそうです。

ここで、ひなちゃんが腕を組んでいるのを見たらしく、そういうのはダメだというヨコちょ。
でも、ヨコちょも腕を組んでいたらしく、そこから、「いいとも」で、心理学の話になった時に、腕を組んで話す時は心開いてないと言いながら思い切り腕を組んでいたという話をするヨコちょに、「アカンがな。」って言うひなちゃん。
「うわあ、と思って。その後も、見たら、ずっと組んでるねん。一瞬、ほどいたんやけど…」って言うヨコちょ。

放送関係の仕事に就いて、∞の冠番組を作りたいというメールに、「はよ、してくれなな。」って言うヨコちょ(笑)。
TBSの「関∞ピース」のディレクターは、昔、大阪で∞クンたちがジュニアの頃から観てくれていて、「絶対、やりたい。」と言って、TBSに入社してから、ずっと企画書を出してくれていたんだとかで、「へえ、嬉しいやん。初めて聞いた。」って言うヨコちょに、「ホント。終わった時に、チラッと。」って言うひなちゃん。

手錠をかけられるのって、めっちゃ痛いっていう話で、「知ってる? 知らんやろ。」って言うヨコちょに、「知ってるよ。」って言うひなちゃん。
「そうか、はぐれ刑事出てたもんな。」って言うヨコちょに、「知ってるよ、何人捕まえたか。」って言うひなちゃん。
「何人捕まえたん?」って言うヨコちょに、「あらゆる温泉…たぶん、十人以上捕まえてる。」って言うひなちゃん、「俺、2人しか捕まえてへんな、それ考えたら。」って言うヨコちょ。
「俺より先輩やねんな。」って言うヨコちょに、「刑事としてはね。」って言うひなちゃん。
「負けてるな。キャリアとしては。」と言うヨコちょ、爆笑するひなちゃん。

とっておきニュースは、ひなちゃんから、1月16日16:05放送のフジテレビの番組に出演するというお知らせ。

八嶋さんのことを「やっしー」と呼ぶひなちゃんに、「(会うの)何回目ですか?」って言うヨコちょ、「初めて。」って言うひなちゃん(笑)。
ヨコちょは、20歳の頃、八嶋さんによく遊んでもらっていて、家に行ったりもしていたんだそうです。

Jwebのヨコちょの日記で、火曜日だけ「ドロン」じゃなくて「ドラマ」になっていたのはわざとじゃなくて、「うっかりですね。」と言うヨコちょに、爆笑して「天然やないか、お前。」って言うひなちゃん。
たぶん、その前に、今日はドラマの撮影ですという文章を打ったので、ドがドロンじゃなくてドラマになったんじゃないかと言い、「直してくれたらええのになあ、ウェブの人間も。」って言うヨコちょに、「いや、そら、横山くんなりのジョークやと思ったんちゃうの?」って言うひなちゃん。
「曜日も合ってるし、合わせてきたんやと思ったんちゃうの?」って言うひなちゃんに、「そんなことせえへんわ。」って言うヨコちょ。
そういう間違いはしないのか?という話から、読み直すというひなちゃん、読み直さないというヨコちょ。
1週間に1回だからで、毎日だと…というヨコちょに、「毎日は、たぶん、やってまうやろな。」って言うひなちゃん。
何かあれば連絡をくれるように言っているというひなちゃん。
ヨコちょは、連載を1000回まではやって、1000回になったら、辞めようと決めているんだとか。
それで、本を出せればいいなあと思っているというヨコちょ。

職場で苦手な人とはどう接すればいいのかというメールに、「全くしゃべらない。目を見ない。避ける。」って言うヨコちょ、「大人の行動ちゃうで、それ。」って言うひなちゃん。
たぶん相手もそう思っているということで、取材などで「目を見ないですね。」とよく言われ、それを言われて余計に見れないというヨコちょ。
「あんた、難しい子やな。」とひなちゃんに言われ、「難しい子や、ホンマに。自分でも思うわ…。」って言うヨコちょ。
「しゃあないからな。そこで働くって決めたんやったらなあ。別に普通にしてたらええんちゃうの?」って言うひなちゃん。
仲良くなったら、どっぷりハマるということで、「小さく深く、なんでしょうね、僕は。」って言うヨコちょ。
「仲良い人としか遊ばないですからね。」って言うひなちゃん、「苦手な人は、そない、いないからな。」って言うひなちゃん。
ヨコちょの場合は、落ち着くか落ち着かないか、普通でいれるかいれないかで人を判断するらしく、普通でいれる人とよく遊ぶというヨコちょに、「それは、全然分かる。」って言うひなちゃん。
何してても楽しいというひなちゃん、舞台も、しんどいのもあるけど、達成感があるから、頑張れるんだとか。

そんなに物欲はないというひなちゃん、セカンドバッグが欲しいらしく、「何になりたいん? お前。」って言うヨコちょ。
ひなちゃんは、セカンドバッグを持つことをみんなに止められるそうで、「何の資料入れたいん?」って言うヨコちょに、「違うねん、あれ、ちょうどいいやんけ。」って言うひなちゃん。
ブランドのセカンドバッグを見に行ったというひなちゃんに、「いかにもやん。」って言うヨコちょ。
ひなちゃんは、ずっと本屋のビニール袋を使っていたら、それはやめてくださいと言われたんだとか。

全国ゾーンでは、忙しくさせてもらっていて、ドラマも始まったという話をするヨコちょ。
16日のフジテレビの番組の告知をするひなちゃん。
丸ちゃんの舞台の初日も16日からという話から、「PON!」を観たというヨコちょ。
「めっちゃ空回りしてた、あれ。なんか知らんけど。」って言うヨコちょに、「また?」って言うひなちゃん。
太鼓を叩いてたのに盛り上がってなくて、「あんな太鼓叩いて盛り上がってない空気、初めて観た。太鼓って盛り上がるもんちゃうの?」って言うヨコちょ。
「でも、頑張ってたで、マル。」って言うヨコちょに、「舞台楽しみやわね。」って言うひなちゃん。
「やっぱり、マルって、関ジャニ∞の空回りキャラって言われてたで。」って言うヨコちょ、「まあ、良い意味で、代名詞になってきたんやろな。」って言うひなちゃん。
「マルな、アホやなあって思って、僕のこと、知ってくれてるんですか?って、その解答が。」って言うヨコちょ。
「違うやんと思って…そんなことないですよとか、そうなんですよでええやん。そっちよりも、僕のこと知ってくれてるんですかに気になってもうてん。」って言うヨコちょ。
「資料として入ってるんやろけど。」って言うヨコちょに、「だから呼ばれてるんやん。」って言うひなちゃん、「面白いわと思ったわ。」って言うヨコちょ、「そっから入るんやな。」って言うひなちゃん、「面白いわ、丸ちゃん。」って言うヨコちょ。
「丸ちゃんも怪我のないように頑張ってもらいましょう。」って言うひなちゃん。

企画のコーナーでは、文化放送の編成の方と電話をするヨコヒナ。
番組を編成する方というので、レコメンのことなどについて色々と質問をするヨコちょ。
制作の話や現場の話など、話を聞き終えて、知らない仕事の話を聞くのが面白いというので、色々な仕事の話を聞きたいというヨコちょ。

エンディングでは、頑張り時の方に、「絶対、1回は、人間にやらなアカン時がありますから。」と言うヨコちょ。
最後は、センター試験の意味が分からなくて、ヨコちょがケータローさんに詳しい説明を聞いているうちに、時間切れとなりました。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  07:38  |  レコメン  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |