FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.12.20 (Mon)

∞UPPERS 東京ドーム 12・19

1日目に、アリーナで私の上に舞い降りてきた銀テープ。
101218-3.jpg
7色あるらしいんですけど、たまたまオレンジでした(*^^*)。

丸ちゃん中心…と思われる詳しい感想は続きから。
全て、自分の記憶に頼っているので、年々、記憶力が減退していることもあり、不確かな点や抜けている部分、あと2日間分なので、混同している部分もあると思いますが、ご了承ください。m(_ _)m
2日目は、1日目と変更があったところや気が付いた部分、印象に残った部分を中心に書いてありますので、1日目から2日分通して読んでいただいた方が良いと思います。
雰囲気だけでも伝われば嬉しいですし、ネタばれなども含まれますので、これから行かれる方はご注意ください。
大丈夫な方だけどうぞ。


【More・・・】

この日は、スタンドの3塁側の中ほどで、実は、この日になって、会場の全容が分かったんですけど…(^^;)。
センターステージの真横くらいだったので、やっぱり、メインステージは遠いなあって…前日が近かっただけに、余計に実感として感じました。
その分、全体が見えましたし、トロッコや外周に来てくれた時には、表情まで見てとれることが出来たので良かったです。

挨拶で前日と変わっているのがはっきりしていたのは、丸ちゃんが、今人気の戦場カメラマンさんの真似をしていたこと。
ヨコちょのキメ顔の後の照れた感じが増していたような気がするのと、たっちょんの甘い言葉もヒートアップした感じだったかも。

「泣かないで僕のミュージック」までは変わりはなかったんですけど、「ほろりメロディー」はメインステージのダンスがしっかりとあって、丸ちゃんの「あかん、ほれてもうた。」をしっかり聞くことが出来ました…表情もモニター越しでしたけど、めちゃかっこ良くて。
ヤスくんは「好きにさせてもらう」だったかな、そういうセリフでした…やっぱりこだわりがあるんでしょうね…男らしくてかっこ良かったです。

「モノグラム」の時は、ゴンドラの下が七色に光っていて、それがとてもきれいでした。
実は、この時、ゴンドラを照らすライトが客席を直射していて、直接的にはダンスとか全然見えなかったという…(--)。

ウィンクキラーゲームは、最初にたっちょんがやられて、次にひなちゃんがやられたんだったかな…。
で、りょうちゃんが疑われたりしたんだけど、ヨコちょがやられた時にすばるくんが目撃したらしく、鬼はヤスくんだと当てて、罰ゲームに。
ヤスくんは、その時、ヨコちょの脇の下あたりにすばるくんの目が見えたらしいんですけど(笑)。
2回続けての罰ゲームを嫌がるヤスくん、やっぱり読まれたがる丸ちゃん。
そして、じゃんけんの結果は、丸ちゃんでした(^^)。

ヤスくんのラブレターは、オーディションの時から始まって、丸ちゃんは2回目のオーディションで、ヤスくんにとってはたっきーくらいの位置にいたけど、それから、だんだん変な奴って感じになったっていう話とか、ずっと一緒にいて、タイプが似てるってなってたけど、丸ちゃんは1発芸とかできるようになってっていう話とか悩み事を相談し合ったこととかの話になり、これからも肩を借りに来てくださいといったような内容で、ヨコヒナには、最後、説教みたいになってたって言われていたり、途中、言葉の使い方を間違って、丸ちゃんも首をひねる場面もありつつ、長年の付き合いで分かり合えてる仲だっていうのが良く伝わりました。
ヤスくんの言葉をじっと聞きながら、真面目な表情になったり笑ったり照れたりする丸ちゃんの表情がとても良かったです。
この回が山田だったのは、本当に嬉しかったです。

で、今回は丸ちゃんに電話がかかって、丸ちゃんは青い携帯電話で、「あいつにCMが…」という振りで、再び、ひなちゃんとすばるくんのVTRに。

MCでは、ハイチュウのCMに加えて、来春、シングル発売決定のお知らせ。
しかも、クレヨンしんちゃんのテレビアニメと映画の主題歌を、それぞれ歌うことになったんだそうで、曲を提供してくれる方も、まだ言えないけど、有名な方で、青春時代にカラオケで絶対歌ってたような方なんだそうです。

で、ライブの前の記者会見で、すばるくんとりょうちゃんがしんちゃんの真似を振られたらしく、MCでも真似をするように振られたものの、なんだかんだ言い合ううちに、ヨコちょに振られて、しんちゃんの真似をするヨコちょ。
ヨコちょは、全力でしんちゃんの真似をして、お尻振り振りまでしたんですけど、ヨコちょだけ引かれた感じになって、ジャニ勉のクレーマーコントのようになり、誰か一人来てというので、すばるくんを選ぶものの、すばるくんに「無理。」って言われるヨコちょ。
選び直すように言われて、再び、すばるくんを選ぶヨコちょに、「なんで。」って機嫌が悪くなるたっちょん(笑)。
結局、ずっと、みんなに「無理。」って言われるヨコちょが可愛かったです。

サンタさんとトナカイさんは、前日には良く見えなかったんですけど、ゴンドラからロープでセンターステージにゆっくり下りていくようになっていて、特にトナカイさんは、雪を撒きながら降りていて、とっても可愛かったです。

バンドセッション、今回はセンターステージがよく見えると思って、注目していて、最初、暗い中で緑に光るベースを弾く丸ちゃんが出て来て、しゃがんだまま弾いていたみたいなんですけど、しばらくして、そのベースギターを手放してスタッフに渡してしまい、代わりに手で煽って、ヤスくんのギターの方を見ていたんですけど、ベースに何かトラブルがあったのかなあ??…前日はちゃんと弾いていたんですけど…丸ちゃんのベースプレイ、じっくり見たかったので、すごく残念。

「ミセテクレ」になって、ようやく別のベースギターが出て来て、そこからは普通で、ラップ部分もかっこ良かったし、とにかく、ベースを抱えて弾きながら歌いながら歩く(あるいは走る飛ぶ)丸ちゃんは、やっぱり最強でした。
本当にかっこいいベーシストでありアイドルだなあって…スタンドから観ていると、いつも思うことですし、そういう丸ちゃんが、やっぱり、私は一番大好きなんだなあって感じる瞬間でもありました。

最後の挨拶は、ヨコちょ…最後の挨拶は、スタッフさんから、その日に誰が言うか言われるんだそうです。
ヨコちょの挨拶は、仲間の大切さとか、関ジャニ∞が大好きだということとか、今年の自分のことを絡めて、とても感動的でした。

アンコールは、すぐに「ローリングコースター」が始まり「無責任ヒーロー」「ひとつのうた」

ダブルでは、ヨコちょがよく言う「どんなん欲しいの。」があって、その横で、何故か胸を寄せるすばるくんと、言われて同じくやってみるりょうちゃん(笑)。
曲は「イッツマイソウル」

トリプルアンコールでも、「どんなんほしいの。」っていうヨコちょの横で、胸を寄せるものの、なかなかひなちゃんにツッこまれず、後で、「(早くツッこんでほしくて)横目で見てたやろ。」と照れるりょうちゃんが可愛かったです。
その後、何故かひなちゃんが弾けて、ヨコちょの帽子を取って自分でかぶったり、レコメンコンビと呼ばれて、肩を組むようにみんなに言われて、手を繋ぎたいってヨコちょが言いだしたり、なんだか照れながらも仲の良いヨコヒナも見ることが出来ました(^^)。
曲は「ズッコケ男道」

今回は、ワイドショーのカメラや取材が入っていたからなのか、DVD用のだったのか、前日よりも基本に忠実というか段取り良く進んでいったような印象を受けました。

今回のツアー、私はこれで終わりですけど、本当に楽しくて素敵な時間でした。
∞クンたち、本当に本当に、楽しい時間をありがとう。
また、必ずライブで会いたいです。
そして、丸ちゃんには、来月、舞台で会いましょう(^^)。
とても楽しみにしています。

テーマ : 関ジャ二∞ ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  22:22  |  ライブ  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |