10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

レコメン 11・25 

27歳になったばかりの丸ちゃんが生電話で出演したレコメンの抜き書きは続きから、どうぞ。
少々長くなりました(^^;)。


ベストヒットが生放送だったので、神戸からのお届けというレコメン。

でも、生放送では、他のアーティストさんとは、ほぼしゃべってなかったらしく、ひなちゃんは、スタンバイしてる場所でこうださんに会ったくらいで、ヨコちょは、番組が終わった後にマッチさんに挨拶に行って、「頑張ってこいよ。」って言われたんだとか。

で、ヨコちょは、一人でスタンバイしていて、暗かったんだけど、エーケービーの皆さんが通っていったので、「お疲れさまです。」と言ったら、完全にスタッフさんと間違えられたんだとか。。
何人かはお会いしたこともあるのに、20人くらいが軽く会釈だったそうで、「芸能人やったら、気付くやろ、普通…なんでやろなあ、あんなきれいにスルーされたら、凹むなあ、やっぱり。」って言うヨコちょ。
「よっぽど暗かったの? そこそこ見えてたわけ?」って言うひなちゃんに、「そりゃあ、真っ暗やったら、人は歩けないわけですから。多少なりの明るさはありますよ。」って言うヨコちょ。
「どれくらい言われたら、夜道歩く感じですよ…近づいたら顔くらい分かるはずですよ。それがね、なんでだろうね。」って言うヨコちょ、ひなちゃんの方は、良い空気だったんだとか。

先にミヤネさんからヨコちょに電話がかかってきて、番組で関ジャニと絡むって言ってしまったので頼むでと言われ、ヨコちょが楽屋に行って、ミヤネさんにズッコケの振りを教えたものの、全然できなかったっていう話をするヨコちょ。

西野さんは楽屋に挨拶に来てくれたという話から、「カナちゃんなあ。」って言うひなちゃんに、「どのタイミングからカナちゃんって言えるようになってん。」って言うヨコちょ。
「一回目会った時から言ってるで。」って言うひなちゃんに、「言うたらアカンやつや。」って言うヨコちょ。
「ホンマ? カナちゃんやろ。」って言うひなちゃんに、「地元の友達ちゃうねんから、お前。」って言うヨコちょ。
「でも、もう、ええ感じもしてくれてはったやんか。」って言うひなちゃんに、「ええ感じちゃうわ、社交辞令や。」って言うヨコちょ。
すばるくんは、CDもらった瞬間に、思わず「好きです。」って言ったんだとかで、「全部、苦笑いされてたからな。」って言うひなちゃん。
「僕、好きです、好きです、って。」って言うヨコちょに、「困っとったやんか。」って笑うひなちゃん。
「あんな年下の女性、困らすかね。」って言うヨコちょに、「いや、あのちっちゃいおっさん、すごいですよ、やっぱり。」って言うひなちゃん。

2010年が終わるという話から、「この間、やっとミレニアムいうて。」って言うヨコちょに、「ホンマやなあ…この前? 結構、前やで。」って言うひなちゃん。
たぶんミレニアムの時、合宿所に、よこ・ひな・すばとあいばちゃんとにのがいて、にのが「新年迎える時に地球にいないでいようよ、ジャンプしようよ。」と言い出して、みんなでジャンプしたらしく、ヨコちょは、「ああ、ちょっとええやん。」と思って、去年、京セラドームで、2010年迎える時に、「地球にいないでいましょう。せーの。」で、お客さんにジャンプしてもらったら、後でスタッフさんが来て、「会場が、ああいうの飛ばしちゃあだめだから、ホント、やめてね。」と言われたらしく、「そんな新年一発目から怒られる?」って言うヨコちょ。
「近隣から、苦情出るから言われて。」って言うひなちゃんに、「良かれと思って、楽しい思い出あるから飛んでもらって、やめて、ああいうのって…なんやねん思った、新年一発目怒られた、俺。」って言うヨコちょ、「怒られてたなあ、覚えてるわ、それ。」って言うひなちゃん。

真ん中の弟の携帯メールを見たことがあるっていう話から、真ん中の弟は、めちゃくちゃシャイで、あまりしゃべらないタイプなんだけど、一度、家で一人でTMRの歌を熱唱していたらしく、迷った末に、そこにヨコちょが入っていったら、それから1週間くらいしゃべらなかったという話をするヨコちょ。
「兄弟譲りなとこあったんですけどね、やっぱり、歌も、そんなうまないんですよ。」って言うヨコちょに、「残念なお知らせですね。」って言うひなちゃん、「残念やった。いろいろ残念やった、俺。」って言うヨコちょ。
受信メールと送信メールを見たという話に、「結構、行き来してるな…。」とひなちゃんに言われ、「そんなん見たら、いきたなるやん、一回見たら。だから、見たらアカンということやわ。そう思うわ。ちょっと見たら、見たなるもん。」って言うヨコちょ。

携帯の登録名を変えているという話から、「すばるもそうやで。」って言うヨコちょ。
すばるくんは芸能人なので、落とした時に危ないから変えているそうで、「それはその通りなんですよ。落とした時に、一人だけやったら、偶然かも知れへんけど、それだけ連なって入ってたら確実やから。その通りなんですよ。」って言うヨコちょ。
で、すばるくんは、ヨコちょを「白いの」って入れてて、ひなちゃんを「もぐら」って入れてるんだそうです(笑)。
何故モグラなのかは、めちゃ面白い話があるんだけど、それはちょっとまだ言えないんだそうです。
ヒントとしては、ちっちゃい頃にやることを大人になってからしてしまったんだとかで、決して悪いことではないんだそうです。

「DERO!」を見たって言うヨコちょ。
「ヤス、一瞬やったで。」って言うヨコちょに、「あ、気づきました?」って言うひなちゃん。
「ヤス、トータル20秒くらいしか出してへんぞ、あれ、1時間番組で。」って言うヨコちょに、「すぐ落ちたしな。」って言うひなちゃん。
ヤスくんは、収録が終わった後、ひなちゃんの楽屋に来て、ボソッと、「信ちゃん、信ちゃん、俺、今日、仕事したやんなあ。」って言ってきたそうで、ひなちゃんは、「まあまあ、したんちゃう。」と言ったものの、心の中では、「ま、そんな仕事してないぞ。」と思ったんだとか。
生田スタジオは都内から1時間半くらいかかって、はるばる行って、落ちただけというので、オンエア見た後に、「ご愁傷様って言いそうになった。」って言うヨコちょ、「でも、あの並びもないですよ。ヤスとつばさくんが並ぶというのも。」って言うひなちゃん。

とっておきニュースは、ライブの告知。
今、忙しいらしく、「結構、バタバタさせてもらってますね。」って言うひなちゃん。
「1週間経つの、めっちゃ早ない?」って言うひなちゃんに、「何してたかも、あんまりわからへんもんなあ。」って言うヨコちょ、「転々としてたしね。」って言うひなちゃん。
前日何やってたかも、ちょっと定かではないヨコヒナ。

番組後半で、丸ちゃんに電話をかけてみようかなって言うヨコちょ。
ただ、ドラマがあって、丸ちゃんはこの日も疲れきっていたらしく、出るかどうかは分からないということで、「出なかったら、ごめんなさいですね、ちょっと。」って言うひなちゃん。

全国ゾーンでは、つばさくんのコーナーがたっきーを迎えての生放送ということで、電話をつなぐヨコヒナ。
「見たよ、見た。」って言うたっきー、「見た。良かったよ、村上のソロ。」って言うつばさくん。
「カメラ意識しすぎだよ、あなた。」って言うたっきーに、「そうでしょ。変わらないでしょ、僕。」って言うひなちゃん。

ニューシングルはもちろん買ったでしょうと言うたっきーに、「もちろんですよ。」と声を合わせるヨコヒナ、「揃っちゃってるじゃん、買えよ。」って言うたっきー(笑)。

コーナー終わりで、丸ちゃんに電話をすることになり、ワンコールで、「はい、もしもし。」と電話に出る丸ちゃん。
「もしもし、俺。」って言うヨコちょに、「えっ?」って言う丸ちゃん。
「何、してんだよ。」って言うヨコちょに、沈黙する丸ちゃん。
「ぶっ飛ばすぞ!」と声を上げるヨコちょに、フフッと笑って、「あれ? ゆうちん?」って言う丸ちゃん。
「おめえ、ぶっ飛ばすぞ!」って言うヨコちょに、笑って「ゆうちん、何で知ってるの、そんなん。」って言う丸ちゃん。
「おめでとうが言いたかったからさ。」って言うヨコちょに、「マジで? ありがとう。」って言う丸ちゃん。
「おめでとう。」って言うヨコちょに、「ありがとうございます。」って言う丸ちゃん。
「ただ、これ、レコメンやで。」って言うヨコちょに、フフッと笑ってから、「ええっ、ちょっと勘弁してもらっていいですか。」って言う丸ちゃん、「お前、なんか白々しいぞ。」って言うヨコちょ。
「わかっとったやろ。」って言うひなちゃん、「途中気づいたやろなんか。」って言うヨコちょに、「いや、ゆうちんという時点と非通知っていう時点で、なんとなくは分かりました。」って言う丸ちゃん。
「お前、気づいてるんやったら言うてくれよ、猿芝居するなよ。お互い、恥ずかしいやんけ、なんか。」って言うヨコちょに、爆笑する丸ちゃん。

「今、何してるの、マル。」って言うひなちゃんに、「今? 今、ちょっとバーで、一人で飲んでる。」って言う丸ちゃん、爆笑するヨコヒナ。
「一日のシメ、まさか、お前、ゴッドファーザー嗜んでるのか。」って言うひなちゃん、「一日の終わりっていうか、誕生日の初めやんけ。一人で、乾杯?」って言うヨコちょに、「まあまあまあ、いや、お店の人も結構、知ってくれてる人で、お酒をおごってもらってまして…」って言う丸ちゃん。

「マル、誕生日おめでとう。」って言うヨコちょに、「ありがとうございます。」って言う丸ちゃん。
「27歳一発目の仕事になっちゃったね、レコメンが、これ。」って言うヨコちょに、「ああ、いいですね。幸先、いいですね。」って言う丸ちゃん。
「フリーターも調子いいみたいで。」って言うヨコちょに、「おかげさまで、ありがとうございます。」って言う丸ちゃん。
「27歳、何しますか。」って言う丸ちゃんに、「27歳はまず、ギルバートグレイプっていう舞台をやって。」って言う丸ちゃん。
「グレイプの話ね。ブドウの話。」って言うヨコちょに、「ブドウの話じゃないです。」って言う丸ちゃん。
「観に来てくれたら分かるんで、ホンマに。」って言う丸ちゃんに、「このくだり、まったく受けないので、やめまーす。」って言うヨコちょ、「あ、そうですね、楽屋のノリなんで。」って言う丸ちゃん、「誰もわからへん。」って言うひなちゃん。

抱負を聞かれて、「ちょっと大人なところを育てていければなって思います。大人になりたいですね、ちょっと。」って言う丸ちゃん。
「何をたわ言言うてるねん、お前。無理に決まってるやんけ。」って言うヨコちょ、「勘違いするなよ。」って言うひなちゃんに、「いやいや、ちょっとくらい、大人に…。」って言う丸ちゃん。
「無理無理、丸山隆平やで。無理や、それ。」って言うヨコちょに、爆笑して「すいません、頭ごなしに、27歳の抱負をバーンってするの、やめてもらっていいですか。」って言う丸ちゃん、「バーンってするって、言うてる時点で、もうあかんわ、マル。」って言うひなちゃん。
「でも、めでたいからね、ホンマに。」って言うヨコちょに、「いや、ありがとう。うれしいわ。」って言う丸ちゃん。

お酒は何をご馳走になってたか聞かれて、「今、シャンパンを。」って言う丸ちゃんに、「うわあ、洒落とるなあ、お前。」って言うひなちゃん。
「いや、お店の人が計らいで、誕生日やしって言って、シャンパン出してもらって、もちろん、帰りには、ゴッドファーザーをいただこうと思って。」って言う丸ちゃんに、「XYZちゃうのん?」って言うひなちゃん、「今日は、XYZは。まだちょっと余韻に浸りたいんで。」って言う丸ちゃん。

ヨコちょに誕生日プレゼントのお礼を言う丸ちゃんに、「喜んでくれたら嬉しいですよ。」と言うヨコちょ。
さらに、ひなちゃんには、ウエブ(レンジャー)で誕生日のことを書いてくれたお礼を言う丸ちゃんに、「ああ、いいですよ、全然。流れ作業ですから、いいですよ。」って言うひなちゃん、爆笑して「そうですか、流れ作業でも、嬉しかったです。」って言う丸ちゃん。
「良かったです、おめでとうございます。」って言うひなちゃんに、「ありがとうございます。」って言う丸ちゃん。

「フリーターはまた来週、動きがあるんでしょう?」って言うヨコちょに、「動きがあります。哲平が、どうなるかっていうことと、誠治の家も、もちろん、またいろいろ起こりますんで。」って言う丸ちゃん。
「次の見所はどんな感じですか?」と聞かれて、「次の見所は…哲平が、結構、押し出される回になってます。」って言う丸ちゃんに、「あ、ホンマあ、フィーチャーと言うか。」って言うひなちゃん、「丸ちゃんが。」って言うヨコちょ。
「そうですね。これからどうなるんだろうというのと、あと、真奈美も、いろいろエピソードが出てきます。全体的に、ホンマに色んなことが起こる回なんで。是非ともも楽しみにしてほしいです。」って言う丸ちゃんに、「その時は、皆さんね、目をつぶって見ていただきたいですね。」って言うヨコちょ。
「目ぇつぶったらわからへん。」って情けなく言う丸ちゃんに、「すごいな、お前。ホンマ、普通の会話したな。」って笑うひなちゃん。

「ホンマ、丸ちゃん、おめでとう。」って言うヨコちょに、「ありがとうございます。」って言う丸ちゃん。
「広島でね、会いましょう。良い誕生日にしてください。」って言うヨコちょに、「はーい、ありがとう。」って言う丸ちゃん。
「じゃあね。」って言うひなちゃん、「おめでとうございます。」って言うヨコちょに、「ハーイ、バイバーイ。」って電話を切る丸ちゃんでした。

あと1週間でモンハンが発売されるということで楽しみなヨコちょに、「ドラマも始まるんやろ。」って言うひなちゃん、「だから、困ってるねん、ホンマに…すごい時期にモンハン出るわ。」って言うヨコちょ。
「ドラマ終わってから、来年でもええやん、ご褒美としてスタートしたらええやん。」って言うひなちゃんに、「お前なあ、そこにモンスターがおる限り、戦わなアカンやんけ。そこにモンスターがおるんやから。」って言うヨコちょ。
「そこに山があるから、みたいな。」って言うひなちゃんに、「そうそう、誰が倒すねん。」って言うヨコちょ、「いや、いろんな人が倒すやろ。あんた、休憩してても、倒れていくよ、モンスターは。」って言うひなちゃん。

で、何故モンハンのCMがこないのか…モンハンを∞に広めたのも自分だし、先輩にも広めていると主張して、「こんなに薦めてるのに、何故届かないのかね…俺の問題やわ、俺がもっと売れないと。」って言うヨコちょ。
「今出てる人は、ヨコより好きなんかもわからへん。」って言うひなちゃんに、「いや、それ、絶対ないわ。」って言うヨコちょ。
今回のは、前回のよりも一人で楽しめる要素が増えているので、「大変や、いつ寝ろって言うねん。」って言うヨコちょに、「我慢せえよ、多少は。」って言うひなちゃん。
今、怒られる人もいないし、やりすぎるって言うヨコちょ、それでなくてもあんまり寝てないのに、「これでモンハンやらされたら。」って言うヨコちょに、「そうやで、12月なったら、めちゃくちゃ急がしなるって言うてたもんね。」って言うひなちゃん。
ツアーもあるし、ドラマも始まるし、レコメンもあるって言うひなちゃんに、「ただ、モンハンというドラマも始まる。」って言うヨコちょ。(笑)
爆笑して「もうひとつのドラマが。」って言うひなちゃんに、「そう、待ってるんやもん、12月から。」って言うヨコちょ、「あほや。」って笑うひなちゃん。
ハマるかどうか分からないって言うひなちゃんに、「でも、評価、高いっすよ。」って言うヨコちょ。

エンディングでは、モンハン話で残り30分が早かったって言うヨコヒナ。
最後までモンハン話で、「是非とも、ホンマに、頑張りたいなと思います。」って言うヨコちょに、「まあ、まあ、ドラマですもんね。」って言うひなちゃん。
「身体だけ壊さないように。」って言うひなちゃんに、「そうですね。」って言うヨコちょ。
「体調を整えながら、やっていただきたい。」って言うひなちゃんに、「寝たら、体力は回復しますんで。」と言いつつ、モンハンでの体力回復話になるヨコちょでした。(笑)

カテゴリ: レコメン

テーマ: 関ジャ二∞ - ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

tb: -- | cm: 2

« スバラジ 11・27  |  まだ終わらなくて 果てしなくて 道は続いてく… »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/11/26 22:39 * edit *

Re: \(^o^)/

広島行かれるんですね(^^)。
丸ちゃんのお誕生日サプライズとかあるのかな…盛り上がりそうですね!
楽しんできてください。(^^)/

27歳の丸ちゃん、エイターと一緒に、もっともっと楽しく過ごせるといいですね(*^^*)。

はんなり #dyPgYi/. | URL
2010/11/27 06:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

インフォメーション

アンケート

HAPPY BIRTHDAY

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

はんなりへのメール

ブロとも申請フォーム

gremz

リンク