2007-08-31 15:06 | カテゴリ:レコメン
メンバー全員集合ですが、雑音がひどい上に、何人かが同時にしゃべるものだから、良く聞き取れなくて・・・。
もっとちゃんと聴けたらなあ・・・と思うことしきりですが。

雰囲気だけでも良かったら、「つづき」からどうぞ。
2007-08-29 18:01 | カテゴリ:テレビ番組
あーっ、実家、帰りてえ。
・・・すみません、心の叫びが言葉に出ました(笑)。
どうせチケットないんだから、どうしようもないんですけど。
「地元」にいないことが、こんなに寂しいなんてなあ・・・。

ジャニ勉(in静岡・後編)

おススメグルメを食するというコーナーで、クイズに正解した人だけが食べられるんですけど、マルちゃんは、2問とも正解。すっごく嬉しそうにおいしく食べているんですけど、ヒナちゃんに突っ込まれて叩かれた時が、一番嬉しそうだったかも(笑)。

ジュビロの選手とのミニサッカーでは、どういう経緯かマルちゃんがキャプテンマークを付けていて、ハーフタイムで、ゴンさんの話を聞く時に、隣に立っている姿が、とてもキャプテンぽっくってステキでした。ゴンさんにも褒められてたし。
マルちゃんの背番号は、0=丸ですね。
ヒナちゃんは、やっぱり13番です。
ヤスくんたっちょんは、自分の誕生日。
すばるくんの0.1とヨコちょの77は、なんでしょう?
亮ちゃんの背番号は、108だったのかなあ? ポジション的に見えにくい位置だったので、よく見えなかったんですけど。
7分ハーフで、色々ハンディはありましたけど、同点は、なかなかのものじゃないでしょうか。
ヤスくんのゴールキーパー姿が可愛い&かっこよかった。

「むちゃ∞ブリ」は、亮ちゃんがロケ中にCharaさんの足型をずっと抱えたり肩に担いだりしている姿と、「抱いてもいいんですか」ヨコちょと、ドクター中松のブーツを履くCharaさんを後ろからフォローしようとするヒナちゃんと、それを端の方で突っ立って見ているマルちゃんが、ツボでした。
2007-08-28 11:52 | カテゴリ:丸山隆平
8月も、もう終わり、ということで、ツアーも、大阪が終わると、あとはゴールへ向けて、ラストスパート、というよりは、残り少ないスケジュールを、少し余裕を持ってこなしていける状態になるのでしょうか。長かったツアーを、改めて思い起こしたり、終わってしまう寂しさを感じたりする時期かもしれませんね。
こういう時期は、かえって気が緩む時でもあるので、気を付けて、最後までやり遂げられますように・・・。

そういえば、レコメン!の中丸くんの生電話。
Jwebの「中丸のページ」で、自分でもテンションが低かったと反省してました(笑)。電話だと、いつもそんな感じなんだそうです。

「HEY×3」の未公開映像は、ヒナちゃんの後ろで、手を叩いたり笑ったりしているマルちゃんばかり見てました(笑)。あのオーバーリアクション、好きだなあ。

以前、ファンサイトまで作って応援していたアーティストも、最初は「声」に惹かれて、「歌詞」を聴いているうちに、その人間性に興味を持つようになったんですけど、本当の最初のきっかけは、ある音楽番組に、その人が出演していて、みんながカメラ目線で笑顔を向けている中、彼だけが、ニコリともせず、不機嫌そうに目を伏せているのが、気になったことからでした。
その頃、彼は、その音楽番組に、毎週のように出演していて、私は、そこで歌われていたシングル曲には、あまりピンと来なかったし、彼自身のこともタイプではなかったにもかかわらず、彼の存在がずっと気になっていました。
そして、ある時、彼が初めて見せた笑顔にドキッとして、それから、この人の音楽をちゃんと聴いてみたいと思うようになったんです。
「ドキッとした」という感情は、すごく直感的なものなので、言葉では表現しにくいんですけれど。
それで、アルバムを聴いてみると、シングル曲だけでは分からない声や歌詞のバリエーションが含まれていて、私はどんどん、彼と彼の音楽を好きになっていきました。

・・・これって、マルちゃんと∞を好きになったプロセスに似てるんですよね。
決してタイプではないはずなんだけど、知れば知るほど、全部が好きになっていく感じ。
見た目から入るよりも、気持ちが深く入り込むからかなあ。
ただ、マルちゃんの顔立ちって、当時のその人に、ちょっと似てるかも・・・(^^;)。


2007-08-24 19:56 | カテゴリ:レコメン
今週は、ヤスくんの登場です。
残念ながら、マルちゃんは、先に「今日、やめときますわ~。」と断ったらしく・・・まあ、そんな時もありますよね。結構、テンションに波があるみたいだし・・・。そういえば、Jwebのレンジャーで、のどがイガイガするって書いてたから、それも関係あるかも?

その割には、レポ、頑張ってみたので、つづきからどうぞ。
だいぶ端折ってますけど・・・、長いです(^^;)。
2007-08-23 22:01 | カテゴリ:丸山隆平
時代劇ドラマについてちょっと書いたので、マルちゃんが沖田総司役で出演する、TBS系9月9・10日二夜連続ドラマ「輪違屋糸里~女たちの新撰組~」についても少し。

新撰組、好きなんですよ。以前から、新撰組関係の小説とかも色々読んでいて。
このドラマの原作本も買ったんだけど、先に読んでしまうと、どうしてもドラマを見ながら比較してしまうので、それはドラマを見てからのお楽しみということにしています。

「破滅の美学」っていうのかなあ。時代の流れに逆らって、破滅への道を歩んでいることを薄々感じながらも、自分達の道を貫き通そうとしたところに惹かれて。
特に沖田総司は好きで、マルちゃんがその役をやるって知った時はびっくりしました。

沖田総司って、一般的には、夭折の美少年天才剣士っていうイメージが強いと思うんですけど、実際は、ヒラメ顔で色黒だったらしいし、子供好きで、いつもニコニコしていて、よく子供達と遊んでいたという逸話がある一方、結構な毒舌で、平気で人を斬るという人だったそうなんですね。そう思うと、マルちゃんはハマり役かも。

このドラマは、女の人が主人公だし、芹沢鴨暗殺までのお話みたいだから、沖田総司は、そんなに活躍する場面はないかもしれないんですけど・・・沖田総司といえば、やっぱり、池田屋事件とか山南敬助の脱走・切腹のくだりがクローズアップされる場面だと思うので。
でも、マルちゃんが、どんな沖田総司を演じるのか、とっても楽しみです。
偶然なのかどうか、放送の前後は、ツアーも一休みみたいだし、色んな番宣にも出演するといいですね。
2007-08-23 19:26 | カテゴリ:Jweb∞レンジャー
すばるくんが可愛すぎる(^^)。
最後、そう来たか・・・って感じで。
すばるくんは、最近のレンジャーを読んでいると、すごく精神状態がいいんだろうなあって気がします。

マルちゃんも、毎日が充実していて、ハードスケジュールの中、テンションがとても良い状態で保たれているんだろうなっていうのが感じられます。顔文字の使い方が可愛い(^^)。ツアーもあと少し、夏風邪には気を付けて、頑張ってほしいです。

ヤスくんは、エピソードを交えて各所を丁寧に辿ってくれるのが凄いなと思うし、いいですね。

たっちょんの文章、好きです。見た目のクールなイメージとはまた違って、読んでて面白いし、ほんわかするし。ユーモアのセンスが好きだなあ。

続きからは、∞くん達とは関係ないジャニ話です。
2007-08-22 17:53 | カテゴリ:関ジャニ∞
「服部良一トリビュートアルバム」に、関ジャニ∞が参加。
大物ミュージシャンが名を連ねるメンバーの中に入っているっていうのは、やっぱり凄いことですよね。

「つづき」からは、「冬休みドラマSP DVD-BOX」特典映像と簡単なテレビ番組の感想です。
2007-08-21 10:04 | カテゴリ:DVD
昨日の那覇で飛行機事故のニュースにはびっくりしました。
乗客が無事で本当に良かったけど、∞くん達も、来月には沖縄だし、老婆心ながら、ツアーの無事を祈らずにはいられません。
すばるくんとかたっちょんとか、先日の乱気流(?)でも、すごいびびったみたいだしね。

さて、「冬休みドラマSP DVD」の本編の感想です。
特典映像の方は、また次回にということで、ネタばれありありですが、大丈夫な方だけ、続きからどうぞ。
2007-08-17 16:00 | カテゴリ:Jweb∞レンジャー
今週のレンジャーでは、マルちゃんたっちょんがバンドのことを書いていて、やっぱり、ライブを重ねるうちに、バンドとしての一体感も増してくるんだろうなあと思ったりしました。

私は、この「一体感」というのが好きなんだなあって、ジャニーズのライブを何度か経験して、思うようになりました。
ライブは、やっぱり、会場の一体感を身体で感じられるのが好き。
バンド演奏もそうだし、ダンスも、ソロよりも一体感を感じられる踊りの方が好きです。だから、大きい会場だと、どうしてもメンバーがバラバラになってしまって、揃って見れないのが残念なんですね。
もちろん、マルちゃんのソロは、会場が一体になっての「ぱーーーん」なので、大好きですが。
∞を好きになったのも、グループとしての一体感が感じられるからかもしれませんね。
2007-08-16 20:55 | カテゴリ:テレビ番組
力が出ないよ・・・じゃなくて(笑)。
お盆休みでしたもので、何かと忙しく。

冬休みドラマSPのDVDの感想も書きたいんだけど・・・。

とりあえず、ジャニ勉(高嶋ちさ子さんの回)の感想だけ、「つづき」から。
2007-08-10 18:52 | カテゴリ:レコメン
文化放送って、雑音がひどくて聴きにくいんです。しかも、木曜と金曜は四国でライブだから収録なのかなと思いながら聴いていると、愛媛から生放送で、しかもサプライズゲストにマルちゃん

というわけで、面白かったところの抜き書き・・・するつもりが、かなり長くなったので、「つづき」からどうぞ。
2007-08-09 20:03 | カテゴリ:Jweb∞レンジャー
えーっと、マルちゃん、漢字の間違いは・・・わざとか、単なるタイプミスか、どっちですか(^^;)。

マルちゃんは、最近、デジカメにハマっているんですね(^^)。ツアーで出かけた場所を、実際に自分の足で感じようとしているみたいなマルちゃんがいいなあ。
マルちゃんの文章を読んでいると、自分もデジカメを持って出かけたくなりました。
そうそう、アイドル誌で連載している「マルさんの京みやげ」のコーナーも、すごい好きです。

「追伸」は、やっぱり深い。
何事にも好奇心いっぱいで前向きで、だけど、決してポジティブなだけじゃないマルちゃん
山の上の緑に囲まれた場所で、一人でぽつんとベンチに座り、蝉の声に包まれながら、ぼんやり景色を眺めているマルちゃんが、目に浮かぶようです。

マルちゃん、髪を染めたの?
東京ドームで見た時は、そんなに変わっているように見えなかったんだけど・・・、ウェーブヘアーの方がインパクト大だったからかな?
今までに無いほど伸ばすって、どんだけぇ?(笑)
2年位前の少クラ映像とか、金髪でかなり長かったはず。
でも、すばるくんくらい長い髪のマルちゃんも見てみたいかも(^^)。

もっと先の世界へ向かっていくマルちゃんを、これからもずっと見続けていたいなあって思いました。
2007-08-08 19:43 | カテゴリ:CD
このアルバムは、最近になって初めて聴いたので、その前にLiveDVDを見ていたこともあり、LiveDVD(特に「Spirits!」)の映像のイメージがすごく強くて、∞の足跡というか原点みたいなのを、どうしても感じてしまいます。
一番好きなのは、「DREAMIN'BLOOD」。歌詞も曲調も、ラップの部分も好きです。
2007-08-08 19:41 | カテゴリ:CD
このアルバムの中で一番好きな曲は、「ONE」。ちなみに、∞では、このアルバムが、初めてちゃんと聴いたCDなんですけど、その中でも「ONE」を聴いた時に、∞は、ただのお笑い系アイドルグループじゃないんだって思った記憶があります。曲調も歌詞も好きです。
あとは、やっぱり「Carnival」のマルちゃんの優しい歌声が好きだし、「F・T・O」のマルちゃんの低い歌声も好きです。
2007-08-08 19:39 | カテゴリ:CD
初回特典のDVDは、たった10数分の映像の中に、すごくいっぱい詰まっていて、それぞれの個性もよく表れていて、めちゃくちゃ面白いです。ヒナちゃんとヨコちょの息の合ったオープニングとか、ヤスくんの華麗な身のこなしとか、マルちゃんのボケっぷりとか、たっちょんの天然ぶりとか。あと、私服姿っぽいすばるくんがなんだか可愛かったり、マルちゃんと亮ちゃんの掛け合い?が妙に面白かったり。何度見ても飽きません。

アルバムは、聴いていると、すごく元気が出る感じです。
正直なところ、私は、関西人のくせに、関西弁のノリの良い曲が苦手だったんです。聴いていると、気恥ずかしくなってしまって。だから、関ジャニ∞の曲も、あまりまともに聴いていなかったんですね。でも、アルバムを聴くと、シングルみたいな曲だけではないことが分かって、それから∞の認識が変わったところもあるんですけど。

Disk1の中で、特に好きなのは、「さよならはいつも」と「エネルギー」。やっぱり、マルちゃん目線です(笑)。
「さよならはいつも」のマルちゃんのソロ部分の声は文句なくステキですし、「エネルギー」は、思わず笑顔になれる曲。「ありがとう」のマルちゃんのソロ部分の伸びるような声も好きです。
あと、「Speedy Wonder」と「強情にGO」は歌詞が好き。

Disk2のソロも、それぞれ、すごく個性が出ていて好きです。
すばるくんの「琉我」は圧倒的な独自の世界観を持っているし、ヤスくんの「わたし鏡」は歌詞も良いし、ライブで見た一生懸命のギタープレイがすごく印象的でした。マルちゃんの「Magic Word」は聴く度に笑顔になれて元気が出る曲。たっちょんの「まもりたい」は少しマイナーな気分の時に心に沁みてくる感じがするし、ヨコちょの「Wonder Boy」はノリがよくて思わず口ずさんでしまう感じだし、ヒナちゃんの「Forward」は勇気をもらえる歌詞が好きです。亮ちゃんの「stereo」はサビの部分に感情が込められていて、直接的に伝わってくるような感じがします。
2007-08-08 19:38 | カテゴリ:DVD
ライブ構成としては、3枚のDVDの中で「Excite!!」が一番好きです。
大きな会場でライブができるのは名誉なことなんでしょうし、夢でもあるんでしょうし、ジャニーズは、花道を走り回るのが定番なんだと思うんですけど、個人的には、ロック系のライブのようなステージの方が好きなので・・・。
オープニングの、緞帳が下がったまま浪花いろは節が始まって、シルエットが映っている感じからのダンスもすごく好き。
マルちゃんは、今と比べると細いし、まだ顔つきも幼い感じですね。
自己紹介のダンスで、ベースを弾く振りをするマルちゃんがとっても可愛い。
ミュージカルメドレーでは、メンバーの紹介を始めるヒナちゃんがすごく優しげで、ここのくだりは、∞が歩いてきた道を、ほんの少しではあるんでしょうけど、垣間見れる感じがするし、メンバーの絆みたいなのも感じられて、すごく好きです。
「Do you agree?」は、衣装もパフォーマンスも好き。
「Dreamin'Blood」のマルちゃんのソロの後ろで、内くんが何か言ってるんですけど、その雰囲気がなんか良い感じだし、ヤスくんのラップ部分やマルちゃんのラスト部分のフェイクががすごくかっこよかったりして、この曲は、やっぱりすごく好きです。
クリスマスメドレーは、ヤスくん、マルちゃん、たっちょんの楽器隊がとってもかっこ良くて、続くマルちゃんのソロもステキです。あと、ヒナちゃんと内くんが手を繋いで登場するんですけど、これが可愛くて、私の小さなツボは、その二人の後ろで、二人を見ながら演奏をしているマルちゃんだったりします。
MCでもそうなんですけど、内くんは、メンバーの中で末っ子みたいな感じで(実際もそうですけど)、可愛がられてるんだなあっていうのが伝わってくるようです。
「All Of Me For You」のダンスは、やっぱり「Spirits!!」の方が好きかもなんですけど、「Eden」は、マルちゃんのベースプレイがすごくかっこよくて、「Heat up」より、こっちの方が好きです。
「Fighter」のパフォーマンスも好きです。やっぱり、私はこういうバンドスタイルが好きなんでしょう。
ヤスくんは、ギターを弾いている時は、私の中では、「しょーちゃん」なんです。どうしてか分からないけど、「ヤスくん」より、「しょーちゃん」の方がぴったりくる感じです。
ボーナストラックも、「ONE」は、もちろんかっこ良いんですけど、バックステージで、楽器のリハをやってるのが一番良かった。
それと、エレベーターの中で、ヤスくんを待つマルちゃんが、「早く。」という感じで手をぐるぐる回しているのは、かっこいいなって思いました。
漫才は、最初の、マイクが高すぎる・・・くだりが、一番面白かったかな・・・。(私は関西人なので、笑いには厳しいのです(^^;)。)
2007-08-08 19:37 | カテゴリ:DVD
「Dreamin'Blood」の出だしのマルちゃんとヤスくんが可愛いですね。
「大阪レイニーブルース」は、そろって踊るダンスがやっぱり好き。
MCで、マルちゃんがテンションを上げる為に「パーン」した後の表情とか、すごい好きです。
「明日」は、とっても好きな曲。最初は楽器隊で演奏しながら歌っていて、途中からダンスに切り替わるのがすごい好き。で、引き続き、早着替えをしての「All  of Me For You」、これは、マルちゃん的に衣装も似合っているし、腕を伸ばすシルエットとか、指差しとか、ダンスもすごく好きな動きをしていて、マルちゃんに惹きつけられる曲です。
PGFからベストフレンドまでのコーナーは、∞レンジャーの前身みたいなものなのでしょうか。
マルちゃんのおばちゃんとすばるくんのおっちゃんも可愛くて。
「好きやねん、大阪」は、セリフ部分でぼけるマルちゃんも、その後突っ込まれて見せる表情も好きです。突っ込まれてるのに、ほんわかする感じ。
その後のMCで、プリンを無断で食べたマルちゃんの話になって、困るマルちゃんの表情がまた可愛いんです。マルちゃんとすばるくんの息の合ったコンビ芸(?)も面白いし。
それぞれのソロあるいはコンビメドレーでは、もちろん、マルちゃんの「Go Now To The World」も元気いっぱいで良かったですけど、ヒナちゃんの千年メドレーが良かったです。ヒナちゃんもかっこ良かったし、バックで(というか一緒に)踊るマルちゃんがとてもかっこよかった。着物も似合います。
すばるバンドは、インストから「ONE」に繋がっていく演奏で、マルちゃんのベースを弾く姿がすごくかっこよくて、ずっと見ていたい感じ。
つづく「Heavenly Psycho」も、亮ちゃんのギターを弾きながら歌う姿、ヨコ・ヒナのダンス、演奏全部をひっくるめてかっこよくて好きです。
三兄弟の「プリン」では、花道でヒナちゃんに謝っているマルちゃんがめちゃ可愛い。
マルちゃんは、とにかく表情がくるくる変わるというか、真剣な顔から破顔一笑したりするのが、魅力の一つだなあって思います。「大阪ロマネスク」が終わって、メンバーが一列に並んだ時には、すごい男前顔だったりします。
2007-08-08 19:35 | カテゴリ:DVD
とりあえず、私なりのツボの羅列です。
「すきやねん、大阪」のマルちゃんの笑顔が好きです。歌の途中で、ヒナちゃんがマルちゃんのマイクにいたずらをするんですけど、それに一々リアクションを取っているのも可愛い。あと、たっちょんの挨拶が可愛くて好きです。
そこからうって変わって、オープニングメドレーでは、ベースを演奏しながら歌い動き回るマルちゃんがかっこいい。
「ミセテクレ」は、ダンスも含めて、∞の真髄を見せてくれるような感じです。
「Heat is on」は、歌いながら花道を先頭を切って歩くマルちゃんの姿がかっこいいです。全員で合わせて踊るダンスも好き。
「Carnival」は、もうマルちゃんの歌声にも笑顔にもやられる感じです。たっちょんと顔を見合わせながら歌う場面も好き。
すばるくんの「群青涙」は歌に圧倒されるし、果テナキ空はヤスくんと亮ちゃんの間に流れている空気感が好きです。ラストで、たぶんヤスくんが亮ちゃんに握手をしようとしていたのに気づかれなくてロボットダンスに切り替えた感じなのも好き。
ヒナちゃんのソロは、笑いを交えながら、ダンスは、ちゃんと魅せてくれてステキです。
∞レンジャーは本当に面白いです。テーマソングの振りで、ヤスくんがお腹を叩いて笑っているのがとても可愛いいし、ヨコちょのアドリブ的な笑いとか、すばるくんの可愛い動きとか、亮ちゃんの感情のこもったお芝居とか、ヒナちゃんとマルちゃんの優しい仕草とか、たっちょんの男前っぷりとか、ツボは数え切れないです。
中盤では、「Cool magic city」のマルちゃんとヤスくんの絡みとかマルちゃんが大きく手を振る仕草とかが可愛くて好き。
「オニギシ」は、すばるくんの歌もいいけど、それに合わせて歌うヤスくんの歌とギタープレイも好き。あと、マルちゃんとヒナちゃんが並んでパーカッションをしている雰囲気もすごく良いです。
「F・T・O」のマルちゃんのソロ部分の声が好き。かっこいいです。
その後、「悲しい恋」から「大阪レイニーブルース」「EDEN」と続く場面では、また一転して、マルちゃんを包む空気が変わって、ダンスもすごく色っぽかったり、表情に哀愁が漂っていたりします。マルちゃんが「悲しい恋」の最後で片手を高く上げるキメのポーズも、「大阪レイニーブルース」で踊るシルエットも、すごく好き。あと、「EDEN」は、すばるくんの声に亮ちゃんが音を合わせて歌う部分も好きです。
「無限大」では、マルちゃんの表情がまたすごく優しくなるんですね。これがまた良い。たっちょんと振りを合わせたり肩を組む姿も好き。
すばるバンドは、本当にかっこいい。いつかじっくり単独ライブが見れるといいのになあって、常々思っているくらいです。
2007-08-08 19:33 | カテゴリ:DVD
マルちゃんを気になり始めたきっかけのドラマなので、一番に語ります。
たまたま録画して見たこのドラマで、マルちゃんに対するイメージがガラッと変わってしまったといっても過言ではないです。
とにかく、声がいい。表情がいい。バラエティでは、なかなか見えないものがそこにありました。(音楽番組も、あまりまともに見ていなかったので。)
一番好きなシーンは、草太が大学生になってからの回想シーンで、奏ちゃんに留学の話をされる場面。草太が階段に座り込んでタバコに火をつけるところは、挫折感とか苛立ちとかが表情に出ていて、すごくいいし、奏ちゃんに「行きたいのか?」って聞く声も、すごく感情がこもっているなあって思って。
それから、高校時代の回想シーンで、奏ちゃんが練習しているのを草太が見つめている場面。ここは、もう草太の表情がすごく優しくて好きです。
あと、ラストで、昇平と草太が自転車に乗って言葉を交わす場面。ここも二人の表情や言葉がとても優しくて良かった。
特典映像の方は、いつものマルちゃんとヤスくんという感じですけど、完成披露記者会見の方のマルちゃんがすごく良いです。前髪を下ろしたビジュアルも良いんですけど、すごく真摯な態度で答えていて。でも、こういう場では、ヤスくんの方が余裕があって、堂々としているんですね。∞の中にいると、年上'sにいじられることが多いけど、やっぱり本当はしっかりしているんだろうなって思いました。一方のマルちゃんは、手が震えていることや台本がぼろぼろになっていたことを暴露されて焦っているのが、すごい可愛くて。本当に、マルちゃんって色んな顔を持っているんだなあって思わせてくれます。
2007-08-08 19:09 | カテゴリ:テレビ番組
マルちゃんの浴衣姿がステキです。。他の∞くん達は、男っぽくて、いなせな感じなのに、マルちゃんは前髪を横に流して耳にかけた髪型のせいか、妙に色っぽい。
すばるくんが、江戸時代にいそうな男の子みたいで、すごい可愛いです。
ロケはマルちゃんたっちょん
このコンビ、好きです。二人の間の空気感が好き。
マルちゃんは、ヒナちゃんとの時は安心して進行を任せてる感じだし、ヤスくんとの時はリラックスした感じがするんだけど、たっちょんとの時は自分が仕切らないとって思うからなのかな。一生懸命でいっぱいいっぱいのマルちゃんと、年下を感じさせないマイペースなたっちょんが、とっても良い感じ。でも、お饅頭を作っていたり温泉に入っている時は、マルちゃんの方が、やっぱり、お兄ちゃんっぽくて、それが微笑ましかったり。たっちょんの「マルちゃん」っていう呼び方も、なんか好きです(^^)。
2007-08-08 19:03 | カテゴリ:テレビ番組
ローカル色満載です。吉本の芸人さんの話とか、全国的にはどれくらい通じるのかなあと。
でも、石田靖さんとは本当に仲がいいのが分かります。「靖さん」って呼び方とか、すごく親しみがある感じ。
ヒナちゃんの「姉さん」って言い方が自然すぎです(笑)。
たっちょんは突っ込まれると嬉しいんですね。さすが、大阪人。でも、たっちょんは、狙ってないところで面白いと思うんだけど。
「(好きな子に)振られたことがない」亮ちゃん、「包んであげます」すばるくん、めっちゃ男前です。
「向かい合わせ?」って言った後、顔が真っ赤になるマルちゃんが可愛い。
「もういいです。」と言われて自己アピールが出来ないマルちゃん、きっと色々考えてたと思うんだけど・・・やっぱりそういう役回り?なのは、ちょっと切ないな。ま、マルちゃんのコロコロ変わる表情を見てるだけでも楽しいんだけどね(笑)。
2007-08-07 19:19 | カテゴリ:ライブ
昨日のいくつかのワイドショーで4日の東京ドームの様子が流れていて、またライブの記憶がよみがえりました(^^)。
亮ちゃんの挨拶の後ろでマルちゃんすばるくんがジャンケンしてたんだ~とか、生では見えなかったところもあって、ますますDVDが楽しみです。

それで、少しだけレポに書き忘れたことを思い出したので、それは「つづき」から。ネタばれアリです。
2007-08-06 10:17 | カテゴリ:関ジャニ∞
8/5の公演では、ダブルアンコールから、内くんがステージに上げられて、8人で「最強で最高の関ジャニ∞」をやったみたいですね。
行きたかったなあ・・・。無理をしてでも、行けばよかった。
その場にいたかった。

昔から、人と人との「絆」みたいなのに弱いんです。仲間とか家族とかの「絆」の物語に、すごく弱くて、自然と泣けてくる。自分があまり人に心を開くことができない(∞で言うと、たぶん、すばるくんに近い)タイプなので余計なのかな。だから、コミックの「ほんまに関ジャニ∞!!」も、すごく感動したんですけど。

正直な話、オンタイムでの8人の∞で覚えているのは、フジテレビのめちゃイケ「数取団」に出演していた時くらいしかないんですけど、過去の映像とか∞が歩んできた歴史を知っていくうちに、それぞれの結びつきの強さみたいなのを感じるようになったんです。
亮ちゃん内くんはもちろんのことなんでしょうけど、ヤスくんマルちゃんも、∞の前からVwestとして、内くんとずっと一緒にやっていたみたいだし。
他にも、それぞれに色んな結びつきがあって、そういう長い歴史に積み上げられてきた信頼関係は、なかなか崩れないんだろうなと思うし、そういう「絆」で繋がった∞が好きです。

そういえば、東京ドーム公演、DVD化決定のようです。
楽しみ(^^)。
2007-08-05 16:09 | カテゴリ:ライブ
行って来ました。東京ドーム。
楽しかった~。
マルちゃんが、めちゃくちゃかっこ良かったし、ヤスくんは、めちゃくちゃ可愛かったし、ヒナちゃんも、すごく輝いていたし、ヨコちょは、すごい綺麗だったし、たっちょんすばるくん亮ちゃんも、めっちゃステキでした。
まだ、思い出すと、ちょっとドキドキするくらい、舞い上がってるかも。

そんなわけで、簡単な?ライブレポは、「つづき」から。
ネタばれありなので、大丈夫な方だけどうぞ。
基本、マルちゃん中心です。特に、後半は、ほとんどマルちゃんにロックオンだったので(笑)。
2007-08-03 21:20 | カテゴリ:丸山隆平
「oricon style」のマルちゃんが、めちゃ色っぽいというか、きれいなんですけども。
それにしても、マルちゃん、「エロ目線集」って・・・。「いやらしい顔つき」って言われても、全然、凹んでないやん。むしろ、喜んでるやん。心配して損したわ(笑)。

さて、明日はいよいよ東京ドームです。
祭りです。ドキドキです。

横浜アリーナのライブは、初めてのジャニーズのコンサートで、勝手が分からず、というか雰囲気に飲み込まれたのと、みんながあちこち走り回るしモニターもあるし、どこを見ていいのか視線が泳いで、よく覚えていないんですよね・・・。スタンドだったし、近くに見える人を目で追いかけるので一生懸命だったりして。

でも、マルちゃんのことで、すごく印象に残っていることがあって。
マルちゃんが最後の挨拶をしている時、客席の男の人から、「マル~。」と掛け声があったんですね。マルちゃんは、一瞬、びっくりしたような間があってから、「ありがとうございます。」と言って、改めて、「本当に嬉しいです。」って。その声が素直で優しくて、すごく良かったの。で、続けて真面目に挨拶した最後に、「全国でふざけてきま~す。」って。その元気で明るい声が、また可愛いかった。

東京ドームでも、思い切りふざけていて、思い切りかっこいいマルちゃんが見れるといいな。
2007-08-02 23:49 | カテゴリ:Jweb∞レンジャー
J-web連載∞レンジャー、今週は、ヨコちょに泣かされました。東京ドームの話あたりから・・・。

∞レンジャーは、本当に、一人一人の個性がはっきり出ていて面白いですね。
素直な人、優しい人、何事にも真摯な人、可愛い人、クールな人、自分をしっかり持っている人。

マルちゃんの今回の「追伸」も良かったです。確かに、心身ともに、揺るぎない芯を保つのは難しい。
マルちゃん、何かに揺れてるのかなあ?
2007-08-01 18:02 | カテゴリ:テレビ番組
関東では、BSフジで「ジャニ勉」の石田靖さんと山田花子さんの前編と「むちゃ∞ブリ!」ELT編がありました。

マルチャン的には、ロケ当番でないと、ちょっと物足りない部分もあるんですけど、「むちゃ∞ブリ!」で、ELTの持田さんに見破られたのは面白かった。というか、自分で言うな(笑)>マルちゃん。そういうとこ、好きだけどね。・・・でも、後で落ち込んでないといいけど。マルちゃん、すぐ落ち込むらしいから。

「ジャニ勉」では、ヨコヒナすばるくんは、石田靖さんとは昔、ラジオ番組を一緒にやっていたらしく、ヒナちゃんすばるくんも、いつもよりリラックスしているような感じがしました。後ろでマルちゃんが、立ち上がって挨拶していたのも印象的でしたよ。

それにしても、ヤスくんのビジュアルが良すぎです。金髪も、ストールとポンチョ?のような上着も、すごい似合ってて。
「むちゃ∞ブリ!」のロケで塩水に浮かんだ後は、妙に男っぽかったり。

そういえば、たっちょんのドラマ出演が発表されましたね。
松岡くんの次は、長瀬くんと共演ですよ。TBSの金曜日10時だと、期待値も高くなりますね。
必殺仕事人のたっちょんは、すごく良かったから、楽しみです。
マルちゃんも、連続ドラマのお仕事とか来るといいな。
基本的には、ミュージシャンとしてのマルちゃんが好きなんですけど、きっかけは「自転車少年記」だし、役者としてのマルちゃんにも、すごく興味を惹かれます。